■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
病気の原因は石?…。私はそう確信しています。
陶芸というと思い出すことがあります。それは陶芸を始めてから1ヶ月ほど経って面白さが少し分かり始めた頃でした。その日の朝、病棟のベッドでスヤスヤと(ニコ)眠っていた私は突然下腹の痛みを感じて目覚めてしまいました。チクチクした痛みはどこかで感じたような…、と寝ぼけた頭でしばらく考えていた私は「あ・あれだよう!」とついに思い出したんです。それは救急車で運ばれた時の痛みと同じだったんです。この先の展開はどうなるか想像しただけで怖くなった私は「こりゃヤバッ!」と早速ナースコールしました。やって来た看護師さんに状態を説明している間に痛みは益々強くなり、キリキリといった感じに変わって来ましてね。血圧を測った看護師さんは「あっ、大変!」と何とも気になるセリフを残して姿を消しました。「なんだようそれは」と私は目の前が真っ暗になりました(元々真っ暗闇でしたね、ニコ)。
診察の結果は尿管結石でした。その後数日間薬を飲みましたが改善されないので結局カテーテルを入れて石を取り除くことになりました。石は無事に取り除かれまして一安心したわけです。とにかく激痛でしたね。あれは血圧も上がりますよね。最初測ってくれた看護師さんにその後あの時の血圧値を尋ねたらナント200を越えていたそうです。すごい値ですよねえ。私はこう考えました。救急車で運ばれた時もこの尿管結石だったんです。結石の痛みに耐えている内に血圧が徐々に上がったんです。それと初乗りだった救急車に余計に興奮してしまいそれらが重なって血圧が異常に上がったんです。そして…。泌尿器科の先生にそこら辺りのことを尋ねてみましたが、それは考えられるが断定は出来ないというお話でしてね。そりゃそうですよねえ、推測だけでそんなこと言えるわけないですよね。じゃその後石は?、それだけで脳内出血するの?、などと疑問はいくつかありますが私はこれが原因だったと思っています。いや正確に言うとこれが原因だと確信したかったんです。やや無理やりといった感じですが、そうでも思わないと原因について今後ずっと分からないまま不安な気持ちを引きずって行かなければならないわけです。それは嫌でした。だからここで確信し結論付けることでとりあえず終わりにしたかったんです。
それからもう十数年経ちましたがお陰様で痛みはありません。しかし私はその間結石のことがやはり気になっていましてね。あれが結石だったとしてその後新たに結石が出来ないとは言えないわけですよね。よって年に一度は必ず腹部エコー検査をやっています。これは最低限の予防だと考えてやっているんです。もうあんなこと絶対嫌ですからね。お腹の痛みは決して油断したらいけません。これは私の教訓です。
スポンサーサイト


未分類 | 11:29:33 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
ぴょん吉君、久しぶり
ご無沙汰していますが、元気にしていますか?最近忙しく夜中まで仕事に追われインターネットも見る暇も無い状態です。久し振りに会社なので今まとめて読んだところです。
誰もコメントしていないので、コメントじゃないけどメール代わりに出して見ました。客先本番のデータ入替がGW期間にある為、待機状態及び、対応で休みなしです。田島と泊まり掛けで釣りに行く予定がオジャンになりました。いつもGW中にお邪魔するような感じですが今年は行けそうにありません?御免なさい。5月は無理だけど、後半ないし、6月には代休が取れそうなので、その時にお伺い致します。寂しいだろうけど我慢してね?なんちゃって?少し落ち着いたら遊びに行きますので、宜しく。
誰だか判ったよね? じゃーまたメールします。
2006-04-29 土 17:46:30 | URL | ぶん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad