■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「今年もよろぴく」
     「今年もよろぴく」
今年初アップです。かなり遅くなってしまいましたが、皆さん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお付き合いくださいませ。
さて私のお正月ですが、恒例となっている「実家へのご挨拶」に行っただけでした(毎年これだけです、ニコ)。おやじは独り暮らしをしているので、私たちの訪問を楽しみにしているんですね。おせちは最近流行の「高級食材を使った豪華なおせち」を取り寄せていました。いやいやさすがに美味しかったですねえ、こんなの食べたら口が脹れるよね(年に一度の贅沢です、ニコニコ)。と思いながらも、後のことを考えると私としてはどうしても腸のことが心配でして、かなり控え目に食べました。その代わり家内と子供達はグイグイと食っておりましたとさ(おいおい)。
おやじはこの取り寄せたおせちだけではなく、酢の物やきんぴらなどなど手作りの料理も用意していましてね。これが美味しいのなんのって…。いやあ、さすがというか実に立派なものでした(頭が下がります)。それにしても正月の独り暮らしというのはやはり寂しいですよねえ。おやじはそれについては何も言いませんが…。やはりそうですよね。「どげんかせんといかん」といつも思うだけでなかなか具体的に話が進みません(親不孝しております、しょぼしょぼ)。
昨年の末に映画「武士の一分」がテレビで放送されていました。私はたまたまそれを見つけまして、これもたまたま副音声に切り換えてみたんです。そしたらナント「解説」が付いているではないですか。「まさか」と思いしばらく聴いていたらやはり「解説」でした。NHKであればそう思わないんですが、民放でというのには驚きましたねえ。私はDVDになった時にレンタルで一度観ました。それは当然「解説」は付いていません。とりあえず観てみましたといった感じだったんですが、今回はその数倍も楽しめましてね。夫婦が食事する場面では、「お湯をくれ」と言った後のちょっとした動作に解説が付いていましたので、それはそれはとても良く分かりました。また終盤の決闘する場面では、それぞれの動きに解説が付いていたので「そうかあ、そんな動きしてたのかあ」と詳細部分まで想像することが出来ました。お陰さまで「観たあ!」と満足感がかなり違いましたね。そしてその夜はぐっすり眠りましたとさ(ニコ)。
今後はすべてのテレビ番組(特にドラマや映画)に「音声による解説」や「字幕」が当然のように付いた「UD」になる時代が一日も早く来ることを願うばかりです(関係者のみなさーん、よろしくね!)。







スポンサーサイト


未分類 | 11:13:29 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
九日に、同窓会がありました。
 毎年の恒例行事ですが、話の内容が身体の事、親のこと、そして自分たちの将来のことに、ついなってしまいます。
 私はもう両親はいませんが、まだ98歳・96歳と高齢の親を面倒みている者もおり、しんみりしてしまったりもしました。
 また、せめて連れ合いや子供たちに、迷惑をかけないようにせにゃーいかんなーで終わりました。
2010-01-10 日 21:19:52 | URL | giyuusan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad