■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
雨のち曇り時々晴れ、「時間が薬」
この病気をやってからそれは色んなことについて考えました。まずこの病気について、それから家内や子供達、仕事、生活などについて飽きるほど考えました。とにかく考える時間だけはたっぷりありましたのでじっくりやりました(ニコ)。それは自問自答の世界でしてハッキリした答えなどは見つかりませんでした。あれもこれも出来なくなってしまった、これから先も一生出来ないんだと夢も希望もないと絶望視していたようです。そんな私を見守る家族も大変だったと思います。どんな風に声をかけたらとその対応については私と同様に家族も苦悩したはずです。そこで今回から患者の複雑な思いとそれを支える家族の対応方法についてなどなど、私なりにまとめてみたいと思いますのでよろしくお付き合い下さい。尚、文中には地元の熊本弁がビシバシ出て来ます。その方が本人の正直な気持ちがハッキリと出て来るように思いましてね。分からない言葉は雰囲気で読んで下さいませませ。


     [雨のち曇り、時々晴れ]

 突然の病気やケガで大事な自分の身体に障害が残ってしまった時、それはみんな落ち込みますよね。障害は手や足など人それぞれ少しずつ違いますがつらい思いはみんな一緒です。病気やケガの直後はすべての現実が信じられずにただひたすら怒り泣き苦しむ日々なのです。しかし人はそんな谷底からやがて這い上がって来るようです。その時間はまたそれぞれでして、ある人は超特急で、ある人は三歩進んで二歩さがるといった具合でゆっくりゆっくりです。これはその人の性格というものもあるようなので仕方ないことなのかも知れません。要するに他人と違って当然なのです。人間は個性というものがあります。だからこれも個性だと思って下さい。他人と比べることは止めましょう。それが出来たら不思議に力がスーッと抜けて気楽になり意外とすべてがうまく回転して行くように思います。焦ることはまったくありません。谷底から這い上がる、立ち直りにかかる時間はそれぞれですが、その過程というものは大筋でみんな一緒のようです。みんな同じような階段を少しずつ上がって普通の人に戻るのです。


     「時間が薬」
「何で俺がこやん病気にならんとあかんとや。何か悪かごつば俺がしたて言うとや!」。病気直後私もそうでした。こんな姿にしたのは誰なのか、自分は決して悪くないと目の前の現実を分かろうとせずすべてのことを拒絶しようとします。これは認めることが怖いのだと思います。今までの自由に手足が動くといった生活から、ある日突然に自分ではどうしようもない不自由な生活に入り込んでしまうのですから当然ですよね。これからどうなるのか、身体は?・仕事は?・家族は?・生活は?といったように次から次に出て来る問題に対して苦悩し時には泣いたりします。こんな時周りはどう言ってなぐさめてやればいいのかとこちらもまた悩むことでしょう。本人はとにかく怖いのです。そんな精神状態の中では前述したようないろんな悩みについて言いたいし聞いてほしいのです。この悩みには結論は要らないと思います。本人もそれまでは望んではいないのです。ただ聞いてあげるだけで十分なのです。「うんそうよねえ、つらいよねえ」と答える程度で絶対に否定せずすべて肯定し受け入れてあげて下さい。つらい気持ちを誰かに分かってほしい、聞いてほしいという思いでいっぱいなのです。それを言い終えたらある程度落ち着くようです。それからはまさに「時間が薬」ですよね。少しでも落ち着いたら人は必ず次のことを考えるものです。決して焦らずゆっくりね。
スポンサーサイト


未分類 | 15:09:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad