■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「大腸検査、何度やっても慣れません」
     「大腸検査、何度やっても慣れません」
突然ですが、「大腸検査」をやりました。約4年ぶりの検査でした。過去3回はやっていたはずですので4回目ということになります。しかしこの検査だけは何度やっても慣れませんよねえ。検査中はまさに「必死!」でした(ヘロヘロ)。

まず当日の朝から下剤をグビグビとたっぷり飲みます。2・3時間かけて腸内をすっきりさせます。何度もトイレに通って、最後に水のようになったらOKということになります。私はこの時点ですでにか・な・り疲れてしまっていました(しょぼ)。そしていよいよ検査です。最初に私(私じゃなかったらまずいだろ!)の閘門さまにゼリーをまさにワシャワシャとドクターが塗ります。「ヒエーッ!」と私はあまりにも強烈な感覚でして思わず絶叫。それから内視鏡がズブズブと入って来まして「ワアーッ!、そそそんなあ」とまた叫んでしまいました。その痛いこと!。痛がる私にドクターは「力を抜いて」と言うんですが、「ハイハイ、わかりました」なーんてそう簡単には力は抜けません。だって閘門さまに異物が無理やり入って来るんですよまったく。「大きく呼吸して」と言う看護師さんのお言葉が遠くで聞こえていたようですが…。簡単にはなかなかいきません。もしここで力のコントロールが出来る人がいたら、そのお方はきっとあちらの世界がお好きなんでしょうねえ(ウッフーン、フガフガ)。検査が始まっても場所によっては看護師さんが私のお腹をグッと押さえたりして…。それはそれは苦痛でして、大変でした。病院によっては注射で眠っているうちに検査終了というところもあるようですが…。まあそのドクターによっていろいろと考え方があるのでしょう。

検査結果は「異状なし!」でした。それを聞いて私はホッとしまして、何故か力が抜けてしまいました(ここで抜けるのかよっ!、ニコ)。この「異状なし」というお言葉は「検査をやって本当に良かった。またやってもいいよね」と私をやけにプラス思考とさせてしまいましたとさ(ええかげんなヤツ!、ニコ)。

スポンサーサイト


未分類 | 13:50:38 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
 異常なしおめでとうございます!
 私も毎年やっておりますが、眠ってる間に終わる方で、胃と腸をつずけてやってしまいます。これにエコー検査も同じ日にやります。
 今年は、エコーで、膀胱の中にポリープが発見され別の病院で切除しました。この歳に成るとだんだん云い事が絶えなくなります。
2013-10-10 木 18:51:42 | URL | giyuusan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad