■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「懐かしく嬉しい訪問者」



     
     「懐かしく嬉しい訪問者」
さて今回は懐かしい友人が我が家を訪ねて来てくれたお話です。突然電話をもらいました。かけて来たのは以前私が勤務していたK電波で同僚だったTさん。彼の話によると、やはり同僚だったU君が最近会社を辞めて自宅 に戻って来ているとのこと。それで私のことをTさんに尋ねたらしいんです。ずっと会っていなかったので「どうしてるんだろう?」だったんでしょうね。私も時々U君のことを思い出して「どうしてるんだろう?」だったわけですから…、面白いものです。U君は私が退職してからマレイシア工場に出向(単身赴任)しているといった話は聞いていましたが、その後どうしているのかまったく分からなくて気になっていたんです。
そして先日二人が我が家  に来てくれました。U君の話によると7~8年ぶりらしいです。そうそう、本社のT電波のOさんをU君が連れて来てくれたことがありました。その時以来ということです。あれからしばらくしてU君はマレイシア工場に出向していたそうです。それから6年ほど向こうで頑張っていたようです。私はそれを聞いて「長かったよねえ、ご苦労さんでした」とまず労いました。そんな彼の頑張りはそれなりにあったわけですが、肝心の国内各地の工場は集約・撤退となりました。そして本社も経営が難しくなったとかで、いよいよ何度目かの人員整理。希望退職者を募ったらしいです。そこでこれから先のことを考えたU君は、「それじゃ俺も」とそれに応じることにしたそうです。3人の子供達もすべて就職したそうでして子供達の心配はなくなったらしいです。後は奥さんと二人暮らしだけなので「退職」を決断したようです。彼は48歳、まだまだ十分働ける年齢ですが今までのようにそんなにハチャメチャ    に働かなくてもと思ったのでしょう。といっても地元での再就職はかなり難しいですよねえ。本人もそれはよく分かっているはずです。それでもある会社の求人があるという話を聞いたそうでして、近い内に訪ねてみると言っていました。そうそうU君の長女はナント今スッチー(古いよねえ、今はCAと言うんですよね)をやっているそうです。ということはかなりカワユイかお美しいのでしょうね。「誰に似たんだよ!」と私は突っ込んでしまいました。二十数年前にU君は本社勤務していて奥さんも連れて行っていましてね。そこに長女が誕生したという話を、当時丁度本社に実習に行っていた私はU君から聞きました。それから数日後にまだ赤ちゃんだった長女とアパートで面会したことがありました。その子が成長して今やCAですよ。私も歳を取るはずです。そうそう、その面会した時に私は赤ちゃんの顔に鼻を寄せて匂いを嗅いだ憶えがあります。それを見ていたU君は「何をしてるんですか」と少し驚き・あきれたように言いました。「いやいや赤ちゃんはミルクみたいな匂いがしてとてもいいよねえ、うちの子を思い出したよ」と言い訳した憶えがあります(ポリポリ)。まったく変なおっさんでしたね、ああ恥ずかしい!(ニコ)。
さてTさんの方ですが、数年前に一足早く退職していて今は新しい職場で働いているそうです。彼は私より一つ上の人でして、何となく気が合う仲のいい友人です。彼も子供が成長して長女が看護師、そして長男は大学生ということです。昔の同僚たちの話も聞きました。ほとんどが退職して新しい職場で頑張っているようです。そして退職はせずまだ頑張っている人も当然いるわけです。彼らはまだ子供が小さいというのが退職しない(出来ない)理由のようです。つらいところですよね。この不況はみんなの生活設計を完全に狂わせてしまいました。私がもし元気で働いていたら、一体どうなっていたんだろうと、一瞬ですが考えてしまいました。やはりゾッとしますよね。
二人は2時間ほどいて帰りました。「また来るから」と言っていましたが、はたして何年先になることやら。みんな忙しくしているんだからそれは仕方ないことです。何年後でもいいから、私としてはまた訪ねて来てくれることを願うばかりです。その夜はきっとまた会社の夢を見るんではと思っていたんですが、結局見ませんでした。以前はこんなことがあった夜は必ず会社の夢を見ていたんですが…。やはり20年ともなると会社への思いというものもかなり薄らいで来ているんでしょうね。ちょっと寂しいような気持ちになってしまいましたよ(うーーん)。

スポンサーサイト
未分類 | 17:23:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad