■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
訪問リハ日記 その83 「お調子者ですみません」
訪問リハ日記 その83 「お調子者ですみません」
「こんにちは」と聞きなれない声。「あら、じゅんこさんでしたね」と私。「ハイ、じゅんこでーす」とS田さん。相変わらず乗りがいいよね(ニコ)。いつも来てくれるTさんは私用でお休みです。Tさんは前回のリハの時に次回は休むのでS田さんに代わりを頼んであると言っていたんです。でも今S田さんは腰痛で休んでいるのでそれまで回復していればいいんですが…とのことでした。S田さんに「腰痛はどうですか?」と尋ねたら、ほとんど回復したという返事でした(良かったね、ニコ)。よって今日はTさんのピンチヒッターとして来てくれたんです。まあ私の場合はピンチヒッターというよりはDH(ご指名打者、ニコ)と言った方がいいかもね。
バイタルチェックの血圧値も、いつもと変わらず異状なしでした。聞くところによるとS田さんはとても綺麗な人とのこと、。もしかしたら高い値が出るかも?、と血圧値に心のドキドキ状態がすぐ出てしまう正直者の私としては内心「ホッ!」でしたとさ(ニコニコ)。
さて早速リハです。まず踏み台を用意してもらい踏み込み運動です。「やり方は覚えていますか?」と私は尋ねてみました。「教えてください」とのこと。そんな難しいことではないんですが、左足は問題ないのでそのままでいいとして右足は踏み込む時に着地するまで足先を軽く持ってサポートしてもらう必要があるんです。やりながらそのことを説明しようとしましたがそれは必要なかったようです。ちゃーんとサポートしてくれていましたよ(さすがです、ニコ)。左右10回、3セットいつものようにやりました。続いて車椅子からの立ち上がり運動です。20回やって終了しました。
S田さんは先日小4の子供さんの二分の一・成人式というのに参加したそうです。そこである女の子の作文の発表を聞いてかなり驚いたそうです。将来についてこれからの進み方など実にしっかりした意見を持っていて「超・現実的」だったとのこと。最近の小学生はすごいよね。そもそも女性は現実的であり男性は夢ばかり追っているロマン的(良く言えばです)な生き物なんです。男はいくつになっても女性から「何それ?」と言われてしまいそうなしょうもない物につい熱中してしまいますよね。おもちゃやお菓子などを「大人買い」したりして満足しております。それはロマンですよねえ。女性は連れ合いをもし亡くしたとしてもすぐに切り換えて次の生活に入れますが、男性はそうは行きませんよね。それから生まれ変ったらまた同じ相手とまた結婚するか?ということについては、女性は「別の人」というのに対して男性は「また同じ人」と答える人が多いそうですよね。そこで私は思わずカミングアウトしてしまいました。約18年前のことですが、私が退院してしばらく経ってから家内に「俺がもし死んでいたら再婚は考えた?」と尋ねたことがありました。すると家内は「いい人が居たらね」ですって(シギャピーッ!)。私としては嘘でもいいから「しないよ!」と言ってほしかったのに…(シク)。そんなもんです。それを聞いたS田さんは「そう言っても奥さんはしないですよ」と言ってくれましたよ(やさしかばい、ニコ)。
「どんな女性(女優)が好きですか?」とS田さんは突然の質問。おっと、いきなりそれかい!と私はドギマギ。あの人ですよと言いながらどうしても名前が出て来ません。それで外人の女優さんだったら「ジェニファー・オニール、ジャクリーン・ビセット、大昔だったらジョアナ・シムカス」なーんて答えましたが、S田さんは残念ながら「知りません」でした(知ってるわけないだろ、歳が違うんだよ!、ニコ)。よくよく考えてみると3人は「スレンダーで綺麗」という共通点があることに気づきました。やはり綺麗な人に弱いんだよねえ(エヘッ)。「綺麗と言えばS田さんも綺麗らしいですね?」と言うとS田さんは「もうダメですよ」とのこと。エッ、もう?…。そそそうでしたか、なかなか正直でよろしい!(ニコ)。
その時思い出せなかった名前ですが、二日ほど経ってから「酒井和歌子」さんだったとやっと思い出しました(遅いんだよ)。そんなくだらない私の話にS田さんは笑って付き合ってくれました。ありがとうです。これに懲りずまた来てね、じゅんこさん(まったく調子のいいヤツ!、ニコニコ)。

スポンサーサイト


未分類 | 10:53:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad