■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「大丈夫」・「頑張れ」・「かわいそうに」、言葉の使い方には注意です。
長い間入院していると色んな人との出会いがあります。ドクター・看護師さんなど病院関係者は当然ですが、入院している患者さん、その人たちを見舞いに来てくれる人たちなど様々な出会いがあります。この出会いはハッキリ二つに分かれるようです。それは出会って良かったと思える人とそうではない人です。前者の中には出合って本当に良かったとその出会いに感謝したいくらいの人も居て嬉しいかぎりですが、後者の中にはそれとはまったく逆にその出会いが悔まれてならない人も居ます。それはもう思い出すのも嫌なほどです。リハビリを担当してくれたPTのM先生とOTのY先生との出会いは本当に良かったと心の奥からそう思います。「ケガかこんな病気でもやらないかぎりM先生との出会いはおそらくなかったでしょうね」と入院中一度M先生に話したことがあります。「そういった意味ではこの病気をやって良かったかもね」と言うとM先生は苦笑いしていたようです(先生こんなこと言ってごめんなさい、ペコリ)。とにかくこの両先生との出会いを通してリハビリという今まで知らなかった世界をまさに身をもって知ることになりました。そうそうリハビリの学生さんたちとの出会いも新鮮でとても楽しかったですよねえ。振り返ると両先生に担当してもらって私は本当にラッキーでした。もし他の先生だったとしたら…、今の私ではなかったような気がします。
色んな人たちと出会い話す中で言葉の使い方がいかに難しいか、そして言葉は何よりも大切であるということをあらためて知りました。私にかけてもらった言葉で好きなのは「大丈夫」でした。この言葉は不安で焦っている私の気持ちをやわらげてくれましてね。「ゆっくり、これでいいんだ」と心がジンワリと温かくなったような感じでした。苦悩している人の気持ちを少しでも楽にしてあげるためにはやはりすべてをしっかりと受け止めて肯定することが大切だと思うんです。この「大丈夫」は私に安心感を与えてくれる魔法のような言葉でした。
嫌いな言葉はいくつもあります。その中で最も嫌いな言葉は「かわいそうに」ですね。これを聞いたのは同じ病室の患者さんの奥さんが私にかけてくれた言葉でした。「そうじゃないよう!」と私は心の中で叫びましたよ。奥さんはいい人です。ただ普通にかけた言葉で何の悪気もないんです。それは私も分かっているつもりです。しかしここでは使ってほしくなかったんです。こんなにつらい思いをしている自分にもっと同情してよとあえて「かわいそうに」と言ってくれるのを待っている人も居るかも知れません。しかしそれはあまりにも自分がミジメですよね。とにかくミジメな気持ちに浸っているなんて嫌です。私はそれだけでさらに落ち込んでしまいそれからのやる気もなくしてしまいそうな気がするんです。こんな時は「頑張って」の一言でいいと私は思います。こんなに頑張っているのにまだ「頑張って」と言うのかとこれを嫌う人も居るようですが、私はまったく気になりません。まあ私の場合は頑張りがまだ足らなかったのかも知れませんが…(ニコ)。この「頑張って」という言葉には広い意味があると思うんです。「このままじゃダメだ、もっともっと頑張れ」というものから「ようしその調子で気持ちを切らずしっかり」というものまで含んでいると考えるんです。それはその状況にもよるし言い方もそれぞれですから色んな意味があるのは仕方ないことです。とにかく受け取る方の気持ちが最も大事なので使い方には出来るだけ注意した方がいいでしょうね。私は「その調子でしっかりやって」と受け取りました。特にそう思ったわけではないんですが無意識にそう受け取ったようです。それは私の精神状態が安定していたか、それとも出会った人がたまたまいい人ばかりだったのかも…、ですよね。
思い出したくないんですが、仏のような私(ニコ)が切れてしまった言葉があります。それは病院内で時々会っていた人の言葉でした。会う度にまず第一声が「目は見えるようになった?」でした。必ず必ず言うんです。最初は私も作り笑顔で「いや」とやっと返事していました。もちろん私はムカついていましたよ。当時私は目が見えなくなったことをやっと受け入れ気持ちの整理が出来始めた頃でした。せっかく忘れようとしているところにこの言葉はつらかったんです。その人は悪気があって言っているんじゃないと何度も思い込もうとしました。しかしその言い方は私のことを本当に心配して言ってくれてるようにはどうしても思えなかったんです。「それを言う前にまず挨拶そして体調は?とか気分は?とかあるだろっ!、どうしてそれが言えないかなあ」と私はいつもそう思ってイライラしていました。そして何度目かに会った時私はついに切れてしまいましてね。「もういいっ、あっちに行ってくれ!」と怒鳴ったんです。その人は無言で私の前から消えました。近くに居たのかM先生はすぐにやって来て「どうしたの?」と心配してくれましてね。いつもは静かな私(ニコ)がめずらしく怒っているんで驚いたんでしょうね(先生ごめんなさい)。その後その人と会うことはありませんでした。おそらく会っていたんでしょうが私に声をかけなかったんでしょうね。その人は何故私が怒ったのか結局分かっていないと思います。少しでも気付いてくれていたらいいんですけど。私は知り合いを一人失ってしまう結果になりましたが、まあ縁がなかったと割り切って忘れることにしたのでした。
スポンサーサイト


未分類 | 15:04:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad