■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
訪問リハ日記 その28 「写真を撮ってもらいました」

訪問リハ日記 その28 「写真を撮ってもらいました」
時間通りY先生到着。「暑いところ御苦労さまです」と最近お決まりのご挨拶です。夏の甲子園の県予選は準々決勝です。Y先生と私の母校は負けてしまいましたよ。こちらも熱い戦いが続いております。早速リハ開始。ベッドでのストレッチと屈伸運動が終わると手すりに移動して車椅子からの立ち上がりです。10回、3セットいつものようにやりました。それから踏み込み運動です。左右それぞれ10回いつものようにやって終了です。リハで身体を動かしたら熱くなってちと汗をかいてしまいましたよ。いいことです(ニコ)。Y先生が写真を撮ってくれました。毎年誕生日には撮るようにしているらしい。でも昨年は撮らなかったよね。忘れていたそうです(そんなもんかい!、ニコ)。家内も一緒にというご注文でしたが「撮らない」ときっちり断られてしまいましたとさ(シク)。よって私だけ一人寂しく撮ってもらいましたよ。デジカメで5回ほど撮りました。「そんなに撮ってどうするの?」と尋ねると「老眼なのでうまく撮れたかどうか心配で」とのこと。あらら、先生は老眼でしたか、そろそろそんな時期なんですね(ニコ)。そうそう、家内も老眼が始まったと言ってたよね。老眼鏡が必要ですな。みんな歳を取ったんですよねえ。目は大切にしてちょうだい。




スポンサーサイト
未分類 | 11:08:54 | Trackback(0) | Comments(0)
訪問リハ日記 その27 「たらこスパゲッティーはうまそうだよねえ」

訪問リハ日記 その27 「たらこスパゲッティーはうまそうだよねえ」
時間通りTさん到着。私が先週休んだのでTさんとは二週間ぶりでした。「こんにちは」といつもの大きな声。「元気そうですね」と言う私に「声だけですよ」とTさん。ホントかなあ。「いやいや気合が入って実にいいですよ。声の大きい人はうらやましいかぎりです」(ニコ)。早速リハ開始。ベッドでのストレッチと屈伸運動をいつものようにやりました。休んだと言っても自主トレは毎日欠かさずやっていたので大丈夫です。次は手すりに移動して車椅子からの立ち上がりです。これも10回、3セットいつものようにやりましたよ。続いて踏み込み運動です。これは右足がちと震えてしまいました。久しぶりだったので出てしまったようです。この動作だけは自主トレでは出来ないんです。でもすぐに治まったので安心しました。左右10回ずついつも通りにやって終了しました。「最近猛暑続きで食欲もない中、夕食には何を食べていますか?」とTさんに尋ねてみました。すると暑いので台所にはあまり立ちたくないそうです。そう言えば家内もそう言ってたよね。火事をする人はみんな同じ思いなのです。作ってくれる人に感謝ですな。「昨夜はたらこスパゲッティーでした」とTさん。「そうかあ、たらこスパゲッティーかあ」と思っただけでよだれが出て食べたくなりましたよ。想像して食欲が出れば大丈夫です(ただの食いしん坊です、ニコ)。やはりこんな時には塩辛いものか香辛料の効いたものだよねえ。ちなみに我が家の昨夜の夕食はとり肉のカレーソース煮でしたとさ(うまかったよ、ニコ)。



未分類 | 10:19:52 | Trackback(0) | Comments(0)
訪問リハ日記 その26 「韓国ドラマがお好きなようですね」

訪問リハ日記 その26 「韓国ドラマがお好きなようですね」
時間通りY先生到着。暑い中ご苦労さまです。ベッドでストレッチと屈伸運動をいつものようにやって手すりに移動しました。そこで車椅子からの立ち上がりです。10回、3セットキッチリやりましたよ。次は踏み込み運動です。これも左右それぞれ10回やって終了です。Y先生は最近韓国ドラマにハマッテいるらしい。DVDを借りて来て毎晩観賞しているとのこと。それも夫婦でらしい。韓国ドラマの魅力は、まだ観たことのない私には誠に残念ながら分かりません(Y先生ごめんなさい、ニコ)。一度観てみないとね。



未分類 | 14:04:48 | Trackback(0) | Comments(0)
新しい装具 「ふくちゃん」です。
     新しい装具「ふくちゃん」です。
今回の腸閉塞での入院中、私は新しい装具を作ることになりました。装具を作ることは入院する直前に決めていて、すでに主治医の承諾ももらっていたんです。今まで使っていた装具は15年ほど前に作ったもので、本体はどうもないんですが固定するマジックテープ部分が傷んでいてヨレヨレになっていましてね。15年の間に2回はその部分だけ修理していたんです。2回目の修理からもう7~8年ほど経っていて3回目の修理をと考えていたわけです。そして今回は新しく装具を作り、今までのは修理だけして、緊急時に使う予備にしようと思っていました。入院してからリハのS先生(旧姓M先生です)と装具について相談する中で、私が以前やった右足の捻挫について話したら今使っている「スネ」に前から当てるタイプよりは、「ふくらはぎ」に後ろから当てるタイプの方が固定がしっかり出来て捻挫予防には効果があるということなんです。サンプルがあるということでして早速触らせてもらいました。今までのタイプは固定するマジックテープがふくらはぎと足首の二箇所だったんです。しかし新しいタイプは固定するマジックテープが足先・足の甲のちょい上・ふくらはぎの三箇所もあるんです。それだけでも装着するのに時間がかかりそうですよね。それと今までのとは装着する方向がまったく逆なので考え方そして動作をあらためなければいけません。ぼんやりしていると頭が混乱してわけが分からなくなるんです。装着してみるとやはり時間がかかり苦労しました。何しろ一度も見たことがないわけでして、触るだけで全体をイメージするのは難しいんです。約20分かかってやっと装着完了。「20分もかかるのかあ」と溜め息が出ました(トホホ)。でも平行棒内を歩いてみると足がしっかり固定されてさすがにいい感じなんです。問題は装着時間だけでした。しかしこれは慣れですよねえ。練習あるのみです。
実際どちらにするか迷いました。使い慣れたタイプにするのが苦労もなくいいわけですが、新しいタイプの装着感が忘れられなかったんです。捻挫のことを考えるとやはり新しいタイプですよね。ギリギリまで結論が出ずに悩みましたが、装着の練習を繰り返してやる中で少しずつ時間が短縮されて行きまして、やはり新しいタイプにすることにしました。短縮されたといっても10分近くはかかります。さらに短縮するには三箇所もありぶらぶらしているマジックテープの前処理(たるみがないように裏に回してマジックテープをねじって止めておく)を確実にやることでもっと改善されるんじゃないかと思いました。
そこで毎日リハ室に行って平行棒内を歩く前に、まず新しいタイプの装着する練習をやりました。すると色々と問題が発生しました。まずは足の甲のちょい上を固定するマジックテープです。これは一度金具の中を通して折り返してグッと引っ張り固定するようになっていましてね。この金具に通すというのが難しいんです。そこで金具は止めて、マジックテープだけにしてもらうことにしました。次の問題は足のかかと部分を装具内に隙間がないようピッタリ入れ込む必要があるわけですが、これがなかなかうまく行かないんです。私は左手だけで装着するわけです。右手が使えたら何も問題ないんですが…。これは今更言っても始まらないことですよね。色々とやってみる内に、足首をグッと締めるとかかとがうまく入ることが分かりました。そこで足首部分にマジックテープを一箇所追加してもらうことにしましてね。これを少しずつ締めて行くと、かかとが隙間がなくピったり装具に入ることになります。これが最も大切なポイントということです。装具のかかと部分には大きく穴が空いていてかかとを直接触って確認出来るようになっています。そこにかかとがぴったり収まっていると合格なんだそうです。
更に改善するポイントとして、マジックテープを引っ張る方向が私の身体の方(つまり手前)になるようにやってもらいました。こっちの方が力が入るんです。結局固定するためのマジックテープは四箇所となり、益々手間がかかる装具となりました。しかし自分に合うように改善してもらったので、装着が容易となって要する時間はほとんど変わらずに済むようになりました。
そうそう、靴も改善してもらいましてね。サンプルに付いていた靴はマジックテープの力が強かったんです。あまりにも強力なので左手の指だけで取り扱うのはかなり難しかったんです。そこで弱いものに換えてもらいました。何度も試作してもらい装具屋さんには苦労をおかけしました。出来上がった装具は私にとって使い易いものになりました。要するに究極のオーダーメイドの装具です。早速名前をつけました。今までのはすねに装着するので「すねお」、そして今回のはふくらはぎに装着するので「ふくちゃん」です(安易な名前でごめんなさい、ニコ)。
「ロボコップ」、「すねお」、「ふくちゃん」と装具は三種類作ったことになります。新しい「ふくちゃん」は三代目です。これからは「すねお」そして「ふくちゃん」を併用します。二つともよろしくね。


未分類 | 15:28:29 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad