■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「鳥取地震、心からお見舞い申し上げます」
     「鳥取地震、心からお見舞い申し上げます」
鳥取県倉吉市で震度6弱の地震が発生しました。そのニュースを聴いて半年前の熊本地震を思い出してしまいました。私の住む八代市辺りもその時は同じく震度6弱でした。益城町や熊本市は震度7でして、家屋やビルは倒壊してかなり大きい被害が出てしまいました。幸いなことに八代市を含めた県南部はそんなに大きな被害もなく助かりました。しかし震度6弱とはいえ今まで経験したことのないまさに強烈な地震でして、その恐怖は決して忘れられません。

鳥取県ではその後余震が度々発生しているようです。被災し避難所での生活を余儀なくされていらっしゃる方々には心からお見舞い申し上げます。中には家屋の倒壊が気になって車の仲で仕方なく寝泊りしている方もいらっしゃると思います。余震がある度に家がいつ倒壊するかと心配して家の中では安心して過ごせないんです。よって車の中で寝泊りしたい気持ち!、よーくわかります。コワガリータ!の家内もそうだったんで、私たちも二晩車の中で寝ました。といっても熟睡はなかなか出来ず、ウトウトしていたら朝といった感じでした。とにかく「疲れた!」ということだけが強く記憶に残っています。
車の中で仕方なく生活・寝泊りしていらっしゃる方々に一言注意!、くれぐれも「エコノミークラス症候群」には注意してください。「そんなこと心配しなくていい!」と当初熊本の人たちも軽ーく考えていたようです。しかし実際に救急車で運ばれる人が続発するとエコノミークラス症候群について真剣に考え始めたようです。地元のテレビやラジオでは「エコノミークラス症候群・予防体操」を繰り返し放送していました。手足を動かす簡単な体操ですからみんな素直に真剣にやっていたようです。

今回の鳥取地震は我が家の地震発生時の対応についてあらためて再確認するきっかけになりました。家内は非常持ち出し用具などを点検したそうです。それと昨年リフォームした時に新たに作っておいた車椅子用の「スロープ」は熊本地震の時にも私の避難動作をとてもスムーズにしてくれまして、それはそれは助かりました。あの時作っておいて本当に良かったと思います。次回非常時にもきっとまた助けてくれることでしょう。

スポンサーサイト


未分類 | 17:22:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad