■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「サピエでのシネマ・デイジー、かなり楽しんでいます」
     「サピエでのシネマ・デイジー、かなり楽しんでいます」
寒い日々が続いていますが、みなさんお元気でしょうか?。インフルエンザそしてノロウイルスの大流行と、世間は大変なことになっています。とにかく自分で出来ることはしっかり・きっちりやって行くしかないようです。

さて今回はサピエでの読書のお話です。最近サピエは新しいサービスを始めました。それは、「シネマ・デイジー」という配信サービスです。シネマとついているように、映画のサウンドトラック部分に解説を加えたものです。サウンドトラックは映画のセリフ・効果音・音楽などすべての音が入っている部分ですが、それに無音シーン(風景や状態など)についての解説が新たに加えられたものです。「解説」というのは特にセリフがなかったり、風景だけの無音のシーンにおいて、私たち視覚障碍者にとってはとても有り難いものなんです。テレビにおいてはこの解説付き放送はかなり増えて来たようですが、劇場で上映される映画というのは大都市でたまにあるくらいでして、地方ではまだまだ少ないようです。まあ映画館で解説付きをやろうとした場合、システムなどが大がかりとなって、かなり問題が出て来るだろうと思います。よって私たちとしては、今のところそこまでは求めません。しかしDVD化された場合にはすべての映画に解説をぜひ付けてほしいものです。これは法律化するべきですよね。話が少しズレテしまいましたね、ごめんなさい(ペコリ)。
話を元に戻して…、そうそうシネマ・デイジーでしたよね。サウンドトラックに解説が付いたこのサピエでの新しいサービスは映画大好き人の私にとっては「待ってました!」と叫びたいほど嬉しいものなんです。よくぞこれをやってくれました(パチパチパチ)。許諾がよく取れたと思います。関係者の努力にまずは感謝です。

この「シネマ・デイジー」は、今のところ9作品がアップされています。私も早速聴き始めまして、「せみしぐれ、阪急電車、レールウェイズ、一枚のはがき、60歳のラブレター」と次々と聴きました。この中で阪急電車は映画館で、そしてせみしぐれはDVDで観ました。もちろん解説は無しでした。今回解説付きのシネマ・デイジーとして聴いたわけですが、「ああ、そうだったのかあ」と詳細がよくよくわかって感動も数倍も上でした。以前にも書きましたが、もし映画を観る時には出来るだけ事前に原作を読むことにしています。事前にストーリーを頭に入れておいた方がわかりやすいんです。無音部分ではある程度イメージすることが出来るわけでして、私にはとても有り難いんです。シネマ・デイジー、本当に有り難いサービスですよねえ。サピエさん、ありがとう!。今後どしどしアップしてください、期待しています。

スポンサーサイト


未分類 | 14:17:44 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
ぴょん吉さん、ありがとう!
カニ平です。
「シネマ・デイジー」の情報ありがとうございました。
全く知らなかったので、驚きです。
早速「釣りバカ日誌」をダウンロードして聞きました。
いやー、映画って本当にいいもんですね。
ますます「サピエ」づけの日が続きそうです。
本当にありがとうございました。
なお、2月7日現在で、20タイトルがアップされてました。
2014-02-07 金 11:48:57 | URL | カニ平 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad