■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「胃カメラ検査、無事終了しましたが…」



     「胃カメラ検査、無事終了しましたが…」
朝晩はちと寒いですが昼間は気温が上がりまして、なかなか過ごし易い気候となりました。ここ熊本においてはこんないい時期はかなり少ないわけでして、とても「貴重」なんです。そういった意味では、レジャー・旅行にと今をしっかり楽しむべきなんでしょうね。
そんないい季節に私はというと「胃カメラ検査」をやることとなりまして、先日「決行」したしだいです。胃カメラ検査をやるのは2回目らしい?です。らしいというのは4年ほど前に腸閉塞でR病院に入院した時に、大腸検査と同時に胃カメラ検査もやっていたようです。検査の時は私はというと直前の注射によってまさに「熟睡」していたので検査自体まったく憶えていないんです。「異状なし」という結果だけはその後に聞いた記憶はあります。胃カメラ検査はノドを通す時に気持ち悪いとかいう話を聞いていたので「熟睡中」に気づかない内に終わってしまったのはとても良かったと思ったしだいです。
そして今回2回目の胃カメラ検査をかかり付けの病院でやることとなりました。私は元々ノドの調子が悪く発声も今一つといった状態ですので、検査時のノドを一時的にマヒさせる薬のことが気になりましてね。途中でせき込んだりしたら?、なんてことを考えたりしましてね。それと検査後にノドのマヒ状態は無事に元に戻るんだろうか?、などと心配していました。それはまさに「取りこし苦労」に終わりました。そのわけはというと検査時にはやはり「熟睡」していたんです。注射をしてもらう時に看護師さんから「少し眠くなるかも」と話は聞いていたんですが…。私の場合は「少し」どころか「熟睡」してしまいましてね(ニコ)。看護師さんから名前を呼ばれて目覚めた時には「終わりましたよ」と言われてビックリ。「えっ、もう終わったの?」と、私は口元からたれたヨダレを手でぬぐいながらあわてて尋ねました。結果は「異状なし」でした。幸いなことに今回も熟睡中に検査は終わっていたわけです。それと当初気になっていたノドですが、検査時もその後も順調でして本当にホッとしました。私としては「胃カメラ検査はまたやってもいいよね」なーんて、かなり調子づいております(ニコ)。
さて検査は思ったより簡単に済んだわけですが、困ったことが一つあります。それは検査後に左の肩から肩胛骨辺りにかけて痛くなりましてね(あいたたたっ)。おそらく胃カメラ検査の時に左側を下にして検査をしていたためと思います。私は通常寝返りをする時にはいつも右側を下にするんです。このやり方はこの病気をやってからやっとのことで「寝返り」をマスターしてずっとですので20年となります。20年間左側には寝返りはやったことがないんです。まずやろうとしても出来ないんです。それがこの検査で左側を下にした体勢で検査を受けました。看護師さんに助けてもらって左側に身体をやっと倒したところまでは憶えています。その直後に熟睡してしまったわけでして…。全身脱力状態で熟睡して検査の間の約15分。慣れない体勢、それがどうもいけなかったようです(トホホ)。
検査自体はかなり楽だったので「またやってもいいよね」なーんて軽く思ったりしましたが、その後の身体の痛み…、やはりそんなにうまくはいかないものですよねえ。健常者であれば何ということもないことでしょうが…。この経験を忘れないように・いや教訓(ちょっと大げさでした、すみません)して、次回胃カメラ検査をやった後には「痛み止め」の薬をぜひもらうことにしましょう(よっしゃっ!)。


スポンサーサイト
未分類 | 13:44:47 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
 検査の結果異常無しだそうで、まずはおめでとうございます。
 私も年に一度胃と腸のカメラをいっぺんにやります。
 やり始めは眠っていながらのどをと通る時は苦しかったのですが、今はほとんど分からず、むしろ検査前に打つ、頭がボーとなる注射が快感に感じる様になりました。
 しかし、終了後に異常無しの言葉を聞いた時の安ど感と、食事の旨さは応えられません。
2012-10-22 月 08:38:21 | URL | giyuusan [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-11-21 水 02:53:02 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad