■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「溜め息なトイレ」
     「溜め息なトイレ」
黒川温泉への小旅行でちょっと気になったことがあります。それは途中立ち寄ったレストラン・兼・お土産屋さんにあるトイレのことです。ここは以前から障害者用の車椅子トイレがあり、私も行くたびに使わせてもらっていました。最近そのトイレを改装したという話をラジオで聴きましてね。どんな風になったんだろうと期待して入ったんです。
行ってみると当然トイレは男子と女子トイレに分かれていますよね。「障害者用の車椅子トイレはどこ?」と見渡してみてもないそうです。それでは「きっと中だろう」と男子トイレの中に入ろうとしたんです。その時車椅子を押していたのは家内です。突然止まった家内は「男子トイレだから私は入れないよ」と言いましてね。用をたしている男子の脇を通り抜けるのは気がひけると言うわけです。「なるほどなるほど」。「それじゃ女子トイレに入るかい?」と言う私に「女子トイレの中に男が入って行くのもねえ」と家内。「車椅子だからいいんじゃない?。それに目が見えないんだから。何だったら目が見えませんと紙に書いて首にぶら下げようか」。笑えない冗談に家内は無言で溜め息だけでした。
それから車椅子を息子にバトンタッチ。そしていざ男子トイレへ。位置はトイレの奥にありました。手すりの位置が左マヒ用でして私とはまったく逆。息子に手伝ってもらいやっと移動しました。ここまで約10分。出る寸前だったらもうチビッテしまうところでしたよ(ニコ)。
おそらく女子トイレにも同じ形で障害者用車椅子トイレがあるはずです。「どうして障害者用車椅子トイレを男子・女子トイレの中に作るんでしょうか?」。一番いいのは障害者用車椅子トイレを外に別に作るべきです。どうしても男子・女子トイレの 中に作るのであれば、入り口付近に作るといいでしょう。それだったら付き添いが家内であっても気軽に入れるわけです。車椅子を使っている人がみんな単独で来るとはかぎりません。障害によってはどうしても介助が必要であって付き添いの人と一緒という場面も多いはずです。その時、付き添い者も当然男子・女子とありますよね。それを考えるとやはり前述したようなトイレにしていただけるととても有り難いのです。
せっかく作ったトイレでも、そこら辺りのことを十分に想像して作らないと「溜め息のトイレ」となってしまいます。手すりを右マヒ左マヒ用にとまでは言いません。障害者全員に対応出来るトイレなんて贅沢を言うつもりもありません。最小限の配慮さえあればもっと気持ち良く使えたはずです。事前にどの程度検討されたのか分かりませんが、とにかく残念なトイレでした。













スポンサーサイト
未分類 | 19:39:14 | Trackback(0) | Comments(0)
「黒川温泉は、よかばい」
     「黒川温泉は、よかばい」
一泊二日で小旅行に行って来ました。行き先は黒川温泉です。新緑の季節に一度行ってみたいと以前から家内が言っていましてね。例の定額給付金を元手にして決行しました。
黒川は最近すっかり有名になって、全国から海外からお客さんが来ているようです。私も黒川は二度目でした。前回はじいちゃんばあちゃんの金婚式のお祝いとしてみんなで出かけたんです。今回はその時とは別の旅館でして、家内と子供たちの4人で出かけました。途中そば街道とやらでそばを食べました。いやいや美味しかったですねえ。お楽しみの旅館での食事もすごく美味しかったです。馬刺しから始まってメインはアカ牛のステーキでした。もうお腹いっぱいでして、さすがにデザートはパスしてしまいました(ニコ)。
旅館の対応もとても良かったです。全国からお客さんが来るので対応も良くして行かないとね。基本は「気配り」でしょう。それも明るく笑顔でね。お部屋係の女性は私が身障者と分かると「うちのお父さん(だんなさん)は糖尿病で足を切断したんです。足がまた生えて来るといいのにねえ」と言いましてね。それもサラッとです。「そうですよね、本当に生えて来ればいいですよねえ」と私は笑いながら応えました。お客さんの姿を見て客としてはあまり触れてもらいたくないデリケートな問題を実に明るくサラッと言ってのける対応に感心してしまいました。これは旅館の指導はもちろんですが、その女性の個人的な性格から来ているのが大きいのでしょうが…。
私が泊まれる旅館の選定から途中立ち寄れるトイレの調査など、旅行を2月から計画してくれた家内と、車の運転から私の介助までと実に細かくお世話してくれた子供達にまず感謝しなければいけません。本当にありがとう。そして「旅行」に行ける健康にあらためて感謝します。








未分類 | 10:08:36 | Trackback(0) | Comments(0)
訪問リハ日記 その53 「BGMはどうですか?」

訪問リハ日記 その53 「BGMはどうですか?」
いい天気が続きます。かなりさわやかだよね。時間通りY先生到着。また右肩が痛いのでマッサージしてもらいました。やってもらった直後はいいんだけどね。翌日はまた痛くなります。17年ともなると痛みも蓄積して来るよね。うまく付き合って行かないと…。
早速リハです。また踏み込み動作から始めました。左右10回ずつ、3セットやりました。それから車椅子からの立ち上がり動作です。いつものようにやって終了しました。
今日はBGMを聴きながらのリハをやってみました。気分転換です。ちとマンネリ化していたからね。流していたのはボブ・ジェームズです。これは去年入院していた時聴いていたヤツです。彼のエレピソロを聴いていると気持ちがとても落ち着きましてね。「やはりこれだよねえ」と私はニヤニヤしながら満足していたものです。そうそう、病院のPT室にはソウルが流れていたよね。ドクターの好みだとか。確かJBが好きとか言っていたよね。熱いよねえ。でもあのドクターですよ、よーく分かります(ニコ)。そんな話をY 先生にしながらリハは今日も無事終わりましたとさ。



未分類 | 11:03:38 | Trackback(0) | Comments(0)
訪問リハ日記 その52 「かわいいよね、よろく」

訪問リハ日記 その52 「かわいいよね、よろく」
さわやかで気持ちのいい季節となりました。今日は快晴らしい。病気してからしばらくの間は「快晴だ」と聞くと私の心はかなり落ち込んでいたものです。「天気がいいのにどうして家に居なきゃいけないんだよ」と元々「外出大好き人間」の私としてはイライラするばかりでした。「そんな時期もあったよねえ」と今思い出してみるとちと不思議な気持ちです。まあ修行が足りなかったんです。時の流れは気持ちも大きく変えてしまいます。
時間通りTさん到着。早速リハです。今日も踏み込み運動から始めました。左右10回ずつ、3セットやりました。最近は話しながら出来るようになったよね。ちと余裕ですな(ニコ)。でも時間がかかります。よって残りは車椅子からの立ち上がりをやりました。終わる頃には少し汗ばんでしまいましたよ(フーッ)。
「よろく君がトヨタのコマーシャルに出ていますよね」とTさんに話しましたが知らないそうです。そこでかるーく説明。「天・地・人」でかねつぐの幼少時代を演じた「かとう・せいしろう」君が、何とトヨタの「エコ減税」のコマーシャルに出ているんです。あの「泣き虫よろく」で、その泣きっぷりが素晴らしく感動させ、「わしはこんなところへは来とうなかった」と名セリフで感心させた「かとう・せいしろう」君です。もうかわゆくてかわゆくてこっちまで泣いてしまいましたよ。トヨタのコマーシャルでは「子供・店長」として出演しています。子供なのに店長という奇抜な設定も面白いですが、かわゆいセリフにいつも笑ってしまいます。将来どうなるのか、かとう君の今後が大いに楽しみです(ニコニコ)。



未分類 | 10:03:26 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad