■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
訪問リハ日記 その90 「バレンタインデー、古いネタですみません」



訪問リハ日記 その90 「バレンタインデー、古いネタですみません」
時間通りS田さん到着。今日はいつも来てくれている看護師のTさんではなくS田さんなんです。この寒い時期の私のお通じの調子について訪問看護ステーションの方々にいろいろと検討・考慮していただきました。そしてスタッフのスケジュール調整をやっていただきまして、今回はS田さんの担当日となったわけです。S田さんと会うのは今年初めてなんです。よってまずは「今年もよろしくお願いします」とかなり遅ればせながらのちと「間の抜けたようなご挨拶」から始まりましたよ。「相変らずかわいい声してますよね」と私が言うと「声だけですよ」と少し恥ずかしそうにS田さん(エヘッ)。
早速リハです。まずは踏み台を出してもらい踏み込み運動です。久しぶりのS田さんは私が右足を踏み込む時に足先を軽く持って踏み台にサボートすることを忘れていましてね。私はやはり今一つグッと行けなかったんです。それを伝えると「あっ、そうでしたよね」とS田さんはやっと思い出したようで早速サポートし始めました。ちょっとしたことですがやはりサポートの「あるなし」はかなり違うものだとあらためて思いましたよ。サポートが始まったら私は突然調子が良くなりまして、その後は左右10回ずつ、3セットあっという間にやってしまいました。次は車椅子からの立ち上がり運動です。20回やって終了しました。
S田さんの息子さんは小5で今サッカーをやっているそうです。最近キーパーをやり始めたそうです。慣れないポジションなので苦労していると話していました。応援にはいつも行くそうで、それも楽しいと言っていました。息子さんのことについて語るS田さんはさすがにテンションが高いようです(やはり母だよねえ、ニコ)。
今日はバレンタインデーということで私は以前あったある出来事についてまた語ってしまいました。またというのは昨年のこの時期にTさんにも話したことなんです。話を聞いてTさんにはかなり受けていただきました。それで味を占めた私でしたので、ここはS田さんにもぜひ受けていただきたく思ったわけです。ちと長くなりますが聞いてください。
そうあれは4年ほど前に私が腸閉塞で入院していた時のお話です。私の体調はやっと安定して来ていて退院も間近という頃でした。その頃私は退院に備えて一日中リハビリに励んでおりました。その日は2月14日のバレンタインデー。夕方リハを終えて部屋に戻ると看護師のWさんが私をお風呂に入れると言って、待ってくれていたんです。Wさんは私より二歳ほど上の女性でした。そう看護師としてかなりベテランなんです。Wさんには入院当初から良くしていただきいつもお世話になっていましてね。明るく楽しい人です。自称「黒木ひとみ?」ということだったので私は「ひとみさん」と呼んでおりました(ニコ)。
そのひとみさんがこの夕方の忙しい時にわざわざ私をお風呂に入れてくれるというわけですからこれをお断りするなんてとても出来ませんよね。「それでは」ということで早速Wさんは私を浴室に連れて行きました。脱衣場で私の服を脱がせると「それじゃちょっと待っててね、私も支度するから…」とWさんは言うと私から離れたようでした。その後無言で何かゴソゴソやっている様子。それで私は「Wさん、まさか服を脱いでいるんじゃないでしょうね?」。そしてスッポンポンで首にかわいいリボンを巻いて「ハイプレゼント!」なーんて言われても…、申し訳ないですけど私は手も足も出ないしどうしようもないんですから。それを聞いたWさんは突然つぼにはまったようでして大笑い。その後はずっと無言で私の身体を洗ってくれていましたが、時々「クックックッ」と思い出し笑いをしていたようです。そして部屋に戻ってから「あーあ、仕事にならなかった」と溜め息交じりでまた笑っていました。ということでWさんには大受けしたしだいです。こんなに受けてもらえると言った方としてはもう大満足だったわけです。この話は以前からラジオでよく聴くネタです。私は初めて使ってみましたが、お気に召して良かったです、ハイ(ニコ)。ちなみに脱衣場で聞こえていたゴソゴソですが、それはお風呂介助に使うエプロンを着けている音でしたとさ(妄想賊ですみません)。W・(ひとみ)さん、お元気でしょうか?、お世話になりましたね、ありがとうございました(ペコリ)。
話を聞いてS田さんも大笑い。「でもこのネタは若い看護師さんには使えないかも…」と私が言うとS田さんも「そうでしょうねえ」とやけに冷静なお返事。もしかしたら「あきれた?」のかも(ドッヒャーッ)。
そんなバレンタインデーのお話でした。Tさんに続いてS田さんには古いネタになりましたが、とても喜んでいただいて私としては「よっしゃ!」、でした(あほなヤツ、ニコ)。

スポンサーサイト
未分類 | 14:31:38 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
 バレンタインデーと云えば、最近はほとんど何事もなく忘れていましたが、今年は家内が何を思ったのかチョコレートをプレセントしてくれました。そのあと、食べたのはほとんど家内でした。なーんだ!
2012-02-21 火 19:54:35 | URL | giyuusan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad