■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
訪問リハ日記 その75 「生きたアドバイス」

訪問リハ日記 その75 「生きたアドバイス」
梅雨に入りました。雨は降らないと困るし、降り過ぎても困るし、なかなか難しいものですよね。とにかく被害が出ないようにほ・ど・ほ・ど降ってくれればいいんですが…。
時間通りTさん到着。雨の中ご苦労さまです。「先週は学生がお世話になりました」とTさん。そうなんです、先週は看護学校のY君という学生さんを連れて来たんです。Y君は落ち着いた感じだったので年齢を尋ねてみたら、ナント32歳。結婚しているそうで、奥さん1人(当り前だろ!)と子供も3人いるらしい。Y君は私がどんな風にパソコンをやるのだろうと質問して来たので、最後にちょっとだけやって見せました。実際に見る機会がなかなかないのでかなり勉強になったと言って帰りました。
Tさんの話によると、その後提出したレポートには色々と感想が書いてあったそうです。突然視覚障害者となってどんな思いだったのか?。当時今のY君と同じくらいの子供がいたとしたらどう?、などとTさんはコメントを入れて返したそうです。その辺りのことを深く考えて共感することが出来たら、今後もし視覚障害者を担当する機会があれば、介助の方法などにも「より考えた対応」が出来るのではと伝えたそうです。視覚障害者の家に行きました、リハをやる姿を見たりパソコンを使う様子も見ました。ただそれだけでは単純過ぎます。その患者さんと出来るだけ同じ(近い)思いにどれくらいなってあげられるかが大切だと、そんなことをTさんは言ったようでした。これが「寄り添う看護」ということなんでしょうねえ。「さすがTさん!」と私。他人にそんなこと言えるほど私も分かっていないんですけどねとTさんは謙遜しております(ニコ)。「いやいやそんな風に指導してもらえたら私も嬉しいですよ」と私。これこそ学生さんにとって大変有り難い「生きたアドバイス」なんですよねえ。
さてリハです。まずは踏み込み運動です。左右それぞれ10回ずつ、3セットいつものようにやりました。続いて車椅子からの立ち上がり運動です。20回やって終了しました。ちょっと動いただけで汗ばんでしまうよね。かなり蒸し暑いです(フーッ)。
さてさてまた福山竜馬の話題です。まき・ようこさんのお竜、そしてくさかり・たみよさんの寺田屋の女将も登場していよいよ後半戦に入りました。お竜さんの笑顔を出すために「ウーミッ!(今だったらチーズ!、いやキムチ!かなあ)」と竜馬が笑顔の指導をするシーンがありましたよね。その時、お竜さんが「ウーミッ!」と一人でこっそりやってみる時の笑顔がとてもかわいかったとTさんは言っています。指導する竜馬とそれをちと恥ずかしく思いながらもやってみるお竜さんの姿はほほえましいですよね。これも上手く生きて行くための「生きたアドバイス」と言えるものでした。これからクライマックスの「竜馬の暗殺」に向かって話は進みます。それが分かっているだけに観ているとつらくなります。歴史上の人物でなかったら、もし民放の製作だったら「竜馬を助けてえ」と嘆願書を出したいほどです。私は今まで福山さんのファンだったというわけではありませんが、最近では「福山竜馬にすっかりはまっております。やさしく爽やかという新しいタイプの竜馬を作り上げた福山さんは、女性だけではなく、おじさんたち男性にもその魅力が十分伝わっているようです。あれだったらもてるよねと、まさに「脱帽」の竜馬です(うらやましいーっ!、ニコ)。



スポンサーサイト
未分類 | 09:54:49 | Trackback(0) | Comments(0)
「継続は回復なり!」
     「継続は回復なり!」
やっと梅雨入りしたようです。これからしばらくはうっとおしい時期となります。雨はやはり必要ですよね。とにかく被害が出ない程度に降ってくれたら有り難いんですが…。
さて昨年の11月くらいから痛めていた左手(パソちゃんのやり過ぎという話もありました、家内はそう決めつけておりますが、ニコ)ですが、やっと痛みが軽くなり気にならない程度に回復して来たようです。Y先生の指導で始めた左手の指のトレーニング(指先を車椅子のフレームにひっかけて10カウントしてそれを10セット)と、ペットボトルを持っての上下運動(500CC水を入れたペットボトルを30回上げる)を、毎日続けていました。
以前にもお話ししたように、最初は毎日のように湿布を貼っていました。痛みはある程度軽くはなるんですが皮膚がかぶれてしまいましてね。よって少し粘着力の弱いタイプのものでやってみようということで違う湿布をもらいましたが、これが効果がほとんどない上に、すぐはがれてしまっていたんです。はがれるということで次はゼリータイプのものも試してみたんですが、これは痛みには効果がなかったんです。そこで最初やったシップにまた戻しまして、毎日ではなく、二日に一回くらいの周期で貼って対応しておりました(なかなかすんなりとは行かないよね、ショボ)。そんなことも最近ではすっかりなくなりまして、ほとんど痛みはない状態にまで回復しました。いやいや良かったです。一時はどうなるかと心配しましたが…、本当にホッとしました(ニコ)。痛みが出てから8ヶ月、リハを始めてから4ヶ月かかりました。私としては意外と早い回復でしたね。
これはやはりリハビリのお陰です。まさに「継続は回復なり!」です。「リハビリは決してあせらずゆっくりと」ということは分かっていましたが、今回のことであらためてそれを実感したしだいです。とりあえず回復はしました。でも今後もこのリハをずっと続けることを宣言しまーす(リハ代表ぴょん吉でした、ニコ)。






未分類 | 11:14:04 | Trackback(0) | Comments(1)
「お終いな私」
     「お終いな私」
今回は私の「独り言」です。これはかるーく聞き流して(読み流して)下さい。

先日あるメガネ屋さんが我が家に来ました。これは我が家のじいちゃん・ばあちゃんのところに老眼鏡の点検・掃除などをするために定期的にやって来るサービス活動なんです。
やって来たのは中年と思われる女性。その人が話している声が私の部屋にも聞こえて来ました。
「目には注意してくださいね。もしいつもとは違うと思ったらすぐに眼科に行ってください。手遅れになったら見えなくなりますよ。見えなくなったらもうお終いですからね」。だってさ…。

「そうか、お終いかあ」。溜め息でした(ショボショボ)。見えなくなったら一般的に私はやはり「お終いな人」ですよね。メガネ屋さんは悪くないんです。この家に私が居るなんて知らないでしょうし、もし知っていたとしたらそれは言わないでしょう。

私はあえて言いたいです。「確かに私は見えなくなってお終いになりました。でも生まれ変ったんです。ちょっと強がりも入っていますが、そう思えるようになりましたね。身体が不自由になり目が見えなくなったからこそ、分かったこと・知ったこと・実感したことがいっぱいあります。今は不自由ですが不幸ではありません。そんな風に考えられるようになったのはやはりみんなの支えがあったからです。とにかくみんなに感謝の日々です(ペコリ)。

くどいようですが、これは私の「独り言」です。何の恨みもありません(ちと愚痴にも聞こえるよね、ごめんなさい、ニコ)。






未分類 | 10:09:14 | Trackback(0) | Comments(1)
「鳩山さん、ご苦労さまでした」
     「鳩山さん、ご苦労さまでした」
鳩山首相、退陣してしまいました。頑張ると言っていたので…、退陣というのはちょっと驚きでした。正直なところ「残念」です。普天間問題での社民党の連立からの離脱、ここが最大のポイントだったように思います。
そもそも社民党と連立を組む時にどう考えていたんでしょうか?。社民党は以前から普天間基地の移設については沖縄県外と言っていましたよね。それは分かっていたはずです。そこをどういった方向でまとめ上げて合意していたのか?、ですよね。社民党もそこまで反対するんだったら代替案をもっと積極的に出して動くべきですよね。どれだけ汗をかいたのか私は知りませんが、まだしつこく粘っても良かったんじゃと思います。
それと鳩山さんに対しての色んな批判などプレッシャーが多過ぎましたよね。屋等はそれが仕事ですからいいとしても、マスコミはちょっとやり過ぎのように思います。特に報道はあったことだけをそのまま伝えればいいんですが、片寄ったものもあります。繰り返しそれをやられるとこちらとしてもどうしてもそういった方向に頭が向いてしまいます。だから私たちはそこら辺りはもっと冷静になって対応するべきです。
鳩山さんはいい人です。人が良過ぎて周りから嫌われないようにみんなにいいことを言いますよね。それが過ぎるので最後にはどっちを向いてもガチガチになってしまい結局結論が遅れてしまうように思います。
民主党が政権を獲ってからまだ8ヶ月です。今までの政治とは何かが変わると期待して私たちが民主党を選んだんです。なかなか成果が出ないと言うのはちと早過ぎますよ。事業仕分けなど私たちが今まで知らなかったことに光があたって、整理・削減されたりと成果がある程度出ています。せめて3~4年は待ってあげないと。特に今回は難しい普天間問題に結論を出さないといけない時期だったわけですよね。鳩山さんの進め方にも問題があったと思いますが…。そんな時に周りの人たちは何故鳩山さんをもっと支えてあげないのでしょうか?。みんな知恵を出して支えてあげたらきっといい方向に向かっていたのではと思います。とにかく残念でなりません。
鳩山さんは色々と頑張って来ましたが、今回の退陣で小沢さんを道連れにしたのは最大の「Good Job」だったのではと思います。
さて新しい総理に菅さんが決まりました。これからが民主党の与党としての勝負です。もし失敗したら選挙で民意を問うことになります。でもどの党がいいと言うよりは、こちらの方がまだいいといった状況ですよね。とにかく民主党にはもうひと踏ん張りしてもらいたいものです。




未分類 | 10:30:36 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad