■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「訪問リハビリ、10年となりました、その1」
     「訪問リハビリ、10年となりました、その1」
今私が特に体調をくずすこともなくこうして普通に生活出来ているのは、我が家にわざわざ来ていただきやってもらっている「訪問リハビリ」のおかげなんです。その訪問リハビリを始めてから今年で丸10年となりました。10年かあ、アッという間でしたよねえ。よって今回はその訪問リハをやっていただいている八代市医師会病院のスタッフの皆さんに感謝の思いを込めてここであらためて紹介しておきたいと思います。

まず看護師のTさんです。Tさんは10年前訪問リハを始めた時からずっと担当してくれている人です。年齢は内緒ということで…。私よりは確実にかなり若いです(ニコ)。Tさんのことを一言で言うと「明るくてとてもおしゃべり」な人です。そのおしゃべりはそんじょそこらのおしゃべりとは大違いでして「筋金入り!」なんです。いやいや「正真正銘の」いやいや「右に出る者はいない」いやいや「八代市で二番目の(なんじゃそれは!)」という人です(ごめんなさい、ペコリ)。でも一般的におしゃべり好きな人は自分から一方的にしゃべるだけでこちらの話はほとんど聞いていないようです。でもTさんはその後やっと(ニコ)話す機会を得た私の話をしっかり聞いてくれまして、それなりの答えを必ず出してくれるんです。その辺りがただのおしゃべり好きな人とはかなり違うところです。それと話の守備範囲がとても広いんですよねえ。こちらからいろんな話題を振ってもそれは見事に返してくれます。スルーするなんてまったくありません。もし不得意な話題であっても「よくは知らないんですが…」と前置きしてからそれなりに一生懸命応えてくれます。得意な話題は大河ドラマです。歴史物が大好きだそうで、私の知らない人物関係について質問するときっちり答えてくれまして私としてはかなり勉強になります。
肝心のリハもそんなおしゃべりをしながらやるわけですが、当初はTさんのおしゃべりを聞きながら私はただ黙々とリハをやるといった格好でした。しばらくして私にちょっとした余裕が出て来ると私もまけじとおしゃべりして応戦しました。最近ではほとんどそんな格好です。このおしゃべり・いや会話は私にとってはSTの訓練の一つとして受けとめています。おかげさまで当初話す時によく咳き込んでいた私でしたが最近ではかなり改善されて来たようです。Tさんとのおしゃべりは決して無駄ではなかったようですね(ニコ)。私がTさんに付けた愛称は「一家に一人 Tさん!」、それと「医師会のレジェンド Tさん!」です。大変失礼しました(ペコリ)。

その2へ続く…。

スポンサーサイト


未分類 | 17:27:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad