■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「薬を飲める幸せ」
     「薬を飲める幸せ」
今日は梅雨の晴れ間のようです。梅雨明けはまだまだでしょうから、ここ数日の晴れ間は貴重ですよね。
さて私は血圧の降圧剤や下剤など6種類の飲み薬を常用しています。それは少しずつ増えていきましてこの数になったものでして、主治医に言わせると私にとっては「最小限必要な薬」だそうです。薬は出来るだけ飲まない方がいいわけですが、特に下剤は私の生活状態を考えればどうしても必要なんです。今現在はかなり安定しているのでそんなに心配はしていないんですが、例えば冬の寒い時期になると「腸さん」のご機嫌が悪くなりまして「ウーン、ちょっとやばいよう!」ということになります。ここ2年続けて冬はそうなりまして、「腸の動きを良くするという点滴」のお世話になったしだいです。これではいけませんよね。よってリハのY先生の指導で、腹筋運動やそれ以外の運動量をとにかく増やしまして毎日続けている状況です。そのお陰なのか、最近ではお通じの調子が良くなりましてちょっとホッとしているところです。もちろん暖かくなったことも要因でしょう。この状態で次の冬の時期にどうなるか?、それが楽しみでもあります。
先日主治医の診察を受けた時の話です。約2ヶ月前にある薬を換えていたんです。その効果がどうだったのか?、血液検査の結果について主治医から説明がありました。結果を聞いてビックリ!、かなり下がっていたんです。私としては予想していた数値があったんですが実際にはそれよりかなり下だったんです。「ハーッ、すごいですよねえ」と私。すると主治医はこんなことを言いました。「薬を飲める幸せを感じてください」。「世界には薬を飲みたくても飲めない人たちがいっぱい居ます。それを考えたら日本人は幸せなんですよ」。実は薬を換えてみませんかと2ヶ月ほど前に主治医から話がありました。私のこれからのことを考えたら、この薬を換えて数値をもう少し下げておいた方がいいだろうというお話だったんです。今現在の値は許容範囲内で特に問題があるということではないが、以前脳疾患をやっている私なので理想としてはもっと下げておいた方が安全だとのことです。これはあなたのために言っているんです、どうですか換えてみませんか?というお勧めだったわけです。そこまで言われたら断れませんよね。私は「じゃ換えて下さい」と答えていたんです。「これは90点を95点にするようなものです」と主治医。そんなやり取りがあっていたわけです。よって主治医は思ったように効果があったので気分も良かったんでしょう。かなりグローバルな意見を申されましてね(ニコ)。そんな意味だったんですね。突然語られて「何それ?」と思っていた私だったんですが、「そうですよね、幸せです」と素直に返事したのでした(ニコニコ)。
薬は多少なりとも副作用があります。それだけを嫌がって飲まないというのは単純過ぎます。よって現状をしっかり把握し最小限必要な薬として「幸せを感じて(ニコ)」飲むべきです。とにかく薬とはうまく付き合って行きましょう。





スポンサーサイト


未分類 | 10:58:50 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
W杯・選挙が終わり一段落と云う所です。
 ところで、私も多くの薬のお世話になっています。お陰でここまで元気を保ってこれたのかなと思っております。ありがたい事で、薬様々です。
 最近、薬3種類とビタミン剤2粒を飲むときに、一気に飲めなくなってしまいました。のどに数粒引っかかり、大事する事が増えました。老化現象でしょうか、悲しい事です。
 しかし、これから永く付き合い願わねばならぬ物なので、仲良くして行きます。
2010-07-12 月 09:19:12 | URL | giyuusan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad