■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
訪問リハ日記 その69 「腰痛には ようつうい!(ニコ) です」

訪問リハ日記 その69 「腰痛には ようつうい!(ニコ) です」
突然の寒さは一段落したようです。今シーズン最初の寒気が入って来ていたそうですが、とにかく「突然」というのはいけません。身体に自然と力が入ってしまいかたくなります。普通でも動きが悪いのに益々重くなってどうしようもないといった感じになります。こういった時のリハには気をつけなければいけません。実は前回のリハの時に腰を痛めてしまいましてね。踏み込み運動をやった時、右足を踏み込んだ瞬間、支えていた左足に変な力が入ってしまいまして「ピクピクッ」といった状態になりました。何とか踏み込みは終わりまして、次の車椅子からの立ち上がり運動に移りました。その第1回目に左の腰に突然「アイタタター」と痛みが走りましてね。その時点でリハは止めて結局終了することにしました。その後痛みは益々強くなりまして、トイレでの立ち上がり時に「おっとっとっと、腰が上がらないよう!」というほどの激痛となりました。「こりゃヤバイよ、こじらせたら大変」とそれから5日間ほどは湿布をはりましてひたすら「安静」にしておりました(トホホ)。
時間通りTさん到着。一週間ぶりのリハです。「どうですか?」とTさんも心配そうに声をかけてくれました。ベッドで両ひざを立ててゆっくり左右によじるだけの運動で5日間過ごして「安静」を続けていたのでほとんど痛みはなくなりました。でも今日からのリハの再開はちょっと怖いような気分です。早速踏み込み運動です。「これでピクッと来たんだったよね。ここは慎重にやらないと」といつになく緊張してしまいました。右足を一歩前に出す時に着地するまでTさんに足を持ってガイドしてもらいました。その方が支えている左足に加わる時間が短くなって、左の腰に負担がかからないんです。ガイドがなかったらまさに「おそるおそる」といった感じで右足を出すことになります。やはり目が見えないので「その一歩」が怖いんですよね。踏み出した右足が左側に寄り過ぎたらヒザが横に倒れてしまうし、逆に右側に行った場合は股だけが大きく開いて体重が乗らないんです。それと踏み台はA4サイズほどですので横に行き過ぎると台から落ちてしまうこともあるんです。そんなこんなで「一歩」にとても集中するんですよね。大げさですが「たかが一歩、されど一歩」  なんです。よって右足のガイドは大変助かるわけです。お陰さまで今回はかなりスムーズに踏み込み運動が出来ました(これに早く気付くべきだったよねえ、しょぼしょぼ)。踏み込み運動は特に痛みもなく無事終了しました。さて次は痛みの出た車椅子からの立ち上がり運動です。踏み込み運動がうまく行ったのでおそらく大丈夫だろうとは思いましたがやはりちと不安でしてね。一回目は慎重でした。腰に負担がかからないように、頭をグッと前に深く曲げてお尻を浮かし、重心が両足に十分乗ってからゆっくりと立ち上がりました。姿勢が中途半端な状態で立ち上がるとどうしても腰に変な力が入ってしまい無理やり立ち上がるということになりますよね。「ようし!」、痛みはなくうまく立ち上がれましたよ(ニコ)。二回目以降もゆっくりゆっくりやって、20回で終了しました(フーッ、やれやれ)。
いつもやっている動作でも、体調がほんのちょっとだけ悪ければ「痛い目」に遭います。それをいつも頭に入れて動くようにすればトラブルは防げます。今回も分かっていたつもりだったんですが…、やってしまいました。「調子 に乗らず慎重に…」というのが今回の教訓です(これポイント、テストに出ます、ニコ)。

スポンサーサイト


未分類 | 11:35:26 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
大事に至らず、良くなってほんとによかった。
 かっての、ぎっくり腰を思い出してしまいました。あの痛さは、やった者しか分かりません。しかも、これは癖になり、ちょっとしたはずみでおこります。アイタタタ!となったら、すぐ冷やすのが原則だそうです。
 寒さで身体がちじこまっています、くれぐれも慎重に行動して下さい。
 
2009-12-28 月 20:29:09 | URL | giyuusan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad