■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「熊本地震・その2、防災対策を考えるきっかけとなりました」
     「熊本地震・その2、防災対策を考えるきっかけとなりました」
続きです。
今回の地震はやはり油断していました。「この辺りは地震はない!」、実際たまに地震があっても震度3か4くらいで済んでいたんです。それで今回の大地震、誰もが「まさか!」だったはずです。我が家は夏の台風に対しては、瓦が飛ばないようにガッチリと固定していました。しかし地震への対策はどこの家もほとんど出来ていなかったように思います。我が家は阪神大震災の後、コンポが入っているラックと箪笥は金具で固定した憶えがあります。それ以外はまったく対策は出来ていませんでした。それで今回の大地震の直後から家内の「防災」に対してのスイッチが入りました。ここ1カ月ほどかけて今後起きると予想される地震への対策をやり始めたんです。そう、日奈久断層というのがすぐ近くにありますからね…(怖い怖い!)。今回やった対策としては食器棚や箪笥類を金具で固定したり、窓ガラスにはフィルムを張って割れた時に飛び散らないようにしたようです。これはと・り・あ・え・ず です。震度7といった大地震が起きたら…、その時は「ごめんなさい!」です。それと非常持ち出し袋を作って避難時に備えたようです。
震度7を記録した益城町などの被害の大きさを聞く度に私の住む八代から水俣など県南部にかけての意外と被害の少なかった地区の人たちは「罪悪感」みたいなものをきっと感じているはずです。同じ熊本なのに、私たちはこんなに「普通・幸せ」でいいのだろうか?。そんな気持ちになってしまうというのが正直なところです。本当に普通に電気・水・ガスを使えるという幸せ、そして普通に家に住みそこで暮らせるという幸せ、これはもう普通ではなく特別にハッピーなものかも知れません。とにかく「普通に生活出来る幸せ」に感謝!です。

最後に、今回の地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。そして被災された方々には心からのお見舞いと、一日も早く以前の生活に戻られることをお祈りします。
まだ余震は毎日続いています。家内はその度に「キャッ!」と叫んでバネ仕掛けのように飛び起きます。やはり怖いですよねえ。先は見えませんが「負けないように!」、とにかく前進しましょう。

スポンサーサイト


未分類 | 14:40:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad