■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「今年もよろしくお願いします」
     「今年もよろしくお願いします」
明けまして、お・メエエー・でとうございます(未年ということでちょっと鳴いてみました、ニコ)。本年もよろしくお願いします。九州・熊本でも元旦から小雪が舞っていたようで、サムガリータの私としてはちょっとブルッてしまいました(ブルブル)。というわけで寒い中、最近お出かけしたお話です。

まず昨年の12月の中頃に居酒屋さんに行った話です。息子にポーナスが出たということで、「何かご馳走するよ」ということになりました。そこで「居酒屋はどう?」と尋ねる息子。話によると車椅子でも行ける居酒屋さんがあるとのこと。「えっ本当に?、そんな所あるんだったら行ってみたいよねえ、久しぶりだし…」と私。数日後、夕方6時に予約していた居酒屋さんへ到着。そこは席がほとんど個室になっているそうです。でも仕切りは完全なものではないそうで、近くの部屋からの話声はある程度聞こえて来ます。私としては居酒屋なんてまさに久しぶりでした。そう私がまだ元気だった頃に行ったきりですから、二十数年ぶりですよね。早速息子が注文。その注文した品々は以前から私が知っている物とはかなり違いましてね。私としてはまず揚げ出し豆腐・ほっけ・ツナサラダとかと言いたかったんですが…。とりあえず伝えました。そして出て来た料理はすべてが「シャレ・オツ!」。「これ食べてみて!」と息子が言うのでおそるおそる食べてみるとそれは揚げ出し豆腐にマヨネーズとたこ焼きソースがかかっている感じ!。品名は忘れましたがそれはまさに揚げ出し豆腐でした。まあこれはこれで美味しかったですが…。おじさんとしては普通?の揚げ出し豆腐で良かったんですけど。まあ注文すれば出ては来たんでしょうが…。その他の品々もほとんどがチーズなど使ったとても「シャレ・オツ」な物ばかり。おそらく創作料理ということでしょうね。サイズも一口で食べられるように工夫されているようです。これはまさに女性をターゲットにしていると思える品々でした。要するに酒のつまみですよねえ。その通り、家内と娘は「とりあえず生ビールと酎ハイ」、それからワインと変わりましてそれはグビグビといただいておりました(シギャピーッ!)。対する男性陣はというと私はウーロン茶、そして息子は運転がありましたのでアルコールは無しでジュースでした。そうそう私のウーロン茶ですが、ビール用の大ジョッキーに入れてありましてね。「重いよ、気をつけてよね」と言う娘に「大丈夫!」と持ってはみましたが、正直言ってやはりかなり重かったです。翌日左手と肩が見事に筋肉痛となりましたとさ(トホホ)。アッという間の2時間でした。いやー、楽しかったです。時期が時期なだけに周りは忘年会真っ盛り!。私たちもとてもいい忘年会になりました。「来年も行こうね」とみんなすでに心に決めた一夜でした。

さて話は変わりまして、今年実家に新年の挨拶に行った話です。いつもはおやじ独りの静かなお正月なんですが、今年は昨年帰って来た兄貴夫婦が一緒なのでかなり賑やかなお正月でした。昨年と違う点がもう一つ、それは準備してあった料理が中華料理だったんです。ここ数年はお取り寄せした豪華なお節がデーンと準備してありましてね。それは高価な材料を使っためずらしい料理ばかりでして私たちとしては大喜びだったんです。それがいろんな事情で今年は中華料理となったようです。私としてはその豪華なお節を前にしての息子による料理の説明(添付してあるお品書きを読んで)「それじゃ説明しよう!」と妙にあらたまった口調で説明してくれる声が聞けないのは少し寂しかったんですが…。でも中華料理も美味しかったです。おやじはいい意味でマイペースでやっているようです。言いたいことはいろいろとあるようですが、それはあえて言わず行動で示すといった感じのようです。兄貴は以前にも話したように、「アルコールは飲まないが場はきっちり盛り上げる!」といったタイプ。まさに太鼓持ち的な存在でして酒席には欠かせないといった感じの人です(ニコ)。この日も徐々にエンジンがかかって来まして、きっちり楽しませてくれました。兄弟といってもかなり違うものですよね。私としてはちとうらやましく思えるほどです(ニコ)。まあ兄貴としてはその場が暗いというのが嫌なんでしょうね。よってごく自然にその場を明るくしようと頑張るんですね。それは「気遣い」ということなんでしょう。これはやはり一つの才能です。兄貴は「いいものを持ってる!」ヤツです。それと姉さんは会う度に明るくなっているようで一安心です。還暦を過ぎてから突然花の都からこんな田舎にやって来たんです。その決心・覚悟というものは私たち田舎者からはとても想像出来ないものがあるでしょう。あれから約一年、こちらの生活にどうにか慣れて来たといったところでしょう。これから益々明るくなることを願います。

今年がみんなにとって幸せな一年になりますように!!。



スポンサーサイト
未分類 | 14:13:36 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad