■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「賢いヒーター君」



     「賢いヒーター君」
12月に入りましてやっとと言うか、ついに「寒く」なって来ました。私としては暖かい方がもちろんいいわけですが、そればかり言っていてはいけませんよねえ。寒い時はそれなりの生活をしていかないと…。まあ何となくですが寒い時期を乗り越える方法がここ数年の経験で分かったような気がしていますが…。そんなのん気なこと言ってたら「ほうら!」ということになりそうなので、この辺りで止めておきましょう(しょぼ)。とにかく私の場合は「身体を冷やさないように!」、それだけです(ブルブル)。
さてその寒さ対策ですが先日強い「みかた」が登場しましてね。それはトイレの暖房(ヒーター)です。トイレは特に夜は寒いです。そこにヒーターを設置しました。数年前からセラミック・ヒーターは置いていたんです。しかしそれは便器に座ってから手動でスイッチを入れなければいけなかったんです。よって夜は寒い中ベッドから起きて車椅子に乗り移りいざトイレへ。そこで一度Uターンして私の部屋の戸を閉め(部屋に冷気が入るため閉める)、そしてトイレに再度戻り便器に座るといった状況だったんです。そこでやっとヒーターのスイッチを入れるわけです。ベッドから起きてから約2分、せっかく温まっていた体が冷えてしまってその間の寒いこと!。さっさっさっとすばやく行ければいいんですが、そうは行かないんです。それはこの寒い時期にお風呂に入った時、湯舟にさっとつかることが出来ないというのと同じで、私としてはもうイライラするばかりなんです。これは言っても切りがないことでして、当然分かっていることなんです…。でもあえて私は言います、「障害者は不幸ではないが、とにかく不便です!」と(完全に愚痴っております、トホホ)。
さて本題の強いみかたの暖房ヒーターですが、今回我が家に来てくれたのは「センサー付き暖房ヒーター君」です。彼は人の気配をすばやく感知して即暖房ヒーターのスイッチを入れてくれるんです。その時の様子はこうです。まず車椅子に乗った私がトイレに入って行きます。お話ししたように私はそこで一度Uターンして部屋の戸を閉めに戻ります。そのUターンする時に彼は私を感知して即ヒーターのスイッチをカチッと入れるわけです。戸を閉めて便器の近くに私が戻って来た時には便器辺りは何となくホンワカして暖かいんです。寒い所からちょっとでも暖かい所に行く、それは少しホッとしますよね。すると今までは寒さでなかなか出ようとしなかったオシッコが意外とすんなりと出るような気がします。というわけで彼はやはりかなり強いみかたになってくれているんです。実は数年前からこのセンサータイプに換えようと話してはいたんです。しかしいざ冬になるとすっかり忘れていましてね、結局そのままだったんです。それが最近になって我が家のばあちゃんが体調を崩したのがきっかけとなりまして、風邪をひかさないようにとついに「センサー付き暖房ヒーター君」を購入することとなったしだいです。彼は私が用を済ませて便器から離れるとそれを感知して「終了モード」に入ります。それから2分でヒーターが停止して送風(消臭)となり、更に5分で完全に停止します。いやいや実に賢いヤツです。彼が我が家に来てくれて夜のオシッコが少しだけですが苦にならなくなりました。まだ寒さはこれからです。このヒーター君はきっと益々活躍してくれることでしょう。こんなんだったら早く換えりゃよかったね(おそっ)。
要するにトイレ全体をいつも暖房しておけばいいんですが、それはあまりにも費用がかかりますよねえ。だから出来るだけの対策はやっておかないと…とは思っています。まあ宝くじでも当たったらセントラル・ヒーティングにでもしていいんでしょうが…(エヘッ)。それは夢ですよねえ。ああ神さま、一度でいいから1等・いやいくらでもいいから当選よろしくお願いしますよ(パチ・パチ、ペコリ)。

スポンサーサイト
未分類 | 14:20:45 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
 センサー付き暖房ヒーターとはうらやましい!
 寒さに弱い私にはとても欲しいもののひとつです。、
 夜トイレに起きるときは、電気をつけるのも面倒なので、ジャンバーを手探りですぐ取れるように置き、それを着て行く事4・5回が毎日のパターンです。
 定年後は、小遣いも少なくなり宝くじを買わなくなりましたが、希望をかなえるには、これしか有りませんね。
2011-12-13 火 08:11:24 | URL | giyuusan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad