■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「命拾いした、iPad君」
     「命拾いした、iPad君」
我が家のiPad君の調子が突然悪くなってしまいました!。彼は最近家内の大のお気に入りでしてね。時間があればいつも彼を触って、いやいじって、いや「操作」しまくっておりました(ニコ)。どうして彼はご機嫌ななめなのか?。今まで支持された通りただ忠実に動いていたのに…、こんな反逆的な態度は初めてだったようです。とにかくご機嫌が突然悪くなってしまったので家内はそれはそれは「大パニック!」。家内のご機嫌も当然悪くなるわけでして、その反動は私にも十分すぎるほどビシバシと伝わって来るんです(ドキドキ)。
トラブルのいきさつはこうだったようです。家内は頭の体操には文章を「速聴」で聴くのがとてもいいという話を聞いたそうです。それだったらiPad君の中に視覚障碍者も使えるようにと用意してあるのが「ボイスオーバー」。そこでその「ボイスオーバー」とやらの設定を早速オンしたとのこと。その瞬間、画面はいきなり真っ暗となったそうです。ヒエエー、何が起きたの?、と家内は大混乱!。いろいろと触っていると音声だけは聞こえている様子。とりあえず元の状態に戻そうと家内は悪戦苦闘。そして息子のパソコンを使ってその方法を捜したそうです。息子にも連絡したらしく家内は大騒動。息子の話によると「まずパソコンとiPadを接続して、その後パソコン内にあるiTunesを立ち上げて…、それでいけるだろう」ということだっったようです。「じゃ息子にやってもらおう!」と思った家内でしたが、肝腎の息子は残業で帰りは遅いんです。もう一刻も待てない家内は、次の手としてすぐに娘を呼んで依頼したのでした。自分でやろうという考えはなぜかなかったようです。おそらくパソコンの操作にはiPad君ほど自信がなかったのかも?、ですよね。
早速取りかかった娘にあれやこれやと細かく指示する家内。「なかなかやるよね、かなりテクってるよね」と感心する私。そして「そこそこ、それをクリック!」と家内。すると iPad君は見事「復活」したのでした(パチパチパチ)。
「いやー、命拾いしました。一時はどうなることかと…、フーッ!」としみじみ語るiPad君。そうなんです、パニクってる途中家内は「思い切って買い換えようかな!」なーんてことを口走っていたのでした(シギャピーッ)。ということで一件落着。家内の精神状態もやっと落ち着いたようです。一体どうしてあんな状態になったのか?。「おそらくボイスオーバーの設定をオンにした時、他のスイッチも入れてしまったんじゃ?」と家内は申しておりますが…。再度ボイスオーバーを設定してテストしてみる勇気はさすがになさそうです。しかしiPad君への思い入れはすごいものです。もはやiPad君なしでは生きていけないかも…。私としては益々影が薄くなるばかりです(トホホのホ)。




スポンサーサイト
未分類 | 15:23:21 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad