■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
パソちゃんは私の立派な右腕です。
ワープロを使っての文章作りがいよいよ始まりました。最初何を書こうかと考えてもなかなか頭に浮かばないんです。いやー緊張しました。やっと「ありがとう」とか「こんにちは」など簡単な言葉を入れることにしたんですが、指がすんなり動いてくれないんですよね。「あ・い・う・え・お」で十分練習したはずなのに違うんです。頭に浮かんだ言葉をそのまま指でキーを押してといった一連の動作がスムーズに行かないんです。これはやはり音声が聞こえないことがどうしても気になりつい慎重になってしまっていたんでしょうね。早い話「考え過ぎ」なんです。それまであまりにもうまくすんなりと行き過ぎたんですよね。とにかくうまくやろうとか考えることがまずダメなんです。今はワープロ操作を覚えるということが大切なんです。間違って当たり前なんです。それを出来るだけ少なくするために訓練しているんですから。音声さえ聞こえたらすぐ訂正したらいいわけです。それは実際にやる時のことであって、ここでは割り切ってどんどんやるしかないんです。「そうだよね」、私は素直に反省しました。気負い過ぎて全身に力が入ってガチガチだったんです。考え過ぎ・気負い過ぎは良くありません。リラックスして集中、これですよね。
それからはスムーズでした。簡単な言葉を何度も繰り返し入れましてね。もちろんひらがなばかりです。いくつか入れ終わったらY先生を呼んで点検してもらい、間違っている箇所は訂正しました。Y先生は私が呼ぶ時以外は放っておいてくれましてね。私としても集中するためにはこの方が良かったんです。数日経つとかなり慣れて来まして、それからいよいよ文章作りに入ることになりました。ここからは漢字変換も練習ということでやりました。実際には必要ですからね。変換しても目的の漢字なのか当然私には分からないわけです。そこでここではその点は割り切って無視することにして、変換後最初に出て来た漢字をそのまま決定することにしました。作った文章をY先生に点検してもらいましたが、これは実に面白いものでした。日本語は漢字・かな混じりの文章で出来ていますよね。漢字には当然意味があるわけですからもし間違えたらすごいものになるんです。まったく予想もしていなかった漢字になっていたりして「おいおい何だよそれは」と思わず突っ込みたくなるようなものもありましたね(ニコ)。これがもし正式に作った文書だったとして笑って済まされるものであればいいんですけど、重要なものだったらそうは行かないですよね。目の見えない私としては誤字には特に注意する必要があると強く感じました。
書いた内容としては最近の出来事や病院食のメニューで「あれはうまかったよね」という食べ物についての話題が多かったようです(食いしん坊バンザイ!、ですね)。そうそうあの頃元熊本県知事の細川さんがナント総理大臣になってしまったことを書いた覚えがあります。いやーあれは本当にビックリでした。「詩」なんてヤツも柄にもなく書きました。振り返ると「よくあんなこと書いたよね」とちょっと恥ずかしい気持ちです。当時はもっと素直だったようで勢いだけでやっていたんでしょうね。普通の人に戻り素直な思いを忘れかけている今では、絶対に書けない内容です(反省)。書いた文章はフロッピーに保存しました。毎日呼び出しては文章を作り、終わったら保存して約1時間の訓練は終了といった具合でした。病室に戻ってからも明日は何を書いてやろうかと、陶芸同様私はまたまたワープロにすっかり夢中になっていたのでした。
退院して一年後、我が家にパソちゃんがやって来ました。すぐにでもと思ったんですけどその前にまず家での生活に慣れることが大切だったわけで少し遅くなりました。待っている内に「書きたい」という思いがドンドン膨らんで来ましてね。この病気について・家族・仕事・友達・そして入院中の生活・ドクター・看護師さんや病院スタッフ・リハビリ・患者さんたちについての思いをとにかく書きたかったんです。これはすべての人に感謝の気持ちをしっかり込めて「記録」として残しておきたかったんです。それは今この時点で書いておかないと後で大きな後悔をしてしまうように思ったからです。パソちゃんがやって来てくれてから私は一気に書きました。そして半年ほどかかってやっと書き終えた文章は400字原稿用紙で180枚ほどになりましてね。書き終えたら本当に「ホッ!」としました。ちなみにこの文章はそれから1年後「普通である事」というタイトルで自費出版してしまいましたとさ。
現在こうしてブログに書き込んだりEメールやインターネットを利用出来るのはこのワープロ訓練のお陰なんです。あの時ワープロなるものに思い切って挑戦して本当に良かったと強く強く思います。そして私の我がままに付き合って熱心に指導してくれたY先生には「感謝!」の思いでいっぱいです。そうそうパソちゃんにも感謝します。君の技術が私を救ってくれました。君が居る時代に視覚障害者になったということはまさにラッキーでしたよ。君が居ない生活なんてもう考えられません。君はまさに私の立派な右腕です。本当にありがとうね。


スポンサーサイト
未分類 | 15:05:14 | Trackback(0) | Comments(0)
明日のためにその二、ついにワープロに挑戦です。
陶芸にすっかりはまってしまい時間の経つのも忘れるくらい茶碗やお皿作りに熱中していた私ですが、気付いてみると入院してから1年になろうとしていました。残念ながら「退院」という言葉はまだ聞くことはありませんでしてね。しかし以前お話ししたように私の入院生活はお陰様でとても充実していまして、退院についてはあまり気にしていなかったんです。でも1年も経つと家族など周りは退院はどうなっているのだろうかと少し気になり始めていたようです。入院生活が充実していたなんてのん気なことを言っているのは私だけでしたね(ごめんなさい、ペコリ)。「退院する」ということをあらためて考えてみると正直言ってやはり不安でした。私に何が出来るのか?、何も出来ないじゃないかとちょっとへこみました。陶芸は?、まさか…。退院して陶芸をやるなんて冗談で言ったことはありましたが、これは現実的ではないですよねえ。そんなことよりも今自分は何をしたいのかとよーく考えてみたんです。すぐ頭に思い浮かびました。それは「字が書きたい」でした。字が書けたら自分の思いを表すことが出来るし、友達に手紙だって書けるんです。私は元々字を書くのは好きでしてね。作文などは大得意でして、入試で作文があったりするともう合格したような気分でしたね(うぬぼれるのもええかげんにせえよ、ごめんなさーい)。右手は使えないしさてどうしたものかと考えてすぐに出て来たのがワープロでした。ワープロ操作を覚えることが出来たら私の右手の代わりとしてきっと活躍してくれるはずと思ったんです。OT室に訓練用のワープロが置いてあったことを思い出した私はとりあえずY先生にまた相談してみることにしました。それまで約4ヶ月やっていた陶芸は9個の作品を完成させ、次は何を作ろうかと私もY先生も丁度考えていた頃でした。Y先生に相談すると「いいですよ、やりましょうか」でした。まさに快諾でしてね。正直私もそれ以外の返事は決してないと思っていたんです。Y先生はそういう人なんです(ニコ)。Y先生の話によると、視覚障害者用としてパソコンを使い音声でフォローしてくれるワープロがあるとのことでしてね。実際にやろうと思えばこれを利用するといいそうです。私は目の前が突然明るくなったような思いでした。
翌日から今までの陶芸に代わっていよいよワープロの特訓が始まりました。OT室に置いてあるワープロは普通のワープロでして当然音声は出ません。Y先生はまずキーボードの配置を説明してくれました。かな文字の位置を覚えたら文章は書けるわけですよね。Y先生の話を要約するとそういうことになるんです。「これを全部?、そんなあ」という感じでしたね(トホホ)。やる前からそう愚痴ってみても先には進みませんよね。とにかく始めることにしました。最上段の左から順に指でなぞりながら一つずつ声に出して言いました。一段覚えたら次の段という具合です。私は病室に戻ってからもキーボードをイメージしながらいつも口でぶつぶつ繰り返していました。次の日はそれまでの復習をしY先生の合格が出たら次の段に進むわけです。一週間ほど経つとかな文字すべての位置をと・り・あ・え・ず覚えました(ホッ)。それからが大変だったんです。それまで覚えたキーを今度は「あ・い・う・え・お」順に頭の中で組み合わせるという作業をやりましてね。これは思った以上につらいものだったんです。まるでパズルでした。おそらくこれまで生きて来た中で最も頭を使いましたね(ニコ)。ここからは実際にキーを押しました。「あ・い・う・え・お」から「わ・を・ん」まで押してとりあえず終了です。そこでY先生を呼んで画面を確認してもらうわけです。順番が間違っていたらすぐに分かるといった具合です。やはり間違いは何箇所もありましたね。しかしそれは一つ隣りのキーを押し間違えたくらいでしてかなりいい出来だったようです(ニコ)。それを聞いて私は「よっしゃ!」、そして胸の奥が熱くなるようでした。「やれば出来る」、まさにそれでしたね。キーボードの位置をすべて覚えるなんてと最初まったく自信のなかった私が、意外とすんなり覚えられたのには理由があると思うんです。それは陶芸で身につけた集中力と忍耐力です。茶碗やお皿を削る時には息を止めるくらいに指先に神経を集中させて慎重にやるわけです。それは何度も何度もですから我慢強さも必用です。私はこの動作を繰り返す中で自然と二つの力を身につけたようです。それがこのワープロで役立つなんて…、これには自分でも驚きましたねえ。「私にもそんな力があったんだ」と自画自賛でしたとさ(またうぬぼれております、ごめんなさい)。
この「あ・い・う・え・お」から「わ・を・ん」までキーを押す訓練は一週間ほどやりましてね。お陰様で間違いはかなり少なくなったようでした。疲れはまったく感じなかったようです。それはワープロ操作をとにかく覚えるんだという熱い思いがあったから、疲労感なんて吹き飛ばしてしまったのかも知れませんね。すぐ調子に乗ってしまう私としては、さらに濁点・半濁点・読点・句点の位置を教えてもらいましてね。いよいよ文章作りに挑戦することとなりました。



未分類 | 14:11:11 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad