■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「泣きました」、みんなありがとう。
同窓会の当日私は家内と一緒に会場に向かいました。外出は私一人ではどうしても無理なんです。それに今回のように食事もということになると慣れている家内の協力が必要になります。当初家内は一緒に行くのを嫌がりましてね。そりゃそうでしょう、私の同窓会ですから当然家内は誰も知らないわけです。そんな中に女性が一人加わるというのはやはり気乗りしないですよねえ。私は家内に悪いとは思いましたが「最初で最後だから」とまさに拝み倒しまして付き添ってもらうことにしました(ペコペコペコ)。
会場に到着するといきなりみんなが出迎えてくれましてね。まずはナントK先生でした。先生は60歳を少し過ぎた辺りでしたが昔と変わらない柔らかい声で話しかけてくれましてね。握手した手はとても温かかったです。その時私はすでに危なかったんです。鼻の奥がツーンとして来てちとあわてましたがグッと耐えました(フゥー)。それからみんなと一人ずつ握手して挨拶しました。みんなも昔と変わらないそれぞれの雰囲気を持った話し方ですぐに誰か分かりました。部屋に入ると驚いたことに私と家内には椅子の席が準備してありましてね。みんなはその横で畳の席でした。私が畳の席に座るというのはちょっとつらいと話していたので会場に頼んで用意してもらったらしいんです。「そこまでやってくれたのか」と私の我がままをそのまま受け入れてくれたYたちの気遣いが本当に嬉しかったです。
みんなは一人ずつ近況報告をしました。「それぞれ頑張っているよねえ」と私は昔のみんなの姿を思い出しながらやたらと感心していました。そして最後にいよいよ私の順番となりました。私は緊張しなながらも病気についてゆっくりと話し始めました。途中目が見えなくなってしまった辺りの状況を話していたら突然グッとこみ上げるものがありましてね。私は…、ついに泣いてしまいました。それ以上は言葉にならずYに頼んで話を終えさせてもらいました(トホホ)。まさかここで泣くとは思ってもいなかったわけで私自身驚きました。目が見えなくなってしまった悔しい思いがやはり出て来たんでしょう。それは無理やりに納得し忘れようと努力していたことなんです。どうしても感情が昂ぶると突然グッと来ますよねえ。気持ちのコントロールが難しいという症状もこの病気にはあるそうですからまったく困ったものです。私はもう慣れてしまってそんなことはないと考えていたんですが、ちと甘かったようです。
私の近況報告は残念ながらこんな状況で終わってしまいました。でもみんなはその後すぐ私のテーブルに次々とやって来てくれました。色んな懐かしい話をいっぱいしましたが、その中にみんなの私に対する温かい心遣いというものをたっぷり感じましてね。それはまさにヒシヒシと伝わって来まして嬉しかったですねえ。私は泣くのを止めて(ニコ)とにかく明るくやりました。それが何よりもみんなに対してのお礼と思ったんです。みんなに本当に感謝です。

スポンサーサイト


未分類 | 11:57:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。