■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
OTの学生Tさん、よろしく頼むよ!。
今回はOT(作業療法)の学生さんについてお話ししたいと思います。私がワープロに夢中(ニコ)になっていた頃Tさんは実習にやって来ました。Y先生からある日紹介されまして、これから2ヶ月ほど私を担当してくれるそうでよろしくということでした。学生さんに担当してもらうのは久しぶりでした。約一年ほど前の入院直後にPTの実習に来ていた沖縄の学生さんであるTちゃんに担当してもらって以来の学生さんだったんです。あの頃の私はそれこそ右も左も分からずリハビリなんてとほとんどやる気もありませんでした。しかしリハビリを担当してくれたY先生やM先生そして学生さんであるTちゃんの熱心な指導のお陰で肉体的そして精神的にもかなり落ち着きまして、リハビリの重要性というものが段々理解出来るようになりました。それからの私は先生たちにうまく乗せられて(ニコ)しまいまして、リハビリを日課として受け止め自然体で臨めるようになっていたようです。私も成長したよねえ(ニコ)。よって今回Tさんが私を担当してくれるという話にもまったくためらうこともなく「ハイよろしく」と二つ返事だったわけです。遅くなりましたがTさんは女性です。ちょっとハスキーなカワユイ声でよく笑う明るい学生さんです(ニコ)。私に気を遣ってくれていたんでしょうねえ、とにかくよくしゃべってくれました。レポートがなかなかうまく進まない・冷え症で困っている・とても美味しいケーキ屋さんがこの近くにある・ボーイフレンドの話などなど、その話題は実に広範囲でしてね。浦島状態の私にはすべてが新鮮で面白い話ばかりでした。「患者さんと会話しいいコミニュケーションを作る」という評価項目がもしあったとしたら、Tさんはきっとかなりの高得点だったんではと思います(ニコ)。
その頃私はPTで杖を使っての歩行訓練をついに始めていました。それと同時期にOTでは畳から杖を使って立ち上がるという訓練もやっていたんです。この二つの訓練が始まると「そろそろ卒業だな」と患者さんたちは噂していたものです。畳から杖を使って立ち上がるという訓練はY先生と毎日やっていました。数種類訓練をする中で最後にやるのがこの立ち上がる訓練です。正直言って私はこの訓練は苦手でした。畳から杖を使って立ち上がるという動作は目の見えない者にとってかなりつらいものがあります。足そして手の位置を確実にやらないとまず腰が上がらず、杖を使う前にバランスを崩してしまうんです。当然私は何度も何度も挑戦し失敗しました。それは猛特訓でした。やっとそんな特訓のお陰でどうにか立ち上がることが出来るようになりましてね。しかししかし、ホッとする間もなく次の訓練が始まりました。畳の部分はフロアから50センチほど高い位置にありましてね。そこでまず立ち上がります。そして次はその立ち上がった状態から杖を使って数歩歩きナント!フロアに降りるといった訓練でした(ドキッ)。フロアまでは50センチほどありますので一気には無理です。よって中間に20センチほどの踏み台を置いてもらいましてやることになりました。二段降りるとフロアです。たった二段です。しかし畳の縁に立つと私には断崖絶壁にでも立っているように感じましてもうチビリそうでした。それはそれは怖いですよう(ブルブル)。畳の縁まではどうにか行けました。そこから足が出ないんです。Y先生は集中し緊張している私のことが十分分かっていたようで、右や左そしてまっすぐなどと時々最小限の指示を与える程度でほとんど無言でした。しかし私の右側に居て腰をちょっとだけ支えてくれているY先生の存在を私はしっかり感じて安心していたんです。いよいよ畳の縁に近づくと「後10センチ…、5センチ」と静かな指示。そこからなかなか足が出ない私に「ゆっくり…、ゆっくりいいですよ」と緊張をほぐすようにタイミング良く声をかけてくれましてね。これでホッと一息つきまして、私の右足はいよいよ絶壁に向かってソロソロと進んだのでした。階段降りも大変でした。まず左手の杖を下の踏み台につきます。そしてゆっくり右足を前に出します。この時左手の杖と左足でうまくバランスを取りながら左ひざを少しずつ曲げ右足をゆっくり下に降ろすわけです。このバランスを取るというのが目の見えない者にとってはかなり難しいワザでしてね。どうしたものかと考えていたら「左足の裏の感覚でバランスを取ることは出来る」というナイスなアドバイスをY先生からもらいました。人間は立ち上がる時バランスを取るのに視覚だけに頼っているのではなく、足の裏の感覚もフルに使っているんです。つま先やかかと、左側や右側など足の裏のセンサーはどんな方向に傾いてもちゃんと反応してバランスを取ってくれますよね。なるほどなるほど、人間は無意識の内にそんな高度なことをやっていたんだよねえ。Y先生の足の裏の感覚というアドバイスは、畳から立ち上がる訓練を何度も繰り返す中で何とか分かるようになっていました。そのお陰で階段降りにもと・り・あ・え・ず対応出来るようになっていたんです。さて話は階段降りに戻ります。ゆっくり降ろした右足が踏み台につくとしっかり踏ん張り、左足をサッと下に降ろすわけです。これで一段降りました。この動作をもう一度やってフロアです。そこで回れ右をして次は階段昇りです。昇る時はまず杖を上の踏み台につきます。そして右足をしっかり踏ん張り左足を踏み台に上げバランスをとりながらグッと昇ると同時に右足を引き上げるわけです。その動作をもう一度やって畳です。イヤイヤ疲れますよねえ(フーッ)。この訓練をナントTさんとやることになりました。「それはちょっと…」と私はハッキリ言って不安でした。しかしY先生は私の訓練内容をしっかり確認して大丈夫と判断したんでしょうから、私としてはとにかく信頼することにしたのです。
さて次回はいよいよTさんとの階段昇降です(ドキドキ)。


スポンサーサイト


未分類 | 15:09:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad