■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「池井戸・潤さんの不祥事、テレビドラマ化 とても楽しみです」
     「池井戸・潤さんの不祥事、テレビドラマ化 とても楽しみです」
さてまたサピエでの読書のお話です。今回読んだのは、池井戸・潤さんの「不祥事」です。池井戸さんというと、昨年TBSテレビで放送されてかなり話題になったドラマ「半沢なおきシリーズ」の原作者です。あれは実に面白かったですよねえ!。一話終わると次の展開が気になって気になっって…。こんなに次週を期待させるドラマは久しぶりでした。まさに夢中にさせてくれたドラマでしたよね。その理由はやはり原作の良さでしょう。上司たちから抑圧されて・されて…、最後にはついに爆発して例の決めセリフ。いやいやスカッとしましたよねえ。とにかく気分爽快なドラマでした。そしてめずらしく続編を期待してしまうようなラストシーンでして、今後に楽しみが残りました。

その「半沢なおきシリーズ」ではありませんが池井戸さん原作のドラマがこの4月から日本テレビで放送されるそうです。原作は「不祥事」です。主人公はある銀行に勤務する花咲・舞という女性です。舞ちゃんはまだ若い(28歳くらい)ですが事務処理・窓口でのお客さんの応対業務などやらせたらぴか一の女性です。そんな舞ちゃんが人事異動した先が銀行内で起きる様々な問題を処理・解決するといった特命の係です。そして少し頼りなさを感じる男性の上司と組んでいろんな問題・トラブルなどを見事解決していきます。いくつかのエピソードがありますが、すべてがハラハラ・ドキドキの連続です。いやいやいつもながらの展開でして十分楽しませてもらいました。聞くところによると、この不祥事での主人公の花咲・舞は池井戸さんの作品では唯一の女性主人公らしいです。カワユイ顔して「ダメなことはダメ」とハッキリ・ズバズバ意見を言うところはまさに気分がスキッ!といった感じです。そして怒りが最高に達した時に飛び出すワザはナント「びんた!」(シギャピーッ)。舞台は銀行、そしてぶち切れた時の決めセリフ(ワザ)があるといった点は「半沢なおきシリーズ」と同じでして、やはり元銀行マンとして裏事情をしっかり知っている池井戸さんならでは…、ですよね。

花咲・舞役はあの杏と決まったそうです。杏ちゃんがどこまで怒りを爆発させられるか!、そこら辺りがとても楽しみです。そして悪の重役・上司たち、そして相棒である少し頼りない上司役を誰にするか?、キャストがまた楽しみです。そうそう、脚本と演出も重要ですよね。「半沢なおき」はその点も良かったんでした。

とにかく4月からのドラマに期待しましょう。


スポンサーサイト


未分類 | 10:48:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad