■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
君に感謝です。
前回で理学療法士(PT)によるリハビリがとりあえず始まったことをお話ししましたよね。とりあえずと言ったのは理由があるんです。正直なところ私はやる気がなかったんです。動かすととにかく身体が痛いんです。右手はまるでドラエモンのように指をしっかりと握りしめていて、それを開こうとすると指の関節が痛いんです。また右の手足のすべての関節はこれまた固まっていて動かそうとすると痛いし、動くはずの左の手足もすっかり筋力がおとろえていて頼りなかったんです。よってリハビリはやっていてもやらされていると言った方が正解だったようです。こんなに痛いのに例えリハビリをやったとしてもこの身体が元の状態に戻るなんてとても考えられなかったんです。
そんな私がその時毎日かかさずやっていたことがあります。それはただひたすら泣いていたんです(恥ずかしいよねえ、ごめんなさい、ニコ)。これから身体は?・家族は?・仕事は?・生活は?などなどいくら考えても結論の出ない問題ばかりでもう泣くしかなかったんです。泣かないぞと心に決めていたにもかかわらずどうしても考えてしまい、結局また泣くわけです。よくもまあ涙が出るもんだと思いましたよ。心の弱さというものですかねえ、それを試されていたようにも思うんです。これはずっと後になって聞いた話ですが、「試練は耐えられる人に与えられる」らしいんです。今になってやっと理解出来たんですが、当時の私には心に余裕がなくそれを素直に聞く耳も持たなかったようです(修行がまだまだだよね、ニコ)。
入院直後から家内は2ヶ月に渡り会社を休職して私に付き添ってくれていました。家内はかなり辛かったと思います。一体これからどうなるのかおそらく思いは私と一緒だったはずです。一時私の容態が悪化した時には廊下の長椅子で寝泊りしていたそうです。そんな苦労もしらずに私は夢を見続けていたんでしょうね(トホホ)。家内の一日はこんな様子でした。朝8時には病室にやって来て私の朝食の介助。それから私の動かない右の手足を時間をかけてマッサージ。そうこうしていたらもう昼食となりまた介助。午後からは訓練室に連れて行ってリハビリに付き添い、夕食の介助を終えるとまたマッサージ。そして私を就寝体勢にさせて9時前やっと帰宅というスケジュールでした。本当に大変だったと思います。その上私の泣く姿を見るわけです。これは精神的にも肉体的にも疲れ果ててしまいますよね。まさに献身的な介護でした。家内が居なかったら私の今はないんです。そんな家内にここであらためて感謝の気持ちを表したいと思います。ちと恥ずかしいところもありますが、手紙の形で書きましたので読んでみて下さいませ(ニコ)。

     「君に感謝です」
 女性は強いよねえ。特に既婚で子供もいるとなるとかなり強力なものとなるようです。君もご多分にもれず約13年前のある日から突然たくましい女性となりました。何か心に決めたことがあるのか、とにかく前へ前へと進み出したことを私はしっかりと覚えています。それまでの君はちょっと天然チックでのんびりしていて、外見も細身というところからとても強いという印象ではなかったよね。しかし君は変わりました。それは変えざるを得なかったんだよね。原因はこの私の突然の病。病は私から身体の自由と両目の光を完全に奪い取りました。私は泣いたよね。私の身体は?、仕事は?、生活は?とすぐには答の見つからない問題ばかりが次から次に出て来て悩ませました。そして君の夫として、まだ幼かった二人の子供達の父親として、何もしてあげられない自分がとにかくなさけなくて悔しい気持ちでいっぱいだったのです。「神様なんて居ないんだ!」とやけっぱちになって毎日よく泣いたよね。そんな時君は強い女性へと変身したのです。君としては私のそんな姿は見たくもなかったでしょうね。
 「奥さんは別れるとよく言わなかったよなあ」と冗談を言うリハビリ仲間の言葉には明るく笑って見せたりしたんだよ。しかしワイドショーなどでよく耳にする世間の離婚話についてマジで考えたりして、正直「もしかしたら?」という思いもちょっとだけあったことをここで白状します。子供達のことも心配でした。明るく元気で素直に成長してほしいとただそれだけを願っていたのです。しかし子供達の存在自体が私に大きな力を与えてくれたよね。君も知っているように今までとまったく変わらない私への対応は、失いかけていた彼らの父親であるという自信を私に取り戻させてくれました。そして私と生活を供にすることで子供達が何かを感じて何かを始めてくれたらと思っていたのですが、それは今ゆっくりと動き出しているようです。それも君のお陰です。とにかく私は救われました。君は強くたくましい女性へと変身しましたが、それ以上に優しい思いやりのある妻そして母親へと進化したのです。早いものであれから13年、毎日私の着替えや入浴などの介助をごく普通に坦々とこなしてくれているよね。「ありがとう」と言う私の言葉には何も反応はないけれど、その空気からきっと顔はニッコリしているだろうと私は勝手に想像しています。障害者としての生活をまさに自然に当たり前のように共に過ごしてくれている君にここであらためて感謝します、「ありがとう」。そして神様に謝罪します。「私の神様はすぐ近くに居ました」。

 
スポンサーサイト


未分類 | 15:36:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad