■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「よろずやさん、大満足のお寿司屋さんです」
     「よろずやさん、大満足のお寿司屋さんです」
早速猛暑が続いております。ボーッとしていたらあの世に旅立ってしまいそうな暑さですよねえ。とにかく水分を十分摂って気合を入れて過ごしましょう(フーッ)。

さて大好きなにぎり寿司を食べにお寿司屋さんに行って来ました。行き先は、熊本・天草・竜ヶ岳にある「よろずや」さんです。1ヶ月ほど前に娘が先輩に連れて行ってもらったそうで、とにかくにぎり寿司がうまい!とのことでした。天草近海でとれた新鮮な魚を安く食べさせてくれるそうです。にぎり寿司について「うまい」などとめったに言わない娘がめずらしく熱く語っているので、「それだったら行かないとね、いやぜったい行くべき!」となった次第です。

そして先日ついに天草行きを決行しました。竜ヶ岳という町には今まで行ったことがなかったんですが、娘の話では我が家から1時間半ほどだろうとのこと。「それだったらまあいいか」と気楽に出かけたんですが…。実際には約2時間かかってしまいましてね。予約していた時間寸前にやっと到着(疲れましたよ、ヘロヘロ)。よろよろと車椅子に乗り移っていざ店内へ。「こんにちは、おじゃまします」と言いながら、おかみさんに案内されてカウンター席へ。するとすぐに「どうぞ」と大将の低い声。メニューは「にぎり・おまかせセット」のみ。この「にぎり寿司セット(鯛の味噌汁付き)」が売りなんです。。鯛、いか、えび、つぶ貝?、サーモン、穴子、数の子などなど、次々と出て来まして…。合計10貫ほどは出たでしょう。私たちとしては出たにぎりを次々と口の中へ入れるだけでして、時々「うまいねえ!」と感嘆の声。食べ終わったら「ウーン」とお腹いっぱいで大満足でした(ニコ)。特にここ竜ヶ岳で有名な鯛はネタの一切れがとても大きくてぶ厚いんです。それはそれはプリプリしていて甘いんです。よって一口ではちょっと無理なので1貫を二つに切ってあったそうです。但し私の分は三つに切ってありました。これは大将の私に対する気遣いだったようです(やさしかばい!)。

食べログ情報によると、予約して行った方がいいとのこと。ネタがなくなっッ田時点で営業は終わり、店を閉めるそうです。大将は無口でいかにも職人といった雰囲気。なるほど私が聞いた大将の声は、「いらっしゃいませ、どうぞ、ありがとうございました」の三つでした。仕事中も静かでして、おそらく黙々とにぎっていたのでしょう。黙々とにぎった寿司をお客は黙々と食べる、これがよろずやさんのスタイルのようです(ニコ)。

ちなみにこのセット料金は1600円、それでこのクオリティー、いやいや感動しました(パチパチパチ)。普通回転寿司屋に行ってもこれくらいの料金はかかります。それを考えたら、かなりのお得感がありますよね。約2時間かけても(往復4時間です)食べに行くか、そこら辺りがちと迷うところですが…。とにかく新鮮さとうまさはピカ一です。


スポンサーサイト
未分類 | 10:13:33 | Trackback(0) | Comments(0)
「台風来襲、いやー 準備は大変でーす」
     「台風来襲、いやー 準備は大変でーす」
かなりかなり警戒していた台風8号は、私の住む熊本にはほとんど被害もなく過ぎ去ってしまいました。「今までとは違う!」という情報をかなり前から聞き、準備万端で待っていたわけでして、そのアッという間に・静かに過ぎ去った姿はまさに潔い・あっぱれ!と言ってもいいくらいでしたよ(ニコ)。まあ今回は偶然にいいタイミングで偏西風や海水温などいろんな条件が重なったようでまさに「奇跡!・ついていた!」のです。やはり準備万端ととのえて、というのが良かったようです。被害が出なかったのが一番です。油断していると痛い目に遭いますからね。今回は本当にラッキーでした。

そんな台風をいざ迎えようとしていた時、我が家ではいつもの騒動が起きました。それは「懐中電灯騒動」です。停電になったら困るので懐中電灯は必ず準備しておく物です。そこで我が家でも早速準備にかかりました。以下はじいちゃんと孫との会話です。

「電池を買って来てくれ」とじいちゃん。「それは懐中電灯のことだろ?」と孫。我が家の年寄りは懐中電灯のことを電池と呼ぶ悪いクセがあるんです。数年前の台風来襲時にも同じやり取りがあり、その時はそれを知らずそのまま電池を買って来たことがありました。電池を見たばあちゃんは「そりゃ電池じゃなかたい!」と文句を言っているんです。「それじゃ、本当の電池のことは何と呼ぶの?」と孫。するとばあちゃんは「そりゃ身たい!」と実にあっさり答えてしまいました。それは中身ということで「身」だったんでしょうね(シギャピーッ!、ニコ)。そして今回のじいちゃんの要望は一体本体なのか電池なのか?。「もしかして懐中電灯本体のことだろ?」と再度の孫の問いに「だから電池たい!」とじいちゃんは申したそうです(ダメだこりゃ!、ニコニコ)。

やはり正解は懐中電灯本体だったようです。そして買って来たのは「LEDタイプの懐中電灯。さすがにLEDはかなり明るいそうです。その上省エネで長持ち、いい時代となりました(ニコ)。


未分類 | 10:32:17 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad