■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ドキドキです、ついに歩行訓練が始まりましたよ。
ブログ再開後の一発目はいよいよ始まった歩行訓練についてのお話です。入院中のリハビリで歩行訓練に取り組むということは私にとってまさに最大の目標でした。これが始まるということはリハビリも退院前の最終段階に入ったと勝手に理解していたようです(ニコ)。それまでは平行棒内でヨチヨチ歩きではあるもののどうにか歩く形にはなっていました。でもこれは私の思い込みだったようで、家族によるととても褒められたものじゃなかったそうです(トホホ)。その日も平行棒内での訓練をやっと終えてホッとしていた時、PTのM先生が「明日から杖を使って歩きますからね」と突然言い渡したんです。「ヒェー、そ・そ・そんなあ」と私はそりゃー驚きました。心の準備がまだ出来ていなかったんですねえ。ハッキリ言って怖かったんです。それまでは平行棒内という安全な場所での訓練でしたのでめったに倒れるということはなかったんです。そんな所から突然フロアに出て杖で歩くなんて…。勇気がなかったんですね(ただの弱虫です、ニコ)。しかしそんな思いもほんの一瞬だけでして「よっしゃ!」とすぐに思い直しました。早速杖を私の背たけに合わせたものに作ってもらいました。それを大事に持って病棟に戻ったわけですが、その途中「いよいよだよね」とまるで運動会の朝のような何とも言えない緊張感みたいなものが出て来てちとゾクッとしたことを覚えています。
翌日から杖を使っての歩行訓練が始まりました。車椅子から立ち上がり左手に杖を持っていざ出陣。しかし右足が出ないんです。左手の杖を少しだけ前についてさあ右足を一歩前へ…、としたいところなのですがまったく出ないんです。確かに緊張していました。しかしそれだけではなかったんです。M先生の話によると、歩く時はまず出したい足の反対側の足にちょっとだけ重心を置きます。その瞬間に出したい足を前に運ぶのだそうです。重心を反対側に移動した時に一歩前にということです。人が歩く時にはごく普通に自然にやっている動作らしいんですね。いやいや勉強になりました。健康な時にはこんな風に深く考えたことないですよねえ。よし理屈は分かりました。しかし出ないんです。頭では分かってるのにねえ。出ない理由がまだありました。それまでは不自由な右足にとにかく力をつけようとそっちにばかり重心をかけていたんです。だから反対側に重心をと言われても「ハイそうですか」とは行かないんですよね。とりあえず重心を移動する感覚をつかむことにしました。立ち上がったその場で身体を左右にゆらしました。すると左足に重心が移動するのが分かりましてね。「この時に右足を前にだよね」と私はその感覚を何とかつかみました。それからやっと一歩が出たんです。「小さい一歩ですが私にとっては大きな一歩です」、なーんてどこかで聞いたようなセリフでごめ んなさい(ペコリ)。右足が出ると次は左足をすぐに出します。一歩出しては止まる、そして身体のバランスを取ってひと安心(フー)。それを何度も繰り返してやっと終了。歩行訓練初日が終わりました(ヤレヤレ)。私は数十メートルくらい歩いたような感じだったんですがM先生に尋ねると「5メートルくらいかな」というお返事。「なーんだたったそれだけか」とちとガッカリでした(ショボショボ)。かなり緊張しまくり集中していたんでしょうねえ。とにかく倒れないようにそれだけでした。これはやはり視力がないことに原因があると思いました。見えてさえいたらそんなに緊張することもないし、重心の移動の感覚ももっと自然なものとして感じていたと思うんです。まあこんなこと愚痴っていても始まりませんよね。もうやるしかないと思いました。
そうそうこの歩行訓練の初日、私の右側にはM先生がピッタリくっついてくれていたんです。そして歩いている途中突然「ウッ!」という声が聞こえましてね。私は歩くのに夢中(ニコ)でしてアッと思いながらもすぐに忘れてしまっていたんです。今よーく考えてみるとあれはおそらく私の右ひじがM先生のお腹辺りに命中してしまったんじゃないかと思うんです。まさにエルボーアタックですよね。いつもは動かないはずの右腕なのにやはり全身に力が入ってしまっていたのか、この時ばかりは「暴れん坊エルボー」に変身していたようです。いやいや痛かったでしょうねえ。かなり遅くなりましたがここでお詫びします、M先生、ごめんなさーい(遅過ぎるんだよ!)。









スポンサーサイト
未分類 | 15:40:11 | Trackback(0) | Comments(0)
ブログ再開します、またよろしくです。
お久しぶりです。すっかりご無沙汰してしまいました。実は落雷がありまして大事なパソちゃんがお亡くなりになってしまいました。いやーショックでした。かなり落ち込んでしまいましてね。約6年ほどわがままな私に実に素直に付き合ってくれまして、それは一番の親友でした。ご冥福をお祈りします。安らかに眠って下さい(アーメン)。
ということで新しいパソちゃんが我が家にやって来ました。このパソちゃんの立ち上げをサポートしてくれたYと有難いアドバイスをいただいたカニ平さん、そして協力してくれた家族みんなに感謝します。本当にありがとうございました。
これからブログを再開します。相変わらずの内容ですがよろしくお付き合い下さいませませ。



未分類 | 14:56:13 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad