■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
訪問リハ日記 その44 「バチスタは良かったですよ」

訪問リハ日記 その44 「バチスタは良かったですよ」
年明けからとても寒いです。元日は何と雪でしたよ。寒いはずですな。寒い中時間通りY先生到着。今年初めてのY先生担当の日です。去年最後のY先生の担当の日は私が休んだので先生とは2週間ぶりです。「今年もよろしくお願いしますね」。早速リハです。ベッドでのストレッチと屈伸運動が終わると、手すりに移動して車椅子からの立ち上がりです。10回、3セットやりました。それから踏み込み運動を左右15回ずつやって終了しました。そろそろ20回に増やしてもいいよね。次回からにしましょう。先生はお正月に実家に帰ったそうです。「よく飲みましたよ」と満足そうです(ニコ)。DVDで「コロンボ」を観たらしい。コロンボかあ、懐かしいよね。確か小池朝雄さんだったよね、いい感じでした。一緒に観ていた子供さんが「フルハタの方がいい」と言ったそうです。ふるはたはコロンボを参考(パクリ?)にしているということを、子供さんは当然知らないよねえ。先生はここぞとばかり熱く語ってあげたらしいが…、小さい子供さんにはちと無理だよねえ。ただ単純に「ふるはた」の方がいいということでしょう。

私もお正月には「相棒」と「チーム・バチスタの栄光」をDVDで観ました。「相棒」は犯人追跡やアクションシーンが多く、視覚障害の私にとってはちと分かりにくい作品でした(残念です、シク)。一方「チーム・バチスタの栄光」は手術や会話シーンが多く、セリフがいっぱいなのでよーく内容が分かりました。こんな楽しめるとは思っていなかったので大満足してしまいました。欲を言うとDVDにも視覚障害者用に解説音声が入っていればと思うんですが…。「チーム・バチスタの栄光」をDVDで観た後、私はビブリオネットで原作を朗読で聴いています。それで気付いたんですが、調査する田口先生は原作では男性という設定なんですが、映画の方では女性に変わっていたんですね。何か意図があってのことなんでしょうが、映画の竹内結子さんの起用は「頼りなさ」を強調して返って良かったんじゃないかと思います。「映画は本当にいいですよねえ」(ニコニコ)。

スポンサーサイト


未分類 | 10:31:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad