■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「肋骨骨折、やはりかなり痛いよーっ!、クスン」
     「肋骨骨折、やはりかなり痛いよーっ!、クスン」
とても過ごしやすい気候となりまして、世間はお花見やら新人歓迎会とやらであちこちでまさに宴会大盛況の時期となっております。そんな世間は楽しく浮かれた気分真最中の折、私はというと、ナント肋骨を骨折してしまいまして…もう気分は最悪な時を過ごしておりました(イテテテテテー、シク)。こんな季節のご挨拶も骨折その後の地震騒動で完全にタイミングをはずしてしまって、まったく間の抜けたものになってしまいました(すみません、ペコリ)。

さてさて、思い出したくもないんですが、それは3月9日午後6時頃、トイレに行って用を足した後車椅子に戻ってパンツ類を上げようとしていた時に突然咳き込んでしまったことから始まりました。それでヨロついた私はバランスを崩してしまいまして、車椅子の右側のひじかけをナント飛び越して右側後方の床にドスンと激しく倒れてしまいました(アイタタター)。そのガシャンというすごい音を台所で聞いた家内は急いでトイレに走って来てくれまして、洗面所の前の床に倒れている私を見つけてすぐ助け起こしてくれました。

その時は身体中が痛かったんですが「まあ打撲だろう」と思いましてその夜は何とか寝ました。そして翌日起きてみるとまだ身体のあちこちが痛くて痛くて…。とにかく病院に行って念のため検査してもらうことになりました。
病院に付くと脳外科を受診して頭部のCTそして胸部のレントゲン撮影。頭部CTは特に異状なしでしたが胸部レントゲン検査の結果は、ナント「肋骨が折れている」という診断てして、痛みが取れるのに1~2カ月はかかるだろうという話でした(シギャピーッ)。それを聞いたとたん痛みが増したように感じるから不思議なものですよねえ、まったく(ニコ)。
家に戻って話しをしたりせきをしたりすると痛いのなんのって…。くしゃみなんてとんでもないことです!。それとベッドに横になったり起き上がったりするとそれはそれは痛くて痛くて…。自力ではとても無理なので「電動ベッド」をケアマネージャーさんに頼んで手配してもらいました。業者さんはその日のうちに来てくれまして、電動ベッドとやらが私の部屋にセットされました。これでベッドに横になるのと起き上がり動作はとても楽になりましたとさ(ホッ)。それと今後またこんなトラブルがないようにとりあえず予防対策をしました。まずパンツ類を上げていた場所を変更しました。用を足した後に車椅子の位置に戻ったらまずそのまま車椅子に座る、そして手すりのある比較的安全な位置に移動した後にゆっくりパンツ類を上げることにしました。それから今回のようにもし転んでしまった時の対策として、無線での緊急通報装置の送信機を首にぶら下げておくことにしました。今までは便器のすぐ脇の壁に通報ボタンはあったんですが、転んでしまったら何の意味もなくなってしまいますからね。それと受信機は誰かがいつも居る茶の間に設置しました。

それから1カ月ほど経って骨折の痛みも少し和らいだと思っていた頃、突然今回の熊本地震が発生しまして…。その後の大騒動の様子は(いつになるかはわかりませんが…)次回です。


スポンサーサイト


未分類 | 17:29:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad