■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
訪問リハ日記 その78 「Y先生、実は勉強家なんです」
訪問リハ日記 その78 「Y先生、実は勉強家なんです」
朝は虫も鳴いてちょっとだけ涼しい気配(?)と思うのは私だけでしょうか?。どうもそのようでして、家内に尋ねると「そうかなあ」と何を言ってるのとばかりにそっ気ないお返事(トホホ)。そうでしたそうでした、何を言ってるんだよ俺は、私の大勘違いでした(しょぼしょぼ)。
時間通りY先生到着。先生の出張があったり私が休んだりしたので、先生とは3週間ぶりです。かなり久しぶりだよね。
早速リハです。踏み込み運動を左右10回ずつ、3セットやりました。それから車椅子からの立ち上がり運動を30回いつものようにやって終了しました。
先日先生は甲子園に母校の野球の応援に行って来たそうです。そう言えば先生は九学のOBだったよねえ。準々決勝の相手は東海大相模でした。ピッチャーの一二三君はプロも注目する好投手です。結果は10-3で相模が勝ちました。九学のピッチャー渡辺君も良く投げていましたが、6回辺りで、打者の打球を直接左手に受けて、残念ながら降板してしまいました。渡辺君が降板したとなると負けはある程度覚悟しなければいけません。6-0で迎えた8回裏、九学はついに3点を入れて「オッ、もしかしたら…」とちと期待させてくれました。しかし、9回表、それまで何とか踏ん張っていたリリーフがついにつかまり相模は更に4点を追加し、10-3で押し切りました。久しぶりの準々決勝戦進出でした。楽しませてもらいましたよ。「よしよし、よくやったよ九学は」。
それにしても先生は元気だよねえ。甲子園に応援に行きたいという話は聞いていましたが本当に行くとはねえ。その時の話では小1の娘さんと一緒にということでした。でも実際には奥さんの猛反対にあったそうです。でもどうしても行きたい先生は当日一人だけで決行したらしいです。奥さんとしては「熱中症」が心配だったようです。それはそうだよね、その話を聞くと奥さんが正解ですな。
それと先生は解剖学の勉強で愛知に出張していたそうです。献体された遺体を解剖するとのこと。私としては聞いただけで「マジで?」とちょっとひいてしまいましたとさ。「かなり勉強になった」と先生は満足そうでしたよ。以前から先生は時々勉強会とやらに行ってたよね。筋肉にとても興味があるらしい。いやいや先生は「意外」と勉強家なんですね(すみませーん、普段の先生からは想像出来ないものですから、ニコニコ)。


スポンサーサイト


未分類 | 10:04:29 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
 甲子園と言えば、応援に過去二度行きました。
 バスで午後に学校出発、フェリーで一泊、明くる朝大阪着と疲れまくって甲子園へ、ところが試合が始まると疲れは吹っ飛び、一喜一憂の連続でした。
 思い入れのあるチームへの思いは誰しも同じなのですね。当時の事を懐かしく思い出してしまいました。Y先生によろしくお伝えください。
2010-08-30 月 07:46:33 | URL | giyuusan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad