■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「結婚35年、みんなに感謝です」
     「結婚35年、みんなに感謝です」
先日私たち夫婦はめでたく結婚35年を迎えました。私が元気だったのはこの35年の中の最初の9年間だけでして、それからの26年はこの病と共に過ごして来たわけです。それは家族・特に家内そして子供たちに大迷惑をかけてしまったわけでして…、私としてはまったく申し訳ない気持ちでいっぱいです(ペコペコペコリ)。

それで結婚35年を記念して、息子たちがお祝いしてくれましてね。連れて行ってくれたのは天草・本渡にあるお寿司屋さん。聞くところによるとかなり人気のあるお寿司屋さんということでして、なかなか予約も取れないお店らしいです。当日約2時間かかってやっと「ジャノメ寿司」に到着(疲れたあ、フーッ!)。席に案内されてしばらくして予約していた「にぎり・おまかせコース」が出ましたよ。鯛・いか・まぐろ・ウニ・えび・貝・穴子などなど、全部で13種類ありました。その中で「きびなご」がありましてね。私は正直言ってきぴなごはかなり苦手です。どうもあの生臭さがダメでして今まで刺身は食べたことがありませんでした。私がそう言うと「それじゃ俺が食べてみる」と言って息子が先に食べてくれましてね(まさに毒見・いや失礼、味見でしたね、ごめんなさい、ニコ)。その結果「まったく生臭くないよ、食べてみて!」とのこと。それじゃと私は早速食べてみました。息子が言うようにまったく生臭くなくペロッと一気に食べてしまいました。後味にはほんのりとしょうがの香りがして…、とても美味しかったです。これはやはり新鮮だからこそ!、なのでしょうね。
この日は疲れましたが家内と息子たちに感謝の一日でした。ありがとうね(ニコ)。



スポンサーサイト
未分類 | 16:02:32 | Trackback(0) | Comments(0)
「またこの日を迎えました」
     「またこの日を迎えました」
今年も4月30日がやって来ました。そうそれは私の「命の記念日)」なんです。はっきり 言うと私がこの病をやった日です。以前は命日と言っていましたがあまりにも露骨なので最近では「命の記念日」とやわらかく言っています(ニコ)。その日は今年で丸26年を迎えましてね。いやー早いですよねえ。年々早くなっているような気がします。それは20年を過ぎた辺りからそう感じていまして、おそらく精神的にはかなり落ち着いて来ているからだろうと勝手に思っていますが…。
私のこの一年の目標としては、幸い特に悪いところはないといった今の体調をできるだけ維持して毎日を過ごすということです。ちと地味ですが「現状維持」が私にとって最大の目標!なんです。そのためには訪問そして自主的なリハを真面目に真剣に取り組みますので関係部署の方々ご指導・ご鞭撻の程よろしくお願いいたします(ペコリ)。



未分類 | 16:36:29 | Trackback(0) | Comments(0)
「身体は傾いても、心は傾かないように!」
     「身体は傾いても、心は傾かないように!」
この病気をやってからそろそろ26年を迎えます。こう長くなって来ると身体にいろいろと問題が出て来ます。私の場合、内臓関係には幸い特に大きな問題はないんですが、外見上にちと問題?が出て来ましてね。それは身体の傾きということです。病気してしばらくしてから頭部・首の傾きということはあったようですが、ここ数年上体がかなり右に傾いて来ているようなんです。それを私自身自覚出来ていないというのがつらいところですが…。よってそれを今の内に改善しようということになりました。

傾きは特に車椅子に座っている時がひどいようなんです。それでまず車椅子の背もたれ部分に「姿勢矯正背もたれ?」を新しく取り付けてもらいました。この特徴は背もたれと左右のひじかけのコーナー部分が厚くなっていて少し硬めのクッションで埋められていまして、これが私の両脇辺りをうまくホールドしてくれるんです。

そしてつぎの対策として、座っているクッションの下にやや傾斜をつけた滑り止め(前方から10センチほどの長さ)を取り付けました。これに座ると重心がやや後方に移ってお尻全体がすっぽりと包み込まれるような感じで腰が安定するようです。但し座る時にはできるだけお尻を右側の奥に移動させておくということを注意しなければいけません。

そして右側のひじかけ部分に小さいクッションを巻き高くしてもらいました。これで左右の肩の高さがそろいました。それと同時に「身体が右側に傾いているのをいつも意識する!」ということを心がけるようにしました。このクッションの取り付けのアイディアと実際の取り付け作業は訪問リハに来ていただいている看護師のTさんです。本当にありがとうございました。
更に「姿勢矯正運動」を通常やっているリハに追加してやることにしました。担当してくれるのは看護師のTさんです。Tさんにはかなり強烈な格好?で身体をサポートしていただいていまして(ニコ)、うーん、私としては有難いかぎりですが…。Tさん、お疲れさまです。いつもありがとうございます(ペコリ)。

以上の対策でとにかく良い効果が出るように、私としてはただ「やる!」だけです。期待してくださいませ(ニコ)。



未分類 | 15:25:24 | Trackback(0) | Comments(0)
「眠られなかった理由、それは同級会でした」
     「眠られなかった理由、それは同級会でした」
先日、夜になかなか眠られないことがありました。といってもいつも寝つきは決していいとは言えないんですが…。とにかくこの夜は少し違っていました。

というのには理由があります。その日の昼間に来客がありましてね。私が卒業した高校の同級会をやろうとその幹事を引き受けてくれた友人が4人我が家にやって来てくれたんです。数人で幹事をやるというのには理由がありまして、私たち同級生はついに還暦を迎えたことと、担任であったK先生が80歳の傘寿を迎えたということで、今回はその二つのお祝いを一緒に盛大にやろうとなったようです。それには出来るだけ多くの同級生に出席してもらいたいので、幹事を複数とし同級生みんなに手分けして連絡しようとしたようです。私は同級会をやるという話は数日前にMから電話をもらっていて知っていました。その時私の返事はいつものことですが「申し訳ないけど今回も欠席するよ」でした。電話してくれたMは私がいつも出席出来ないことを十分わかっているのにあえて毎回尋ねるのは私に気を遣ってくれてのことでして…、うーん有難いことですよねえ。その電話の時に、同級会をやる前に一度幹事のみんなで私に会いに行きたいとのことでしてね、私は即了解と返事したのでした。同級会をやる前に私の今の状態・様子を確認しておきたかったんでしょうね。当然同級会の中で私の様子を報告する場面があるのでしょうから…。
我が家を訪ねて来てくれるのは、M・S・H・そしてIということでした。M・S・Hは高校時代から良く知っていていつも話す仲でしたが、Iとは当時挨拶するくらいでほとんど話したことがなかったんです。どうして話さなかったのか?、うーんその理由はわかりません。それが普通であってそれについて深く考えることもなかったし…。まあきっかけがなかったんでしょうね。同じクラスにはそんな友が数人いました。若い時はそんなもんです。
さて「Iはどんな顔だったかな?」と40数年前のかすかな記憶を無理やり集めまして…。そしてやっと彼?だろうという顔を思い出しました。そして数日後、幹事をやることになった4人が我が家にやって来てくれました。一人ずつ握手をして挨拶したわけですが、次はIという時に「Iです、ほとんど話したことがなかったけど憶えている?」とI。「おっIか、しっかり憶えてるよ!。今日はわざわざ来てくれてありがとうね」と私が言うと「憶えていてくれた、ああ良かった!」とIは本当にホッとした様子で嬉しそうに笑っていました。Iも思いは一緒だったようで、私に会うことに対して「確か話したことがなかったよねえ」とまずそれを気にしていたのでしょう。まさに「お互い様」だった…、わけですよね。
それから約2時間、同級生の大まかな近況を一人ずつ聞かせてくれました。名前を聞く度に私の頭のメモリーはフル回転!、いやいやフリーズしてしまうかと心配しましたよ。しかししかし大したものです、その度にどうにか顔が出て来ましてね。私自身もですが、Iもビックリしていた様子でした。同級生たちは自分で思い描いた通りの人生を過ごしたヤツ、それとは逆に想像もしていなかったような人生を過ごしてしまったヤツといろいろです。しかしそれぞれ一生懸命にやった結果なんですよね。私としてはただ「良く頑張ったよね!」と拍手したい気持ちでいっぱいでした(パチパチパチ)。最後にみんなと写真撮影をし、再度握手した時「俺は今夜泣いてしまうかも…」と言うと彼らは笑いながら帰りました(ニコニコ)。

そんなことが昼間にありましてね、私は興奮がなかなか冷めず眠られなかったのでした(クスン)。



未分類 | 16:42:35 | Trackback(0) | Comments(1)
「今年もよろしくお付き合いください」
     「今年もよろしくお付き合いください」
ちょっと遅くなりましたが「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします」。平成30年、2018年となりました。まずは今年も無事新しい年を迎えられたことに感謝します。

先日はいつものように私の実家に正月の挨拶に行って来ました。おやじは少し耳が遠くなりましたが、それ以外はとても元気でして、いつもあちこち動いていてほとんど自分の席にはいません。よって私たちが思わず「じっと座っていていいから!」と注意するほど動き回っていました(ニコ)。性分なんでしょうねえ、きっと私たちを「いっぱい歓迎するぞ!」といった気持ちの現れだったんでしょうね。その勢いはふだんの生活の中でも十分あるようです。路線バスを使って病院やイオン辺りに買い物に行ったりとかなりアクティブにやっているようです。昨年の秋に車の運転免許証を自主返納してから今までとは違った不便な生活を仕方なくやっているわけです。しかしそれを逆に楽しんでいるような感じなんですね。いやいや立派なものです。とにかく元気です。おかげで私たちも安心出来ているわけですね。本当に尊敬します!。といっても89歳、決して無理をせず自分のペースで毎日元気で過ごしてもらいたいものです(ニコ)。




未分類 | 17:28:24 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。