■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「阪急電車、うーん、映画はいいよねえ」



     「阪急電車、うーん、映画はいいよねえ」
映画を観ました。それも映画館に出向いてです。いやあ久しぶりでしたねえ。数年前に行ったきりですからかなりお久しぶりなんです。観たい映画はいくつかあったんですが、いろんな事情で行くタイミングを逃していたんです。
サテ観た映画は「阪急電車」です。これは以前このブログにアップしたように原作をサピエで読んでいたんです。それが映画化されたということで「それならば」と行く気になったわけです。封切りされたという話を聞いて調べてみたら、ナントナント九州では博多だけなんです。そそんなバカなと何度も調べましたがやはり博多だけなんです。博多まで出向いてという元気は当然ないわけでして、「それだったらDVDが出るまで待つしかないなあ」とあきらめました。
それから約1ヶ月後、熊本でも上映されるという話を聞きました。しかし上映されるのは熊本市内にあるシネコン。「なんだよう、まだちょっと遠いよね」と思いましたが、「うーん…」とどうしてもあきらめられません。「よし!、行くか」とついに行くことにしたんです。
さてさて映画を観ての感想ですが「予想通り、期待を裏切らない大満足した映画」でした。これは私の感想です。ちなみに家内に尋ねてみたら「地味な映画」だったという短いお言葉(ドヒャーッ)。確かに地味だよねえ、それは間違いありません(この正直もの!、ニコ)。
主演のなかたに・みきさんとみやもと・のぶこさんとのやり取りは実に決まっていて「うんうん、そうそう」と私は一人うなずいておりましたよ。特にみやもと・のぶこさんは存在感たっぶりで迫力満点。ラスト近くで見せた演技はさすがでした。車内で大騒ぎする大阪のおばちゃんたちを一喝するシーンには思わず「そうだそうだ」と拍手したいほどでした。私が好きだったシーンはもう一つあります。なかたに・みきさん演じるしょう子が、偶然小学校の女の子(偶然にも名前がしょう子)と知り合い会話する場面です。「かっこいいよ!」としょう子(みきさん)が声をかけるシーンは心にグッと来てしまいました(シク)。
これは確かに地味な映画です。原作は事件らしきものはないし、ましてや派手なアクションシーンなんてまったくありません。偶然出会った乗客たちの会話だけで引っ張るお話です。それを映画化したわけですから後は役者さんたちのセリフ回しが如何に活きたものになるか、それに関心があったわけです。脚本を担当したのはNHKのテレビ小説でおひさまを書いているおかだ・よしかずさんです。実に原作を大切にした脚本に仕上げています。
映画館に出向いて良かったと思ったことがあります。それは電車の音です。ホームに入って来る音、そして動き出してホームから遠ざかって行く音が、スピーカーの左から右へと移動するんです。これにはちょっと驚きましたね。晴眼者にはどうということはない普通のことで気づかないことかも知れませんが、私にとってはとてもリアルでちょっと感動してしまいました(ニコ)。
「地味な映画(何度も言うな!)」と家内が言うように館内には私たちを含めても10人ほどのお客さんだったそうです。ウイークデイの午後1時という時間帯もあったんでしょうが、ちょっと寂しく感じました。封切りも当初は九州で博多だけという意味が分かったように思いましたね。
「原作を読んでいて面白いの?」と家内は言います。私は予備知識として原作を読むんです。そうすることで話の展開が分かりますよね。それを頭に入れておいて実際に映画を観ます。するともしセリフのないサイレントの場面でも「何をやっているんだろう?」とイライラせずに落ち着いてそのシーンを勝手にですがイメージすることが出来るんですね。それからまたセリフが始まるとストーリーがつながり先を楽しめるわけです。もしいきなり映画を観たとして、50パーセントも理解出来たらいい方でしょう。私たち視覚障害者は予備知識を得ることでそれを出来るだけ100パーセントに近づけたいんです。これは晴眼者には理解出来ないことかも知れませんね。そうそう、昨年放送されていたNHK大河ドラマ「竜馬伝」ですが、私はサピエで台本から小説化した本を事前に読んでしっかり頭に入れていました。よって実際放送されたオンエアの時には一層深く理解出来て(もちろん解説付きですが)楽しめたことを覚えています。
この日は私としては「ちょっとしたデート気分」だったんですが、家内にとっては「ごく普通の外出」だったようです(この温度差は何!、しょぼ)。まあこれは仕方ないですよねえ。一緒に行ってくれるだけでもいいとしないと…。有り難いことです。また誘うからよ・ろ・し・く・ね(ニコ)。

スポンサーサイト
未分類 | 11:05:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad