■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
増築しました、大工さん ありがとう。
突然の入院から約一年後、我が家では家の増築工事が始まりました。これは私が退院してから使うための部屋です。退院という嬉しい知らせは残念ながらまだ聞くことはなかったんですが、まあそんなに遠い話ではないだろうと見切り発車だったんです。増築部分は当然バリアフリーになっていまして、部屋を出るとすぐ洗面所とトイレがあるという何とも便利なものになっていました。部屋と洗面所のほとんどに手すりがついています。手すりの高さは病院の廊下に設置してあるものと同じ高さにしてもらいました。入院中私がこの手すりで歩行の自主トレ(ニコ)をやっていたのでこれに合わせたわけです。トイレは左手で動作出来るように手すりが配置してあります。これは病院に設置してあるものを実際に大工さんに見に行ってもらい工事してもらいました。この増築工事のすべては家内の指示で大工さんが動いてくれたんです。いやいや実に使い易いものに仕上がっていました。家内も大変だったでしょうが、その指示を忠実にやってくれた大工さんの仕事は立派でした。家内と大工さんには本当に感謝です(パチパチパチ)。
私はその頃週末になると我が家に帰っていました。それは退院するに当たって家に慣れるといった意味があったと思います。毎週帰るごとに少しずつ出来上がっている部屋の話を家内から聞くとそれを想像したりしてとても嬉しくなったものです。反面ここで実際に生活するのかと考えるとやはり不安感みたいなものが出て来ましてちと複雑な思いでした。とにかく病院内ではすべて看護師さんに見守ってもらっていたわけで、車椅子での移動も誰かにお世話になっていました。それで安全だったんです。しかし我が家ではそうは行きませんよね。一つ一つの動作を確実にやらないと危険なんです。その頃OTでは畳に座った状態から高さ20センチほどの台に乗るといった訓練をやっていました。これは実際に家で生活する中で役立つというY先生のお話でしてね。Y先生を信頼しきっていた私は「そうかそうか」と素直に訓練に突入しました。私の左斜め後方の背中辺りに台を置いてもらいます。座った状態で左手を台について、ヒジを伸ばすと同時にグッと腰を上げ台に乗ります。それからズルズルと足そして腰を畳に降ろします。これで一回終了です。この訓練を20回ほど毎日やりましてね。実に単純な動作ですがこれがY先生の言う通り実生活ではかなり役立ちました。座ったままでちょっとした段差を昇降するといった機会は案外多いものです。あくまでも私の場合ですが退院してからこの動作をやる場面はかなり多いように思います。あの時訓練していて本当に良かったと思う今日この頃です(ニコ)。訓練は何が何処で役立つか分かりません。リハビリで取り組む手や足の一つ一つの訓練はゆっくりと基礎体力を取り戻します。そしてそれらが総合的な力となって実生活での色んな場面で自然と対応出来るようになるんです。リハビリを始めた頃はその訓練が自分の将来にどのようにいいのかなんて深く考えても理解出来ないですよねえ。理解出来なくてもいいんです。訓練はきっといいことにつながることを信じて、とにかくマジメに真剣にゆっくりしっかりやりましょう。
退院してからはまず部屋の位置関係を覚えるのに苦労しました。それまで何回も家内から説明してもらっていたんですけどねえ。聞くのと実際に自分の手で触って確認するのとではやはり違うんです。よってそれぞれの位置を頭にしっかりと叩き込んでそれを繰り返し確認することから始めました。ひげそりやティッシュなどいつも普通に使っている物がその位置にあるかどうか、今までそんな風に考えてみたこともなかったんです。見れば分かることですからね。見えないという現実には入院中何とか受け入れもう慣れていたはずでした。しかしそれは看護師さんたちに見守られていた中での不自由さを感じない世界だったんです。家に帰って実際の生活を始めてみて、見えていたら分かるのになあとまた初歩的な(ニコ)考え方をついしてしまいちと落ち込みましてね。視力のないことのつらさをあらためて実感しました。しかし愚痴ってばかりでは何一つ解決しないんです。私は「本当の試練が来た」と思い直しとにかく前進することにしました。
半年ほどは必死だったようです。自分との戦いでしたね。「どうして?」といった焦るような気持ちと「仕方ない」といったややあきらめの気持ちが交互に出て来てまさに自問自答でした。しかしそんな悩みはやはり時間が解決してくれました。すっかり位置関係を覚えてしまってからは余裕が出て来たのか気持ちが落ち着きました。外出から帰って私の部屋に入った途端、スーッと頭が楽になるんです。それまで真っ暗闇だった世界が突然明るくなったように感じましてね。それは私の頭の中に部屋の地図が広がるからなんです。それと同時にそれまで緊張していた全身の力が抜けて、何とも言えないゆったりした気分になるのが分かります。「帰って来た」と解放されてやっとのびのび出来るといった気持ちになるんですね。いやいやまったく不思議なものです。
スポンサーサイト


未分類 | 15:34:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad