■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「家族旅行、今年も無事終わりました」
     「家族旅行、今年も無事終わりました」
いい天気が続きます。朝だけはちょっと寒いように感じていたのが、突然素晴らしい天気が続くようになりまして、ここ数日は「暑い!」と言いたくなるような天気です。
さてさてそんな気候となったこの時期、私は先日「病後21年!」をめでたく迎えることとなりました。一年前のこの時期に「病後丸20年」といった内容でアップしましたよね。あれからもう一年経ったんですよねえ。時間が経つのは実に早いものです。あの時は「やろうと思ったことはすぐにやる」と宣言していたと思います。その中の一つとして「新しいパソコンとスクリーンリーダーを購入して更に…!」と熱く語っていましたよね。その話も我が家の財務大臣の「他に計画があるからダメ!」の一言で即却下されましてね。「ハ・ハイそうでしたか。そうですよねえ、パソコンなんてとんでもないことです、わ・わかりました」と私はあっさり納得してしまいましたとさ(トホホノホ、なさけなっ)。ということが一年前にあったわけですが、「来年は必ず購入するから…」と棄てセリフなんてヤツをやっと言い放ちまして(ここは強気です!)、とりあえず承諾してもらったしだいです。その一年後というのが早くもやって来ました。よって今新しいパソコンなど準備中です(ニコニコ)。
話は変わりまして、今年は私たちが結婚してから「丸30年」です。よって毎年行っている子供たちとの一泊旅行を今年も無事行ないました。30年だから思い切って長距離へ複数の宿泊でとちょっと豪華に思ったんですが、私の体調を考えたらやはりそんな計画は無理なんです。よって一泊旅行となると九州内となりまして、いろいろと検討した結果今年は阿蘇・内牧温泉へということになりました。宿はバリアフリーの部屋があるそうで、うまく予約が取れたようです。これはいつものことですが、宿が決まった時から家内の旅行はいよいよ本格的に始まります。それはiPadを駆使して情報を集め、初日の昼食はどこで食べて…・次はどこに寄って…とスケジュールを細かく立てます。その前提となるのはまず私が車椅子で行けるかどうかというこどです。もし行けない所であれば無理には行かないことになります。それとトイレは車椅子で利用出来るかどうかを確認します。場合によっては直接電話をかけて念を押しています。もし利用出来ない場合はそこに最も近い場所を確認しておきます。そんなこんなで確認事項が多くなかなか簡単には計画出来ないようです。でも家内はもう慣れたもので、利用出来ないとなればすぐに切り換えて「それじゃ次」と次々と計画を建てているようです。ここら辺りは「さすが…」と思えるほどでして、まさに「楽しんでいる」といった感さえあります。私としてはそんな家内にただ「感謝・感謝!」の一言です。本当に有り難いことです。家内そしてiPad君「さまさま」です(ニコ)。
今回利用したバリアフリーの部屋はとても気持ち良く使うことが出来たんですが、ただ一つトイレの手すりはちょっとビックリしました。やや細めの木製の手すりが取り付けてありまして、かなりやわらかく温かい感じで良かったんです。手すりは縦と横方向にあったんですが、縦方向の手すりの高さがちょっと低いんです。我が家の手すりは縦方向に高くて、上部は横壁にしっかり固定してあります。それが普通だと思っていました。縦方向の手すりを持っていざ立ち上がってみたらビックリ。縦方向の手すりの上部がないんです。私はいつも立ち上がったら私の胸辺りの位置を持ち直します。そこが安定するんです。そこを持とうとしたらナント「空振り」でしてね。「アッ、ない!」と私は思ってあわてて車椅子に座りました。介助してくれていた娘が「ごめん・ごめん、上がなかったんだった」と謝りましてね。私は気を取り直して「教えといてよ」と出来るだけ冷静に言ってはおきましたが…。娘もついうっかりしていて…。目が見えていたら何ということもないことですが…。まさに「エアー手すり」でした(フーッ)。
この手すりは小さい人(老人など)を対象にしているんでしょうか?。「小さいばあちゃんだったらいいかもね」、といった感じです。そもそも手すりは老人たちが使うとは限りません。足に障害のある人たちが安全に移動するためにあるわけです。それは老若男女すべての人に対応するべきことではないでしょうか?。ちょっと細めで少し低い、そして上部は固定していないというのはかなり安定性に欠けます。いくら見た感じが良くても肝心の安全性に欠けては何のための手すりなのかと思ってしまいます。バリアフリーの部屋と宣言しているからこちらも期待してつい厳しい目で見てしまいます。他の部分については特に問題はなかったようです。せっかくのバリアフリーの部屋が実に「もったいない、残念!」です。
さて今回行った所で私が最も良かった所は、昼食として寄った「バイエルン」です。実はここに寄るのを楽しみにしていましてね。バイエルンは阿蘇で作るハム・ソーセージ工場です。隣にレストランが併設されていて、工場で作っているハム・ソーセージなど食べることが出来ます。私はハム・ソーセージ類が大好きでして阿蘇方面に行った時はよく寄っています。今回で確か3回目になると思います。食べたのはハム・ソーセージの盛り合わせ。これが実に「うまい!」んです。ここで作っているハム・ソーセージを6種類ほど盛り合わせたものです。塩味や香辛料がそれぞれ少しずつ違っていまして、「こんな味があるんだ」と私は口に入れるたびに感心するばかりでした。ちなみに家内と娘はハム・ソーセージを食べながらワインをグビグビやっておりましたとさ(シギャピーッ)。6種類も食べられるのはそれぞれ味が違うからですよね。もしみんな同じ味だったらそんなには食べられません。いやいや、感激しました。幸せな時間でしたよ、「バイエルンさん、ごちそうさま、また行きますね」(ニコ)。
今回もかなり疲れて帰って来たわけですが、それはいつものように心地良い疲労感というものでした。最後に今回もまた一緒に行ってくれた子供たちにあらためて感謝します。本当にありがとうね。いつまで一緒に行ってくれるか?、私としてはその点だけはちと心配なのですが…(ニコニコ)。



スポンサーサイト


未分類 | 17:31:39 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
 久しぶりです、しばらくサボっているうちに、ちょっと忘れていました。ごめんなさい!
 結婚三十年おめでとうございます、家族旅行今年も良かったそうですね、家族みんなで行けるなんてうらやましい限りです。
 私は、4月の後半に2泊3日で大阪から紀伊半島を一周して最後伊勢神宮へのさくらを見るツァーに参加しました。桜はほとんどありませんでした。この旅行の計画をした理由が、家内の兄貴が兄弟で旅行が出来るのもこれが最後だろうとの呼びかけで7人で行ってきました。
 みなぐったりして帰ってきました。
2013-06-12 水 14:13:12 | URL | giyuusan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad