■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「みんな一生懸命なんです」
     「みんな一生懸命なんです」
東日本大震災、伝えられる被災者の方々の避難所での生活は「大変!」の一言です。それとかなりつらいはずなのに「支援に感謝します」とおっしゃる姿にはただ頭が下がります。私も早速義援金に協力させてもらいました。これは一回切りではなく長い期間やり続けなければと思っています。
それと福島の原発も実に悩ましい問題ですよね。ここが落ち着かないことには復興も進みません。危険をかえりみず最前線で作業されている関係者の方々にはただ感謝するばかりです。家族の思いを考えると、やはりつらいですよね。日本のために本当に頑張ってほしいです。
それでテレビでの報道について一言。食料などがまだ行き渡っていないとのことでそこを訪ねたリポーターが「今何が必要ですか?」と被災者に質問している場面が放送されていました。被災者は「○○です」と答えます。そこでリポーターは「そうですか」と言って「ありがとうございました」と終わりますよね。私が気になるのはその後どうしたのか?どうなったのか?です。それを担当する自治体に連絡するのは当然ですが、その後のフォローもしっかりやってもらいたいのですが…。わざわざ訪ねて行って質問ばかりで終わってしまうのではあまりにもなさけないですよね。それとせっかく行くのであればいくらかの食料など持って行っているんですかね。気になるところです。
それとニュース番組はゲストとして原発に詳しい大学の教授などその道の専門家を招いて解説をやってもらっていますよね。放射性物質について「心配は要らないレベル」と官房長官が記者会見で正式に発表しているのに、必要以上の説明をして、聞いている方に余計な心配を与えてしまう解説者がいます。こちらとしてはそれがいいのか悪いのかです。それさえはっきり言ってもらえばいいわけです。しゃべり過ぎの解説は要りません。
それから色んな記者会見がありますが、出席している記者の中にはちょっとした言い方の間違いに鋭く反応して激しく突っ込む記者がいます。それは正確さを追求してのことでしょうが、場合によっては「謝罪するべき」としつこく言っている人がいますよね。記者も一生懸命なのはよく分かります。発表する方も当然そうです。記者はもし間違いだろうと感じた時には「そこはこういった意味ですよね」ともう少し穏やかに言えないものかと思うのですが…。聞いていて不愉快になります。言葉尻をとらえて揚げ足を取るようなやり方は恥ずかしいです。そんなみみっちいことは止めましょう。今は日本最大の危機です。政府も国民も同じ方向を向き「一体化」で闘って行かなければならないと強く思います。
「頑張れ・東北そして日本!」




スポンサーサイト
未分類 | 10:40:16 | Trackback(0) | Comments(1)
「頑張れ・東北!」
     「頑張れ・東北!」
東北地方・太平洋沖地震、本当にビックリです。伝えられるニュースを聞くたびに気持ちが落ち込み言葉がありません。心が痛み涙するばかりです。一瞬にして家そしてそこに生活していた人々の命を奪ってしまった大津波。映画などで描かれたそのままの映像がそこにはあります。でもそれは実際に起きたものなんですよね。地元の人たちは津波の怖さは十分過ぎるほど分かっているのできっと避難訓練というものは以前からしっかりとやっていたはずです。しかし今回は予想をはるかに越えた想像以上のものが来たんでしょう。「怖い」の一言です。
私は何も出来ません。毎日平和に暮らしていることを申し訳なく思います。それで僅かですが義援金はぜひ協力させていただきます。
今回の地震で被災された方々にはお見舞いと、亡くなられた方々には心からお悔やみを申し上げます。とにかく元気を出して、力強く復興されることを願っています。ずっと応援します、「頑張れ・東北!」。





未分類 | 17:27:29 | Trackback(0) | Comments(1)
「やっちまったよう!」
     「やっちまったよう!」
先週かなり暖かい日々が続きましたよね。昼間は20度を越えるような気温が続きまして、私としては有り難いかぎりです。こうなって来ると気分も良くなって「絶好調!」と行きたいところですが、そうはうまく行かないようです。
「ウーン、またやっちまったよう!」。そうなんです、腸さんのご機嫌がついに悪くなりましてお通じの調子も今一つといった状態になってしまいました。出てはいるんですがどうもすっきりしないんです。よって診察時にレントゲン検査をしたら、やはり状態がよろしくないということでしてね。早速「腸の動きを良くする」という点滴にまたお世話になることとなりました。
昨年末から今年の1月いっぱい続いた寒い寒い時期もお通じの調子はかなり良かったんです。そして2月に入ったらすぐにとても暖かい日が一週間ほど続きましたよね。よってこの冬は無事に過ごせるかも?、とかなり期待していたんですが…。ところが2月半ば辺りに突然また厳しい寒さに戻ってしまいました。この寒さで私はついにやられてしまったようです。それまで何とか耐えていた腸さんでしたが、この寒暖の揺さぶり攻撃に、たまらず「オー、マイ・ガッド」とギブアップしたようです(シク)。デリケート(単純にヒヨワだろ!)な私としてはやはり冬の寒さは最大の関門です。
点滴は結局一週間(計5回)やりました。一回に500ccを約2時間かけて入れます。その2時間はベッドで横になっているだけなので、か・・な・・り・退屈なんです。仕方ないのでついウトウトしてしまうわけです。すると徐々に腹が張って来てオシッコをしたくなります。500ccも入れると途中でどうしてもトイレに行きたくなるんです。それですぐに看護師さんを呼びまして、いざトイレへということになります。起き上がり装具と靴をはきまして車椅子に乗ってと、すべて気持ちは急いでやっているわけですが、何しろ点滴のチューブはあるしとにかく慎重になってしまいます。それで思ったほど急げていないんですね。タッ・タッ・タッとイメージとしては走っているんですが…、もう笑ってしまいます(ニコ)。
点滴用のスタンドも引き連れて看護師さんも大変です。気ばかり焦りながらもトイレにやっと到着。ここのトイレは身障者用がありまして、私は以前から何度も使っていて手すりの位置なども良く知っています。よっていつものように手すりを持ちながらゆっくりと便座にお尻を降ろしたんです。「アッ!」と私は悲鳴を上げました。その声に驚いた看護師さんは、私の右手がお尻の下に入って敷いてしまったんではと勘違いしたらしいんです。そして「あららっ、大丈夫?」と看護師さん。「つ・つ冷たい!」と私。そうなんです、便座の暖房が切れていて冷たかったんです。私としては当然便座は温かいものと思っていたので、余計にその冷たさを強く感じたのでしょう。「出るものも出ないよ。血圧も上がるよう!」と私。「すみませーん、いつも入っているんですけど…」。看護師さんの話によると、患者さんが入った後にボタンを押し間違えたんではという「言い訳」でした(しょぼ)。こんなトラブルがナント二日続いたんですよ。よって二日目には師長さんに「明日もありますから本当にお願いしますよ!」と強く申し入れておきました(我がままなヤツです、ごめんなさい)。そんなドタバタも点滴時のおまけとしてありましたとさ(ニコニコ)。
お陰さまでお通じはやっと元の状態に戻りつつあります。前々回のブログで最近お通じの調子がいいと言ったばかりでしたよね。「ほうら、言わんこっちゃない!」と誰かに言われそうですよね。私もちと反省しております。調子のいい時こそ言わずに、心の中でうなずいていた方がいいということです。それは以前から分かっていたことでして、決して調子に乗ってというわけでもないんですが…。まあやはりちょっとした油断だったんでしょうねえ。でも今年はここまでうまく行っていたわけですから、基本的にはこのやり方で間違いはなかったはずです。次の寒い時期には点滴のお世話にならないようにしたいものです。今年もこれから寒い時期はまだしばらくの間は続きそうです。油断せずに行きましょう(ちと心配です、小心者ですみません、ペコリ)。




未分類 | 15:50:49 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad