■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「半沢直樹、気分爽快なドラマでした」
     「半沢直樹、気分爽快なドラマでした」
TBSテレビの「半沢直樹」がついに終わってしまいました。私も毎週欠かさず観ていたのでとても寂しいかぎりです(シク)。初回から面白さはかなりのものでして、第2回目以降からは毎回それは・それは楽しみにして待っていました。最終回の視聴率はナント42.2パーセント!、これは大したものですよまったく(パチパチパチ)。


テレビドラマ「半沢直樹」の高視聴率の裏にはそれを支えるいくつかのポイントがあったと思います。まずは原作の良さです。池井戸・潤さんの「半沢直樹」シリーズは三つあるようです。但し私が読んだのはその中で当時の最新作であった「ロスジェネの逆襲」だけですが…。内容は当初かなり抑圧されて・されて・されて、最後に一気に大逆転するといったパターンでして、ハラハラ・ドキドキの連続です。原作は銀行という庶民にはあまり馴染みのない世界のお話でして、難しい金融の専門用語などが出て来ますが、それはある程度すっ飛ばしてもいいと思います。それよりもストーリーの展開の面白さの方が気になって…、といった具合になります。それほど池井戸さんの本は魅力的なんです。


次のポイントはやはり役者さんたちの演技力ですよねえ。主演の堺・雅人は半沢役がきっちりはまっってしまったようで今後も大いに期待できます。それから嫌味たっぷりの上司を演じた脇役たちですよね。みんな個性的でして、大熱演でストーリーを盛り上げてくれました(特に金融庁の査察官のお姐キャラを演じた片岡愛之助さんは強烈でしたよ、パチパチパチ)。


演出のうまさも光りました。大阪が舞台の時、怒った上司が机をバンバン叩くといったシーンがありましたが、あの音は緊張感をかなり高めてくれました。それと
上司たちとの闘いだけでもドキドキで緊張するのに、横から金融庁の査察というプレッシャーまで絡めてといった展開は、一層緊張感を高めてくれまして、まさにスリリングでした。


それと半沢直樹の奥さん役を演じた上戸・彩の「はなちゃんは、かなり明るい」役柄設定となっていましたよね。まったくノー天気的なおしゃべりは家庭に戻った夫をホッとさせるわけでして、とても好印象でした。それは半沢の外で見せる顔(対・上司)と、家庭ではなちゃんに見せる顔との大きなギャップにつながって、彼のいい性格をよーく表しているように思いました。

池井戸さんの本を初めて読んだのは「下町ロケット」でした。この本はとにかく「読みやすい」んです。ストーリーはやはりハラハラ・ドキドキの連続でして、読み終えてかなり満足したといった印象でした。読み終えてから池井戸さんの当時の最新作はと思いまして捜してみたら、出て来たのが「ロスジェネの逆襲」だったんです。主人公は東京セントラル証券に勤める半沢直樹。そう、最終回に出向先となった会社です。そこでまたまた半沢の活躍となるわけです。高視聴率、そして出向先が東京セントラル証券となるとこれはもう続編として「ロスジェネの逆襲」を作るしかないでしょう!。

半沢直樹は水戸黄門を観ているような感じがします。最後には大逆転することをみんな期待しているし、そうなります。さすがに印籠は出て来ませんが、その代わり「倍返しだ!」といった名セリフはありますよね(ニコ)。サラリーマンとしてはこんな悪い上司に反抗して「ガツン!」と一発やってみたいという思いはみんなきっとあることでしょう(本当にやったら、即刻クビ!でしょうが、ニコ)。そんなあこがれ・願望が高視聴率を記録した要因なのかも知れませんね。
とにかく続編を期待しております。


スポンサーサイト
未分類 | 14:12:16 | Trackback(0) | Comments(1)
「うなぎちゃん、こんにちは」
     「うなぎちゃん、こんにちは」
暑い暑いと嘆いていたら、と・と・突然涼しくなりまして「おいおい、一体どうなってるんだ?」とびっくらこいております。ひ弱な私と?しては身体がついていけませーん(トホホノホ)。といっても涼しいのは早朝だけでして、昼間の気温はしっかり30度を超えておりますからもう大変…(ヘロヘロ)。

突然涼しくなったのは大雨の後からだと思います。その大雨の降った日に私たちは「うなぎ」を食べにうなぎ屋さんとやらに出かけていました。息子にボーナスが出たそうで、私たちにご馳走してくれたわけです。うなぎ屋さんに行くのはみんな初めてでした。私は50年以上生きて来て初めてのうなぎ屋さん行きでした(ニコ)。一緒に行った家内と息子、そして私の実家のおやじも生まれて初めての経験だったそうです。正直なところ、私はうなぎというのはあまり得意な方ではありません。出されて食べないわけではないんですが、好んで食べるといった感じではないんです。よって今まではスーパーなどお店で売っている普通のうなぎを食べていました。ここ数年そのうなぎの値段が上がって来ているといった話は、そんな私でも当然聞いて知ってはいました。いつも食べるわけではないし、売ってあるうなぎちゃんが高いのであれば、きっと高いはずのうなぎ屋さんの「うなぎちゃん」を食べた方がまだいいのでは…、となったしだいです。お店のは味もいいだろうし、どうせ食べるのであればやはり「うなぎ屋さん」だよねえということでした(単純なヤツ!、すみません)。早速うなぎ屋さんに電話。この時期は予約は出来ないということでして、夕方早い時間帯であれば空いているという返事でした。当然車椅子でもいいとのことでして、ついにうなぎ屋さん行きを決定しました(ワクワク)。

そして当日の夕方5時頃にうなぎ屋さんに到着。席に案内されて早速注文。私はうな丼、家内とおやじはせいろ蒸し、息子はうな重を注文しました。それぞれ3000円ほどだったそうです(但しせいろ蒸しは200円アップ)。しばらくしてやって来ましたよ、うなぎちゃんたちが!。私はフォークとスプーンを借りましていざうな丼へ。フォークを使ってまずうなぎちゃんをそっと刺して口へ。その身は厚くとてもやわらかいんです。「うまい!!」と私はその一口で大感激してしまいました。うなぎちゃんの後はご飯だよねと、ご飯をフォークでと思ったらナントまたうなぎちゃんが…。仕方ないのでまた食べてしまいました(ニコ)。どうしてもご飯が食べたくてそこら辺りをかき込んだらほんの少しだけご飯にありつけました。それからまたうなぎちゃんへ。それを見ていた息子が「うなぎがなくなるよ。後はご飯だけになってしまうよ」と心配してくれましてね。うなぎちゃんの連続食いは私としてもかなり不本意なのです。そうですよね、うなぎちゃんの下にご飯があるわけです。よってうなぎちゃんにちょっと横に移動していただいてその下のご飯をグッと…。というのをやりたかったんです。そこで「ご飯を食べたいよう!」と家内へ。家内はスプーンと取り換えてくれてご飯の位置を教えてくれました。それでやっとご飯をしっかりと口に入れることが出来ましたとさ(ヤッホーッ!)。本当に手がかかるヤツですよねえ。食べたいヤツをピンポイントで捕えて…、というごく普通の動作が出来ないことはよーくわかっていたつもりだったんですが…。あらためてその辛さと悔しい気持ちがグッとこみ上げて来ましたよ(こんなところで実感するなよ!、ニコ)。

うなぎちゃんは4切れ乗っていたそうです。私は最初にこのうなぎちゃんをほとんど食べてしまっていたので、その後は汁のかかったご飯を食べることになりました。しかししかし!、この汁かけご飯はとても美味しいんです。汁の味がかなり良く、これだったら汁だけかけてもらって「ご飯のおかわり!」と思わず言いたくなりましたよ(ニコニコ)。
食事が終わる頃にはやはりお客さんがかなり入って来たようです。その中には小さい子供もいたようです。注文する声が聞こえまして「お子さまランチを一つ」と言っていました。「そうかあ、お子さまランチもあるのかあ。うなぎちゃんはどういったスタイルなのかなあ?、まさかうなぎちゃんの上に旗が立っていたりして…」などと私は要らん世話をしておりました(ニコニコ)。

「ごちそうさま、それじゃ帰ろうか」と玄関に行ったらナント外は雷雨!!。少し待ったら小雨になるだろうと待つことにしましたが、なかなか小雨にはなりません。よって強引に車に乗り込むことにしましたがそれは想像以上に服はビッショリになりましたとさ(ヒェーッ!)。車のエアコンの風でヒヤヒヤと感じながら、「次はひつまぶしにしよう!」なーんて、味を知った私はもう次回のことを勝手に考えておりましたよ。「だって、食べやすいんだもん」(ニコ)。








未分類 | 13:52:44 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad