■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
訪問リハ日記 その74 「陶器市は楽しいぜよ(ニコ)」
訪問リハ日記 その74 「陶器市は楽しいぜよ(ニコ)」
過ごしやすい季節となりました。でも朝晩はまだ少し寒いです。油断は出来ません。さてさて私の命日(?)が今年もやって来ました。病気してから丸18年となります。毎年思うことですが、一年経つのは早いですよねえ。特にここ数年は早いと感じます。あの時一つ間違っていたら私は居ないのです。ドクターそして看護師さんたちそれから家族に感謝です。18年は早かったかと問われれば、単純には「そうです」とはやはり言えませんね。一つ一つを無理やりに思い出せば、長かったような気持ちもあります。お陰さまでここ数年は体調も安定気味で充実した生活で過ごせていますので「早い」といった印象が強いようです。それは家族の支えがあってこそ出来ていることですよね。あらためて家族に感謝です。「みんなありがとう」。
いつものように「きっちり」Tさん到着。さすがだよねえ。早く着くことはあっても遅れることはまずありません。これは性格、それと心がけでしょう(ニコ)。早速リハ開始。まずは踏み込み運動です。左右10回ずつ、3セットいつものようにやりました。それから車椅子からの立ち上がり運動です。30回やって終了しました。
今回もまた福山竜馬の話です。なかなか順調のようですよね。それにしても千葉道場の三人と竜馬のやり取り場面はいつも面白いですよねえ。そこだけは何となくコミカルな演出になっているように感じます。特にじゅうたろう先生とおさな様が出て来て二人の会話を聞いていると思わず「ニッコリ」してしまいます。妹の気持ちを察して「坂本君、坂本君」と連呼する一生懸命なじゅうたろう先生と、竜馬への熱い思いをやや抑えながらもこれまた一生懸命に伝えようとするおさな様はステキですよね。それを演じるワタナベ・イッケイさんとカンジヤ・シオリさんは実にうまいです。おさな様のお墓参りに行く人が最近やたらと増えたそうですが、これはカンジヤさんの演技が好印象を与えた結果でしょう。とにかく二人は光っております。そうそう、Tさんのご主人は以前からカンジヤさんのファンだそうです。数年前にNHKの朝のテレビ小説に出ていたそうで、その時から注目していたらしいです。いやいやそうでしたかあ、なかなかご主人はするどいぜよ(ニコ)。
Tさんのご主人は今年も有田の陶器市に行くそうです。陶器は以前から好きでずっと行っているそうですが今年はTさんとお母さんも同行するとのこと。リュックを背負い両手には軍手そしてスニーカーに帽子というお決まりのスタイルらしいです。天気も良さそうだしきっと楽しいお出かけになるでしょう(しっかり楽しんでね、ニコニコ)。

スポンサーサイト


未分類 | 11:25:08 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ご無沙汰!
ピョン吉さん、giyuusanさん ご無沙汰してます、gibunと釣りばかりしていますHakofuguです。
相も変わらず休日は別に魚に恨みがあるわけではないのですが釣りばかりしています。
 きょうもgibunとの釣りの帰りに、このブログの話を聞き読ませてもらいました。
私達のでた学校ではgiyuusanさんから教わった世界史だけで日本史がなかったので 私は幕末に関しては私は司馬遼太郎の「竜馬が行く」で知識を得たので「竜馬伝」では岩崎弥太郎の視点で描かれているので面白く観ています。 丁度「竜馬が行く」を読んでいたころは転職を考えていた頃で影響を受けたわけでは無いのですが当時を懐かしく思い出します。 何かの本に書いてあったのですが歴史を学んで解ることは 人類は歴史から何も学びとっていないと言う事だそうです。学生時代の私達のよいうですネ!
2010-05-03 月 21:41:25 | URL | hakofugu [編集]
病気後18年だそうですね、これまでの貴君の心の内を推し量ることは出来ませんが、常に不安が一杯の日々であった事は想像に難くありません。
 しかし、いつの日からか明るさを取り戻し、竜馬のように前を向き、前に前に模索をはじめて来たのを、ひしひしと感じておりました。
 今わまた、新しい思いの芽が生じつつ有り、いやもう既にハッキリとした夢が有り、その実現に向けて動き出しているのではないか、と思っています。
 貴君には、心やさしい頼りになる友たちがたくさんついています。きっと実現することを期待しておりますし、私も陰ながら応援しています。
2010-05-06 木 08:09:16 | URL | giyuusan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad