■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「いよいよ竜馬は最終回です」
     「いよいよ竜馬は最終回です」
今年も残すところ1ヶ月となりました。そろそろ忘年会や年賀状そして大掃除などの話が聞こえて来る時期ですよね。寒さもまだ本格的なものではないので、サムガリータの私としてはとても有り難いのですが…。寒くなると最近の私はお通じの調子が悪くなります。身体の動きが悪くなるのも悩みのタネですが、お通じの調子が悪くなるというのもまったく困ったものです。ここ3年くらいは年末から正月にかけて調子が悪くなりまして、点滴のお世話になったりしました。正月は特に食べる機会が多いですよねえ。それをある程度自分でコントロールして行かないといけないわけですからちょっとまいってしまいます。幸い今のところ調子はいいです。今年の4月辺りから運動を増やしているのでその効果が出ているのでは?と思っています。とにかくこれを続けてやることです。後は水分と食事ですよね。そして大事なことは身体を冷やさないことです。冷えたらやはり腸の動きが悪くなるのでかなりヤバイことになります。そんなことを考えたら気持ちが沈んでしまい、まさに「憂鬱」になります。よって話題を変えて、そうまた読書の話をしましょう。
さて以前お話しした村上春樹さんの「1Q84・ブック3」はついに読み終えました。いやいや長かったですよねえ。しかし十分楽しめたので大満足です。これは究極のラブストーリーですよね。最後は心配しましたがハッピーエンドでした。読み終えてしばらくはボーッとしてしまいました(それはいつもだろ!と誰かに言われそうですが、ニコ)。読み終えて心が何となくホンワカするような後味のいい本でした。そうそう、後味というと悪いものもありますよね。以前読んだ「告白」という本は実に後味の悪い本でした。本屋大賞受賞という本だったので読んでみたんですが…。私には合いませんでしたね。映画化もされたそうですが、どうも私は観る気にはなれませんね。
さてお待ちかねの「竜馬伝・第4部」もやっと朗読化が終わりアップされていたので先日読み終えたところです。いやいや最終回に間に合いましたねえ。以前にもお話ししたように、この本は実際に使用したセリフ台本を素にして小説化したものです。よってオンエアのセリフはほとんどそのままなんです。だから実際に放送される前に一度でも読んでおくとイメージがある程度つかめます。それからいざオンエアされた時に実際に演じているセリフそして解説を聴きます。すると事前にイメージが出来ているので、すんなりとまたイメージが出来上がります。それは更に深くそして広くなるようで、感動も一層大きくなるんです。まあ先のストーリーがどうなるのか知らない方がいいと言う人もいるでしょう。健常者は確かにそんな人が多いと思います。よってこれはあくまでも視覚障害者、いやもしかして私だけなのかも知れませんね(あんたは特別なんだよ!、しょぼ)。竜馬の最後についてはみなさんご存知のように「暗殺」されます。それがどんな風に描かれているか、それだけが楽しみですよね。「そうかあ、こんな設定にしたのかあ」と私はその最後の演出に「うんうん」と納得してしまいましたとさ。
竜馬の死で悲しみを引きずりながらも、私はとっとと「13人の刺客」を読み始めました(ニコ)。これは昔映画化されたものですよね。最近リメイクされたそうで、「悪人・バカ殿」役のSMAP・稲垣ごろうちゃんのその悪人ぶりが見事らしいです。ぜひ映画を観てみたいので、事前に本を読んでいるわけです。確かにこの「バカ殿」はかなりかなりひどい人ですよねえ。これをごろうちゃんがどう演じているのか…、いやいや楽しみですよねえ(ニコ)。



スポンサーサイト


未分類 | 13:41:46 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
 いよいよ、真冬に向かって一直線ですね!
 先週見損なった竜馬伝を、土曜日の再放送を忘れずに見る事が出来ました。
 これは我が家も、エコポイントが半分になる前にと、地デジ対応のテレビをやっと購入したおかげです。
 これは操作が簡単で、思いついたら忘れないうちに録画しておき、見たら消す、を繰り返しています。
 今日は、録画しなくても見ます。
 誰が暗殺したのか、どのような設定なのか楽しみにいています。
2010-11-28 日 09:01:47 | URL | giyuusan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad