■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「九州新幹線、いよいよ開業です」
     「九州新幹線、いよいよ開業です」
寒いです(ブルブルブル)。毎日のように氷点下2~3度という朝の最低気温の日が続き、最高気温も5~6度とまるで冷蔵庫の中ですよね。これは九州ではありません。私も半世紀ほど生きていますがこんな冬は初めてです。寒い日が2~3日は続いてもその後はやや緩んで暖かい日が数日はありましたよね。それでホッと一息つけていたんです。そんなことが今年はないんです。どうなっているんですかこの寒さは!。体力に自信のない私としてはもうついて行けません。とにかく寒さが続くというのは困ります、反則ですよこれは。奉行所に訴えてやるう!、お奉行様、助けてけろっ!。
さて気分を変えて明るい話をしましょう。いよいよ九州新幹線が3月12日に開業します。後2ヶ月ですよね。この新幹線、実は我が家のすぐ近くを通っているんです。約50メートル離れた所に新幹線用の高架があります。私が記憶しているそこら辺りの光景はというと、我が家の前を通るまっすぐ伸びた道路のずっと向こうの方に、島原・雲仙の「普賢岳(字が違っていたらごめんなさい)」が見えていましてそれはそれは素晴らしいものでした。その山が高架が出来たのでもう見えないそうです。私はその方向に普賢岳が見えるなんて最初はちょっと信じられなかったんです。地図で確かめたらやはり間違いないんですね。それからは我が家に帰る時に正面に見える普賢岳の姿がとても良く「ええ眺めや」と感動していたものです。それがもう見えないなんて…(シク)。残念ですがまあ仕方ないですよねえ。
新幹線は今試走の真っ最中です。朝は8時頃から夜は12時近くまで走行試験をやっています。やはり騒音はかなりあります。当初はずっと向こうの方からやって来る地震かと思うような感じがしまして、「オッ、地震!」と身構えてしまったほどです。今はまだお客を乗せていないし、連結している車輌も少ない、ましてやスピードもまだフルではないのでこれくらいで済んでいるんでしょう。でもいざ本番となると騒音はより激しくなるんでしょうねえ。どれくらいになるのか分かりませんが…、ちと気になるところです。
さて新幹線というと5年ほど前に亡くなった家内のばあちゃんのことを思い出します。まだ元気だった頃に、数年後には新幹線が通るという話を聞いたばあちゃんは「それまでは生きて新幹線を見るぞ!」とかなり気合が入っておりました。そんなばあちゃんを見て「この勢いだったらそれまではきっと大丈夫!」と私たちは笑って話していたものです(ニコ。それからしばらくして部屋で転んだばあちゃんは大腿部を骨折して歩けなくなってしまいました。それからはすっかり弱りまして…。ばあちゃんが今生きていたら101歳です。念願だった新幹線がついに通ります。その走る姿を見て「わああー、美しかなあ!、速かなあ!」ときっと絶叫するはずです(ニコ)。ちなみにばあちゃんは96歳で亡くなったわけですが、やはり長生きでしたよねえ。その長生きの要因について考えてみたことがあります。まず負けん気が強い、そして食欲がいつもある、それからストレスを溜めないなどです。負けん気については元々気が強いんでしょう。とにかく同じ年齢くらいの人はもちろんですが、自分より若い人であっても対抗心はすごかったようです。「なめられたらあかん!」と言う言葉は何度も聞きました。それから食欲については食べる量は少ないんですが、好きだった中華料理は店に時々友達とタクシーを使ってまで、わざわざ出かけて行って食べていました。それと養命酒や「ファイト一発!」でお馴染みの栄養ドリンクなどはグビグビやっていたようです(ニコ)。そしてストレスについてですが、とにかく「言いたいことはハッキリと言う」というのがお得意でしたね。それは例え人が嫌がるようなことであっても思った瞬間にパッと言ってしまうんです。言いたいことを心に溜めずにすぐ言ってしまえばそれは気分はいいでしょう。それで人が傷ついたとしても…。私もこの病気をやってからは特にチクチクとやられましたね(ガハッ)。これ以外にもいくつかありますがこれだけで十分でしょう。とにかく一言で言って「超・我がままで超・自己中なばあちゃん」でした。これが長生きの秘結ですね(ちと口が過ぎました、ごめんなさい、ペコリ)。
さてさて話を戻して、この新幹線ですが、地元にある竜峰山という山からの眺めは最高なのではと思っています。中腹(200メートル)辺りにある公園からの眺めなんです。以前子供たちを連れてその公園に行ったことがありました。そこからは八代平野を一望することが出来まして、正面のずっと向こうには八代海そして天草・島原、それから右方向には熊本市街地へとつながる平野が見えていました。おそらく新幹線の高架は八代平野を通り、ずっと向こうの熊本市内の方まで続いている光景が見えるはずです。いやいや素晴らしい眺めでしょうねえ(ニコニコ)。開業したら私もぜひ乗ってみたいものです。楽しみにして待ちましょう(ワクワク)。






スポンサーサイト
未分類 | 10:57:51 | Trackback(0) | Comments(1)
「今年もよろぴく」
     「今年もよろぴく」
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお付き合いくださいませ。
今年初めてのアップです。それにしても寒いですよねえ。年末から年始にかけてその寒いことといったらもう大変!、私はこの寒さで倒れそうでしたよ。お正月はいつも寒いんですが今年の寒さはちょっと違いましたよね。サムガリータの私としては身体が固まってしまいまして普通に生活出来ないんです。何をするにも「よいしょ!」と気合を入れたかけ声を出してやらないといけないような状態でして、まったくなさけないものです。ああ、早く春が来ないかなあ、「はーるよ来い、はーやく来いですよまったく(しょぼ)。
さてさて愚痴はこれくらいにして、お正月の話をしましょう。二日の日は実家に挨拶に行きましてね。元旦は一人だったおやじは、私たちが来るのを毎年楽しみにしているんです。毎年のことですがおせちも立派に用意していてくれました。ここ数年はそれはそれは豪華な「おせち・セット」を注文して準備してくれています。めずらしい料理もありかなり美味しくいただきました。「これは何?」と尋ねるとすぐに息子が゛それでは説明しよう!」とどこかで聞いたようなセリフを真面目な口調で語ってくれましてね。料理についての「お品書き」が付いているそうでしてそれを読んでくれていたんです。いやいや面白くて楽しい解説でした。嬉しいかぎりです、ありがとうね。おやじもお陰さまで元気にしていてくれるので有り難いです。心配するだけで何も出来ない私です、ごめんなさい(ペコリ)。

話は突然変わりますが、昨年の年末に我が家に訪問リハに来てもらっているTさんが新しいスタッフという女性を連れて来ましてね。訪問リハの見学らしいです。お名前はS田さん、アラフォーだそうです。「S田さんというとジュンコさんじゃないですよね?」と私はまたおバカな質問。すると「そうなんです、ジュンコさんは遠い親戚でしてね」とS田さんは見事にボケてくれましたよ。いやいやいけるねえ、それだけでもう「合格!」(パチパチパチ)。すると横で聞いていたTさんが「ほ・ほんとですか?、と驚いた様子で言いましてね。「Tさん、冗談・冗談ですよ!」と私はつい突っ込んでしまいました。「すみませーん、私はすぐ信用してしまうんです」とTさんはカワユイことを申しております(エヘッ)。いやいやTさんらしいよね。
S田さんは明るい人です。そして声がとてもやわらかくてやさしいしゃべり方で話します。まさに「癒やしボイス」なんです。それと実に誠実そうでしっかりした感じがします。また人の話をよく聞いてそれをしっかり返してくれる人のように思いました。初対面だったわけですが、私のくだらない話についてすべて肯定的に受け止めてくれる態度はとても感じが良かったです。以前は関東の方で看護師としてバリバリやっていたとTさんが言っていました。なるほど経験はバッチリなんだよねえ。
それとかなり綺麗な人とのこと、ああ見えないのが悔しいよねえ。性格はいいしその上綺麗と来たらこれはもう患者さんからの人気は「大爆発」すること間違いないでしょう。ちょっと褒め過ぎたかも…。でも見えない私がその受けたままの印象ですからまず間違いないはずです。今後の活躍を期待しています。何だったら我が家に来てくれてもいいんですが…(あっ、Tさんに不満があるというわけではぜったいないですよう!、ごめんなさい、ペコペコペコリ)。

以上S田さんについてと・り・あ・え・ず書いてみましたが、T原さん、いかがだったでしょうか?。お気に召したら幸いです(ニコニコ)。
それでは今年もよろしくお願いします。


未分類 | 17:53:47 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad