■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
何を食べたらそんな風に?、Y先生に感謝です。
さて今回はOT(作業療法)についてお話ししたいと思います。私を担当してくれたのはこの仕事をするために生まれて来たような(ニコ)Y先生。当時は30歳前でまだ独身という若い男性の先生でした。当初先生の印象としてはその声や態度から私と同じくらいの年(30代半ば)だろうと思っていたんです。とにかく落ち着いていましてね。何を食べたらそんなに落ち着くのかなあと思うほどでした(ニコ)。どんな時でもあわてることなくいつもやさしい声と態度で私に接してくれましてね。いつも思うんですが、私たち患者にとってリハビリを担当してくれる先生の声の質というものはかなり重要なんです。それは出来るだけやわらかくて丸いのがいいようです。とがっていて迫って来るような声はどうもいけません。まあこれはその人の声そのものがいけないということではなく、その人の性格・人柄から自然と出て来るものなのかも知れませんね。迫って来るような威圧的な声(態度、ニコ)はその時点で私はダメです。身体も心も固まってしまうような感じなんです。もしそんな人にリハビリを担当してもらったとしたら「もういいよ!」と私は貝になってしまうかも…、ですよね(ニコ)。それはせっかくやるリハビリなのにその効果は半減してしまい回復にもきっと影響が出て来ると思います(おいおい、そこまで言うなよ、ニコ)。Y先生は合格でした。その人柄がハッキリと分かるような声だったんです。以前にもお話ししたように私のすべてを自然に受け入れてくれるような穏やかな声でしてね。私はその声にやられました(ニコ)。性格は出て来るんですよねえ、話し方に。正直言って私はY先生に担当してもらって本当に良かったと思います。患者さんに信頼感を与えられる先生は最高ですよね。私たち患者側からは担当してくれる先生は選べませんからね。もし他の先生だったとしたら、おそらく今の私ではないでしょう。
Y先生はサッカーのカズのような顔だと想像していつも話しているんです。これは当初いろんな話をする中で先生が学生時代に部活でサッカーをやっていたというところから私が勝手にイメージしてしまったようです。サッカー選手として私が知っているのはカズくらいでしたからね。家内に尋ねると「ぜーんぜん似ていない」そうです(トホホ)。いいんです、私がそう思っていれば(ニコ)。
OTではいろんな訓練をやりました。当初はマヒしている右の手足にとにかく力をつけることから始めました。軽い負荷をかけてやるわけですがこれがまったく動いてくれないんです(トホホ)。どう説明したらいいか分かりませんが、力を入れる方向というのかそれをイメージすることがまず出来なかったようです。普通に出来るはずなのに難しいんですよねえ。これがこの病気なんです。でもこれで当たり前なんです。出来ないからやるんです。これを理解させてくれたのはY先生だったようです。設定した時間内に結局ほとんど動かず訓練にならなかった時もありましたが「大丈夫ですよ、お疲れさんでした」とY先生はやさしく言ってくれましてね。焦っているのは本人だけなんです。どうしても元気だった頃の自分と比べてしまうんです。これは仕方ないですよねえ。でもここは思い切って昔の自分とはサヨナラして、いい意味で開き直らないといけないんです。それにはやはりちょっと時間がかかるようです。それともう一つ、すべてを受け入れてくれる環境が必要だと思います。そういった点ではY先生の焦らせることなくゆったりとした対応は私を自然体にしてくれたように思います。OTでは多い時に一日6種類くらいの訓練をやりました。これをこなさないととにかく私に明日はないと思いましたね。そんな風に考えさせてくれたのはやはりY先生だったんです。本当にY先生には感謝感謝です。次回は私の立ち直りのきっかけとなった陶芸のお話をしましょう。



スポンサーサイト
未分類 | 14:20:30 | Trackback(0) | Comments(0)
ロボコップありがとう。そして二代目君よろしくね。
私の現在の生活で絶対欠かせない物が一つあります。それはマヒしている右足に着ける装具です。立ち上がったり歩いたりする時にこれがないと右足がフニャフニャしていてどうしても踏ん張れないんです。患者さんの状態はそれぞれ違っているようで、中には驚くほど回復してしっかりした足取りを取り戻す人もいるんです。そんな人は装具も必要ないということになるようです。これは私の場合ですが、装具なしで無理やりに歩こうとしても変に力が入ってしまい足首から先そして足全体が内側に引っ張られ曲がってしまう状態となります。これはちょっと痛いですよう(ニコ)。よって装具というのは足首などをしっかりと固定してくれる私たちにとってはまさに大変有り難い物なんです。今使っているのは二代目でしてね。初代のは5ヶ月ほど使って今のヤツに更新したんです。初代のはどんなヤツだったのかあまりよく覚えていないんですが、とにかくやたらと重かったという印象だけは残っています。どうして覚えていないのかというと、実は自分で装着したことがなかったんです。何本かの金属棒と数箇所のマジックテープで複雑に作り上げられていたようで、装着する時にはまるでブーツを履くみたいに足を突っ込んでいたように覚えています。とにかくかなり重厚というのか重々しい雰囲気が十分漂っていましたね(ニコ)。よってとても一人では装着出来ないヤツでして、いつもリハビリ室に行った時先生に取り付けてもらっていたんです。これはおそらく初期の段階で装着して歩く練習をするために作られていたんでしょうね。はっきり言って実用的ではないヤツでした。平行棒内で歩く練習をやりましたが、歩く時の音はこれまた実に重々しい感じでした。一歩一歩がズッシリでしてね。私には「ガシャッ、ガシャッ」とでも聞こえるような音でした。そうそれはあの「ロボコップ」が歩く時の音なんです(ちと大げさですな、ニコ)。よって私はこれを「ロボコップ」と呼んでいたんです。ロボコップは平行棒内での歩行練習以外は出番がなく、いつもは私のベッドの脇で静かにしていたんです。もうちょっと使う場面があれば彼も幸せだったのかも知れませんが、何しろ実用的ではなかったんです。彼もその辺りはよく分かっていたようで、平行棒内での歩行練習が始まるとここぞとばかり頑張り私をしっかりと支えてくれたんです。今振り返るとちとかわいそうな気持ちです。5ヶ月後二代目君がやって来てくれて彼とはいよいよお別れすることとなりましてね。私は「お世話になったね。ありがとう」とそっと彼に言いました。現在彼は物置で静かに余生を送っているそうです(ニコ)。
さて二代目君ですがこれはとても薄くて軽い実用的なヤツでしてね。スネから足の甲まで前面だけ覆った物でして、ふくらはぎと足首の二箇所だけマジックテープで止めるようになっています。足の甲部分は輪ッカニなっていてそこに足先を入れると足首もしっかりと固定出来るという優れ物です。シンプルですがよく考えられていると思いました。材質はおそらく樹脂だと思いますが、とにかく強くて軽いプラスチックみたいな物で出来ているようです。これを装着して上からズボンを履けば装具を着けていることも外からは分からないんです。軽いのがいいですよねえ。それに装着するのも簡単だし…。シンプル イズ ベストというのは本当にこのことですよね(ニコ)。二代目君は私が寝る時以外はいつも私と一緒なんです。それは家内よりも一緒に居る時間は確実に長いわけでして、まさに無くてはならない大切な存在なんです(ニコ)。



未分類 | 14:53:20 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad