■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
訪問リハ日記 その87 「癒やしボイスのN山さん」



訪問リハ日記 その87 「癒やしボイスのN山さん」
時間よりちと早めにTさん到着。今日はケアマネのT吉さんと一緒です。実は先日介護保健の見直しがあり介護認定が正式に決まったので、T吉さんは新しい介護計画書の案を持って来てくれたんです。今回の認定は以前と同じでした。そして次回の見直しは2年後ということになりました。今までは毎年の見直しばかりだったんですが、2年語の見直しというのは初めてでした。先日主治医の診察を受けた時に2年後の見直しの件を主治医にも報告しておきました。すると「2年後ということは状態が落ち着いているということですね」と主治医。私も安定して来たようで、後はそれをうまく維持して行かなければいけません。そんなこともあったとT吉さんたちにも話しておきました。ということでT吉さんは今日リハの前にTさんと私に新しい計画書の説明をして、承認をということなんです。「今までと同じ」という計画となり話は終わりました。「今日は二人の熟女と一緒で嬉しいです」などとまた軽いジョークを飛ばす私(またかい!、ニコ)。すると「N山が後で来ると言ってましたよ。だから三人ですよ」と笑いながらTさん。N山さんは訪問看護ステーションのチーフなんです。私はこのN山さんの声が大好きでしてね。約5年前のことですが、いよいよ訪問リハが始まるという時期にN山さんは我が家に説明しに来てくれましてね。その時に初めてN山さんの声を聞きました。それはそれはいい声なんです。「いい声ですよねえ、吉永小百合さんみたいですよ」と私は冗談抜きでそう言ってしまったことをしっかりと覚えています。それからは「N山さんの声に恋している」状態となりました。その後はもう寝ても覚めても…(それはウソですウソ、ニコ)。
T吉さんはここで帰りまして、Tさんと私はリハです。まずは踏み台を出してもらい踏み込み運動です。左右10回ずつ、3セットやりました。途中3セット目辺りでN山さんがやっと登場。「こんにちは、N山です」。「久しぶりですよねえ、やはりいい声してますね」といきなり私。「前回はいつでしたっけ?」と質問すると、3年ほど前らしいです・。そうそう3年前に腸閉塞で私が入院していた時にT吉さんと一緒に病室に来てくれたんでした。その時も「やはりいい声してますよねえ」と相変わらずの褒め言葉を連発する私。するとN山さんはかなりてれていたようで、。そんなこと言ってくれるのは私だけだということでした(キャッキャッキャッ)。
今日は私の介護保健の見直し後の初リハなので、視察?に来たそうです(たまにはいいよね、ニコ)。N山さんと話していると話題はやはりその美声です。私としては吉永小百合さんですが、そのイメージは当たっているのかなあ?。すると「アッ、想像してるしてる」と笑いながらTさん(妄想族です、ニコ)。N山さんの声はとてもやわらかくてクセのない素直な声なんです。私は聴覚だけの情報ですので、健常者の視覚と聴覚の二つの情報と比べるとそれはかなり違いますよねえ。視覚からの情報は全体の80パーセントも占めているそうですので、聴覚からの情報はよほど特徴がないかぎり印象には残りませんよね。それとその人の性格などをよく知っている人は、それから来る意識・思いがあるので素直な印象が出来ないように思います。まあ余計な情報は要らないということです。私はN山さんの性格などは知りません(ただ酒豪ということはお聞きしております、ニコ)。まあそれはあえて知らない方がいいのかも?、ですよね。
N山さんは将来リタイアしたら朗読・語り・読み聞かせのボランティアでもやったらいいと思います。きっとうまく行くはずです。私は病気してから知り合った人の中で、「これはいい声だなあ」と思った人が二人います。その一人がN山さんなんです。まさに「癒しボイス」です。今まで吉永小百合さんと言っていましたが、今回じっくり聴いてみたら微妙に違うように感じました。小百合さんよりもっと声がやわらかくて丸い感じでした。顔は少したまごのような形で、宮沢りえちゃんを一瞬イメージしましたが…(この浮気者!)、やはり私の中では何と言っても「小百合さん」ですよねえ(ニコ)。「また来てくださいね」と私、そして握手をしてもらいましたとさ、ありがとうございました(ニコニコ)。


スポンサーサイト
未分類 | 11:17:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad