■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「壊れるのは連鎖反応?」



     「壊れるのは連鎖反応?」
突然ですが、トイレのリモコンが壊れてしまいました!。我が家のトイレはもちろん洋式トイレなのですが、私が使い易いように左の壁に「リモコン」が設置してあります。私はこれを使って用を足しているわけです。私はウォシュレットを使います。よってシャワー・停止・乾燥・流すといった4個の大きく分かり易いボタン(スイッチ)が必要です。もちろんトイレ本体にはそれぞれのボタンはあるわけですが、残念ながら私には使えないんです(シク)。
このリモコンが効かなくなりましてね。当初は電池切れ(電池で作動しております)だろうと思いまして早速交換してみました。しかししかし、まったく動かないんです。そこでメーカーに点検・修理をお願いしました。点検の結果、リモコン本体が 壊れているということでしてね。それで早速交換の手続きをやってもらうようにしました。このトイレを設置してからナント18年になります。それで同じタイプの物がまだスペアパーツとして残っているか?、それが心配だとやって来た担当者は話していました。今日のところはとりあえず違うタイプのリモコンを応急処置として取り付けてもらいました。このとりあえずのリモコン(とりリモと呼びます)は今流行りのタッチパネルタイプでしてね。まったく凹凸がないので私には分からないんです。よってこんな時私がいつも使っている凸形のポッチ(丸いゴムタイプのもの)を貼りまして、と・り・あ・え・ず分かるようにはしました。でもこの「とりリモ」はとにかく私には使いにくかったです。今まで使っていたリモコンがいかに使い易かったか、それを再認識しました。大きく分かり易いボタン、有り難いですよねえ。
この「とりリモ」を約一週間使いました。そしてやっと慣れた頃に新しいリモコンがやって来ましてね。残念ながら今までと同じタイプのリモコンはなかったそうです。新しいリモコンは今までのと比べるとかなり薄くなっています。全体の大きさはほとんど同じのようです。そして私が使うウォシュレット用のシャワーボタン・停止・乾燥・流すといったボタンがとても大きくて分かり易いんです。そうそう、私は使いませんがもう一つビデもあります(ニコ)。このタイプは今までのリモコンの後継機種として作られたもので、お年寄りや障害者向けに用意してあるようです。メーカーさん、よくぞこれを用意しておいてくれました。おそらくタッチパネル式になるだろうと思っていた私は嬉しくて「やったあ!」とガッツポーズでしたよ(ニコ)。メーカーさんに感謝です。
家電はおかしいですよねえ。一つが壊れると次々に調子悪くなり結局買い替えることになります。まさにウイルスに感染したようにです。しかしよーく考えてみるとみんなそんな時期なんですよね。我が家の場合は昨年末にお風呂の蛇口(設定した量になったら自動停止する)が壊れまして即交換。そして落ち着いたと思っていたら次はやはりお風呂の換気扇・兼・暖房機が壊れましてね。これも我が家に(暖房は特に私に)とっては必要な物です。これは取り付けてから13年になるそうでして、やはりそんな時期だったんです。そして次はこのトイレのリモコンです。これは18年でしたよね。そしてつい先日は掃除機がやられてしまいました。これは8年ほど使った物らしいです。いやいや驚いてしまいますよねえ。最近では「次はどれだ」とドキドキしながら過ごしております(ニコ)。みんなの予想としては、おそらく次は「冷蔵庫」だろうということですが…。




スポンサーサイト
未分類 | 10:40:36 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
 家内が手の骨折で手術入院していましたが、やっと19日に退院いたしました。 
 連鎖反応と云えば、家内の弟嫁が最初に左腕を怪我し、次に兄嫁が左腕にリュウマチが起り、そして家内が左腕を骨折し、少しさかのぼれば家内の母も左腕を骨折と、左の連鎖続いています。
 長男が云うには、お祓いをしたほうががいいのではと言っております。
2011-02-24 木 13:43:47 | URL | giyuusan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad