■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「筍ちゃん、バンザイ!」



     「筍ちゃん、バンザイ!」
筍が美味しいですよねえ。まさに「旬」です。我が家は毎年この時期になると実家から筍をもらいます。実家には竹林がありまして3月末になるとたけのこ君がニョキニョキと姿を現します。今シーズンもすでに3回ほどもらいましてね。とてもやわらかくて美味しいです。前回は息子が掘りに行ってくれました。息子は3年前からたけのこ掘りに行っています。実家のおやじに掘らせていただくばかりではあまりにも失礼なので、我が家を代表して行ってくれているんです。実家の筍はまだ地面から顔をほとんど出さない内に掘ります。よって全身は土の中にあるわけです。だから外気に触れていないので、とてもやわらかい筍ちゃんなんではと思うわけですが…。イノシシも食べるそうですね。実家の竹林はまだ被害はないようですが、場所によっては食べられている所もあるそうです。イノ君も美味しいヤツは知っているんですよね(グルメだよねえ、ニコ)。
筍はやはり掘ったその日の内に湯がいておくのが一番のポイントです。それをやらないと「かたい」筍を食べることになります。筍はやはりやわらかいのがいいですよねえ。おやじの話によると、掘った筍を一晩でも転がしておくと切り口から水分が出て来て、そこら辺りはびしょびしょになってしまうそうです。それが出てしまうともうダメ。後でどんなに時間をかけて湯がいてもやわらかくはならないらしいです。かたい竹の子は「子」ではなくてもう「青年」ですよね。竹の子ではなく竹の青年を食べることになります(シギャピーッ、ニコニコ)。それだけ筍の水分は大事なんです。
そう考えてみるとお店で売っている筍は掘ってから何日経っているか分からないですよねえ。その日に掘ったものもおそらくあるんでしょうが…。それは信用して買うことになりますよね。それも出始めの頃はかなり高いとのこと。好きな人は多少かたくても「旬・季節を味会う」ということで割り切っているんでしょうが。私はかたいヤツはダメです。ましてや高いとなるとそこまでして食べる必要はないと思ってしまいます。先日は知人から筍をもらいましたが、これがかたいんです。話によると二日前に掘ったものらしいんです。おそらくかたいんだろうと思いながらも「せっかくのことだから」と、とりあえずもらったそうです。あまりにもかたいので私は「パス」してしまいました。よってあげる方もそこら辺りを気遣って勧めるべきです。我が家はもしあげるとしたら「その日の内に湯がいてから」あげているようです。まあそれは数が少ない時の話ですが。掘ったまんまあげた方が見栄えがしていいという意見もありますが…。もらってもかたかったら気分が悪いし。そこはよーく考えてからあげた方が良さそうですよね。
お陰さまで我が家はそれはそれはやわらかい筍を毎年食べることが出来ます。これは普通のことではなく、とても幸せなことなんです。まさに実家に感謝ですよね。ずっと前から竹林の手入れをしてくれていた亡くなったばあちゃんにも感謝です。いつまでも美味しい筍が食べられることを願うばかりです(ニコニコ)。


スポンサーサイト
未分類 | 10:48:55 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
いやー、やわらかい筍はサイコーですね。私も好きで、以前は学校の周りでとれたものを、一日遅れで戴いておりました。最近は、農協の道の駅で買って、自分でゆでていましたが、今わゆでてあるものを買って、味付けも自分でやっております。
 今日は「きくちのまんま」という菊池の農協に筍を買に行こうと思います。もう頭の中にイメージが広がっています。楽しみです!
2010-04-28 水 09:07:09 | URL | giyuusan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad