■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
雨のち曇り時々晴れ、「毎日がスペシャル」
     [雨のち曇り、時々晴れ]

     「毎日がスペシャル」

 患者はみんな失ってしまったことにとにかくこだわります。今まで無意識の内に自由に動いていた手や足が突然動かなくなってしまうのです。これは健常者からはとても想像出来ないことでしょう。私も健康だった頃には思ってもいなかったことであって、まず驚き「これはウソだ、夢なんだ」とまったく信じられなかったのです。しかし朝目覚める毎にやはり動かない手足を見せられると、これは現実に私の身体に起きたことなんだともう認めざるを得なくなるのです。動かなくなった手足はとにかく重いのです。健康な時には動くことが当然であって、特に手足の重さなど意識して考えたこともないですよね。力が入らなくなりダラリとしてしまった手足は冷たく重いのです。これを実感すると同時に健康の重さ・大切さを思い知らされるのです。しかしこんな風にまるで修行僧の悟りの心境みたいに素直に考えられるようになるには、リハビリが始まり精神的にも落ち着き自分自身を客観的に見られるようにならないとちょっと無理かも知れないので、やはり時間がかかるようです。今の現実が理解出来るようになると失ったことへのこだわりは自然と消えて、自分に残っていることを考えられるようになります。例えば動かなくなってしまった手足のことはもうここらで忘れて、「自分にはまだもう片方の手足がある、それを大切にしよう」と気持ちが「前向き」になるのです。私もやっとそのことに気付きました。失ってしまったことをいつまでもクヨクヨ考えていては自分が段々と小さくなって行くようでとても嫌だったのです。これからのことを考えると確かに不安でつらくなり切りがありませんよね。しかしそんなことで悩むよりは残っている機能をフルに使って今を楽しんだ方がいいんじゃないかとまさに「前向き」に考えるようになったのです。簡単なことのようですがこれはやはり「悟りの世界」ですよね。とにかく本人がいちばんつらいのです。この心境に至るまでには時間が必用です。家族も焦らずじっくり付き合いましょう。
 リハビリ室では患者さんはみんな一生懸命です。それに付き添って来ている家族の思いもきっと本人と同じでしょう。しかし中には「ちょっと…」と思う家族が居ます。ある人は他の患者さんのことについてとにかくしゃべりまくるのです。あの患者さんの名前は誰で・仕事は何をしていて・どんな状態で・家族子供は何人いるとか、それはそれは詳しく周りの人に説明しているのです。そんなことどうして知ってるの?。単純に考えるとすごい情報収集力でして、もう見事と言うしかありません。しかししかし、ここは井戸端会議じゃないんだよ!。その患者さんのことを心配して話しているようにはとても思えないのです。それはまるでテレビのワイドショーみたいにただの噂話のような内容でしかないのです。聞いている本人はどう思うでしょうか?。「そんな話はもう止めてくれ!」と思っているはずです。患者はみんな敏感です。自分のことを噂されるだけでも嫌なのに、ましてや家族・子供のことまで話題になっているともう泣きたくなります。そんな人にここで一言。あなたの言葉で本人がどれだけ傷ついているか、分からないでしょうねえ。分かっていたらそんなことしゃべらないよね。あなたが付き添っている人も同じ患者ですよ。他の患者さんのことについてなんやかんやとしゃべる暇があったら自分の身内のことをもっと心配してあげて下さい。どうしてもしゃべりたければ患者さんが聞こえない外へでてお願いします。ただでさえ落ち込みがちなのにそれ以上暗くさせないで下さい。患者を代表してのお願いでした。
 リハをやり始めやがてある程度状態が安定すると退院となります。この「退院」という響きはいいですよねえ。患者さんはこれを目指して毎日リハに頑張って来たわけですから喜ぶ気持ちもよく分かりますよね。しかし退院したからといってリハが終わったわけではありません。幸い後遺症が少なくて済んだ人は社会復帰して働けるでしょうが、残念ながら働けずにいる人も居るわけです。働ける人はそれが自然とリハになりますが、働けず家で生活する人は自ら積極的にリハをやらなければ身体のあちこちが固まってしまい最後には痛みが出て来て悩ませます。私は退院時Y先生にお願いして自宅で出来るリハメニューを作ってもらいました。いつも病院へリハに通えればいいのですが、なかなかそういうわけにも行かないので先生に依頼したのです。教えてもらった手足を動かす運動とさらに自分なりに考えた運動を組み合わせて、退院してから毎日欠かすことなくやり続けています。私はこれを「仕事」と思って日課にしているのです。お陰様で痛みはそんなには無いし体調もまあまあといったところですね。この自宅でのリハ(自主トレ)をやる場合も人それぞれですから決して無理をせず自分なりの運動でいいと思います。びゃんびゃん歩ける人は自宅周りをゆっくりとやればいいし、そうでない人は出来るだけ室内を歩き回るようにし、動きの悪くなった手足については間接などをゆっくりと伸ばしたりして固まらないようにするといいでしょう。病気直後からの入院中のリハは、ある程度の段階までの機能回復を目指してやるものですが、退院してからのリハはこれ以上悪化しないように現状維持を最低限の目的にしていると思います。だから自主トレをサボったらその代償として痛みが出て来ると思って下さい。私たちは幸いにして命だけは助かったわけですからまずそのことに感謝するべきです。そしてリハを毎日少しずつでも続けるということは私たち救われた者にとって神様への恩返しのつもりでと理解してみてはどうでしょう。私たちは一日一日が「特別」なのです。この世にまだ縁があって生かされているわけですから一日一日を大切にして、毎日何もないというのはつまらない・退屈だということではなく、「体調は異状なし、お陰様で今日も元気です」と理解して「特別な日なんだ」と思って下さい。毎日生かされていることに感謝、毎日が特別・スペシャルなのです。(「毎日がスペシャル」は歌手の竹内まりあさんの同名タイトル曲からいただいてしまいました。まりあさん、ごめんなさい。ペコリ)

 
スポンサーサイト


未分類 | 13:57:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad