■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「歓迎会、喜んでもらえたようで安心しました」
     「歓迎会、喜んでもらえたようで安心しました」
先日歓迎会をやりました。誰の歓迎会かって?というと、実家に東京から戻って来た兄貴夫婦のです。戻って来たのが今年の正月明けだったので2ヶ月ほど経ってからの「やや遅めの歓迎会」ということになりました。戻って来てから家財道具などの整理そしていろんな手続きをやったりとしばらくはかなり忙しくしていたようだったので、もう少し落ち着いてからと考えていました。そして先日やっと我が家で開催したわけです。

参加したのは、我が家が6名、そして家内の姉ちゃんである義姉夫婦が2名、それと実家のおやじと兄貴たち夫婦で3名、計11名でした。歓迎会というとやや大げさですが、兄貴たち夫婦はめったに帰郷しなかったので我が家のじいちゃん・ばあちゃんともかなり久しぶりだったんです。そして義姉夫婦とは私たちの結婚式の時に少し話したくらいだったらしく、ほとんど初めてと言ってもいいほどだったようです。よって私としてはとにかくみなさんに「ご挨拶」の場を設けたというわけです。兄貴は18歳の時に就職のため♪「花の都・東京へ東京へ」と出かけました♪(ニコ)。そして43年ぶりにやっと?、ついに?故郷へ戻って来ました。43年ぶりであればそれはいくら田舎の熊本であってもおそらく「浦島太郎」状態でしょう。でも兄貴は元々こっちの人なので、放っといてもすぐに慣れるでしょうが、姉さんは生まれも育ちも東京の人です。そんな人が年を取ってから初めてこんな田舎へやって来るわけです。そして舅との初めての同居、近所の人たちとの付き合いなどすべてが初めての経験なんです。もちろん周りには知り合いはいません。今姉さんの心中はどんなだろうか?と想像すると…。私たちが出来るかぎり協力していかないとと思いました。
するとその場で早速その協力出来るような相談がありました。それは乳・子宮ガン検診と美容室はどこに行ったらいいだろうか?、ということでした。やはり女性ならではの相談ですよねえ。特に美容室についてはその時の義姉のヘアースタイルがとても気に入ったそうで、ぜひ紹介してほしいと言っていました。とりあえずこの二つの相談事は早速家内と義姉が具体的に動いてくれることになりました。
兄貴と義兄は歳が一つ違いだそうでかなり意気投合していました。兄貴はアルコールは飲みません。しかし職業柄酒席でのつき合い方・盛り上げ方は心得たもののようです。私としては初めてそんな兄貴の姿を見たわけでして、「こんなヤツだったんだ」とちょっと感心してしまいました。義兄もそれにうまくつき合ってくれたようです。とにかく同世代は何故か気が合うようですね(フフッ)。
中華料理とにぎり寿司をデリバリーしてもらいました。特ににぎり寿司は姉さんがかなり食べたかったそうでとても喜んでくれました。それとおやじも久しぶりに大勢での食事だったようで、大いに飲んで食べて楽しんでいたようです。「これからもよろしく!」ということで歓迎会は無事終了しました。
翌日兄貴からメールをもらいました。「時間を忘れるくらい楽しいひと時でした、ありがとう!」とありました。私としては喜んでもらえたことが何よりでした。

スポンサーサイト


未分類 | 14:04:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad