■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
足首がピクリ、動いたんです!。
待ちに待ったリハビリ(?、ニコ)もとりあえず始まりました。さて話はちょっと以前に戻りますが、私は当初個室に入っていましてね。ICUからやっと脱出(ニコ)した時、右半身マヒに加えて両目の視力も完全に失ってしまった私の状態を診た主治医は「このまま大部屋ではまだ無理だろう」と個室に入れてくれたようです。正直この配慮は有り難かったですねえ。これでいきなり他の患者さんと接触してもうまくコミュニケーション出来るかと私はまずそれを心配していたんです。まあそれは主治医も家族も同じ思いだったようでホッとしたわけです。以前にもお話ししたようにその当時の私は奇跡的にしゃべれるようにはなっていましたが、声はかすれていてとても会話出来るような状況ではなかったんです。そして自分の身体の状態についてやっと理解出来始めたところでしてね。特に目が見えなくなってしまったことはそれはそれはショックでしたね。そんな状態にこれでもかと落ち込んだ私は精神的にもかなり不安定だったようです。よって個室というのは大正解だったわけです。
個室に移ってからは人目を気にすることがないのでよく泣きましたね(ニコ)。特に夜一人になった時は激しかったようです(オイオイ)。でも昼間家内がそばに居る時には我慢していたつもりです(ちょっとは泣きました、ごめんなさい)。部屋にはラジカセを家内が持って来てくれていました。ラジオでも聴いて気晴らししてという家内の心遣いだったんですね。でも当初の私はまったく聴く気がしませんでした。当然のことですが聴こえて来るニュースやおしゃべりそして音楽はまさに坦々と流れているんです。私が泣くほどこんなにつらい思いをしているのに平気でよくそんな話するよねと、まったくわけの分からないことを真剣に考えていらついていたんです。何と言うのか、神経を逆なでされたような感じだったようです。今振り返ってみると実に馬鹿馬鹿しい話ですよね。自分の病について世間は知るわけないし例え知ったとしてもラジオから聞こえて来るわけがないのにねえ。そんなことをマジで考えて悩み、単純なことを無理やり複雑にしてしまうという何とも不思議な世界に私は居たんです(オイオイ)。そんな私は元気だった頃大好きでよく聴いていた曲でさえも聴く気になれなかったんです。
そんな状況の中でもリハビリは容赦なく始まりましてあっという間に1ヶ月ほど経った頃のお話です。せっかく持って来てくれていたラジカセもちとホコリが目立つようになっていたんではと思います。その日も朝から家内は私にマッサージしてくれていました。ふと思ったんです、音楽を聴いてみようと。家内はすぐにカセットテープをセットしてくれました。曲は昔私が好きだったものばかり集めて録音したヤツでした。聴きなじんだ曲が記憶通りの曲順で次々に出て来ましてね。しばらく聴いていたらまったく突然なんですがマヒしている右足に力が入るように思えたんです。私は右の足首に神経を集中させてグッと力を入れました。するとナントちょっとだけピクッと動いたそうです。それを見ていた家内は「良かったね」と蚊の鳴くようなちっちゃな声で言ってくれました。はっきり聞こえなかったのはきっと泣いていたんでしょうね。私も当然嬉しい気持ちでいっぱいでしたが、私以上に家内の喜びの方が遥かに大きかったようです。それはそうでしょう、病に倒れてから約2ヶ月というもの悪いことばかり続いていたわけで、良い知らせなどまったくなかったはずですからね。信じられないことばかりが続きあれよあれよという間に容態が悪化したらしく、廊下の長椅子で寝泊りしたことも何度となくあったそうです。だからこの足首が動いたというサプライズはほんのちょっとだけですがそれまでの苦労を忘れさせてくれる瞬間だったんでしょう。そしてこれからに希望を持たせてくれるような出来事でもあったんではと思います。半信半疑でとりあえず始めたリハビリでしたが、PTのM先生や学生さんであるTちゃんそしてOTのY先生の温かく熱心な指導で、私は知らず知らず少しずつやる気というものを起こしていたようです。本人にやる気が出て来ればもうしめたものです(ニコ)。私は真っ暗闇の中にまさにかすかな光を見た思いでした。


スポンサーサイト


未分類 | 14:24:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad