FC2ブログ
 
■プロフィール

ピョン吉

Author:ピョン吉
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「こんなに楽していいのかなあ、の巻」
     「こんなに楽していいのかなあ、の巻」
息子が車を買い換えました。今まで乗っていたトヨタのハリアを買ったのは12年ほど前です。当時、それまで乗っていた車をハリアに買い換えたいと息子から話を聞きました。そのハリアという車は車高がかなり高いという話。それを聞いて「お父さんが乗るのはちょっと無理だよね。買うんだったらお父さんも乗れるような車にしてよ」と私。すると息子は「お父さんが年に数回乗るだけのために車を買うわけじゃないんだから…」と息子は即答で断りましてね(シギャピーッ!)。私は「うーん、確かにそうだよねえ!」とあっさり納得したのでした(トホホ)。息子は私に話した時にはハリアを買うことはすでにしっかりと心に決めていたので、考え直すなんてまったくなかったようです。でも少し申し訳ないといった思いがあったのか、「好きな車を買えるのはおそらくこれが最後だろうから…」と息子はそんなことを言っていたようでした。

そして今回買うことになった車はトヨタの「ノア」です。それも福祉車輛でしてね。助手席がドアを開くと外の下部へ出て来ます。そして座ると所定の位置まで自動的に上昇・移動してくれるといった優れものなんです(ニコ)。息子は12年後にはこんなステキな車をちゃーんとチョイスしてくれたわけです。「こんなに楽していいのかなあ」と少し気がひけますが…。有難いことですよね。そのことにまず感謝!です。
それで助手席の動作についてですが、ドアを開けてリモコンを操作すると座席がゆっくりと降りて来ます。そこで私が車椅子から座席に乗り移ります。そしてまたリモコンを操作するとゆっくりと上昇します。しばらくすると室内に入ったのか周りが静かになって停止します。この一連の動作が20秒ほどでしょうか。動作音は振動もなくかなり静かです。モーターの回る音がウーンと小さく聞こえる程度でまったく気になりません。おっと!、この20秒は雨の時はちとまずいですよね。まあその時は…、それはそれで考えましょう(ニコ)。


スポンサーサイト
未分類 | 16:29:35 | Trackback(0) | Comments(0)
「大腸検査、やはりつらいよね」
     「大腸検査、やはりつらいよね」
先日大腸検査をやりました。5年ぶりでした。1か月ほど前に「そろそろ大腸検査をやっていただきたいんですが?」と主治医に依頼しましてね。その時主治医の返事はというと「うーん…、少しきついかも知れませんよ」とちょっと躊躇するようなお返事。「いやいやかまいませんのでお願いします」と私。その日、病院から帰る際、主治医のあのちょっと気になる言い方について家内に尋ねてみました。すると家内は「年を取ったらあまりお勧めしないんじゃ!」なーんて(おい俺はもう年寄りかい!)。
そして検査当日は午前中から下剤をたっぷり飲みまして…、いざ検査。まず肛門周辺にゼリーを塗りまして次にいよいよカメラ挿入、そして腸内では空気を入れて膨張させます。それから身体を私の苦手とする左側へ向けます。その一つ一つが痛くて何とも嫌な感じ…、とにかくつらかったです(クスン)。途中から」「ああそうそう、そうだったよね」とそれらの痛みを徐々に思い出しましてね。これだから主治医は…。早く思い出すべきでした。しかしこのつらさに耐えたおかげで検査結果は「異状なし!」でした(ニコ)。
さて今後大腸検査はどうするか?。終わった直後の正直な気持ちは「もう嫌!」ですが…、まあその時点でまた考えることにしましょう(ニコ)。




未分類 | 15:11:44 | Trackback(0) | Comments(0)
「花咲 舞ちゃん、絶好調です」
     「花咲 舞ちゃん、絶好調です」
さて今回は久しぶりにサピエ(音声朗読ファイル配信サービス)で読書したお話です。読んだのは池井戸 潤さんの「花咲 舞が黙ってない」です。数年前にテレビでドラマ化されて好評だったので池井戸さんは花咲 舞シリーズとして引き続き書いたようです。お得意の銀行を舞台とした新しいエピソードは、展開がスピーディでとても面白くて…、私は一気に読んでしまいました。前半と最後辺りに登場するのは「倍返し」で有名になったナントあの半沢直樹です。半沢と花咲…、それはひょっとして?。ストーリーの展開上今後タッグを組んで新しいシリーズ誕生?かと予感させるようでした。とにかくとても楽しく読ませてもらいました(ニコニコ)。




未分類 | 11:21:27 | Trackback(0) | Comments(0)
「猛暑 お見舞い申し上げます」
     猛暑 お見舞い申し上げます」
とにかく猛暑!が続きます。もうしょ(?)っとどうにかならないものか!と冗談も言えません(ニコ)。実はこの駄じゃれはここ数年連発しまくっていまして、今年もつい使ってしまいました。いやいやまったく もうしょ(?)わけありません(ニコニコ)。
さてさて、まだ私が小さかった頃も確かに暑かったはずですけど。それでも30度を少し超えて32~33度くらいだったのではと思いますが…。そこで思い出すのが小学校の低学年の頃の夏休みです。当時は「朝の涼しいうちに勉強しなさい!」と学校の先生や家族からそれはそれは何度もきつく言われていまして…、もう耳たこ状態でした。こういった朝の涼しいうちに…という言葉も最近では聞かなくなりましたよね。今は8時頃にはすでに30度を超えていますからね(フーッ)。さてさて話は戻って、渋々ながらも10時くらいまではどうにか机の前に座っていましたが、気持ちはすでに…。そう当時の私たちの楽しみは「川で遊ぶこと!」だったんです。プールなんていう実につまらないヤツは私が小4くらいの時にやっと完成しました。よってそれまでは普通に「川」だったんです。午前10時を待って私はそっと家のすぐ裏にある川(幅3メートルほどで深さは1メートルほど)へ。そこはまさに我が家のプライベート リバーでした(ニコ)。川では泳ぐということはほとんどありません。それじゃ何をするかというと、まず水中に潜って石を拾ったり魚を追い回したりと単純な遊びなんです。私が特に好きだったのは、川上から川下に向かって潜り、水中で底に手をついて倒立し一回転するといった遊びでした。川の流れは緩やかでした。この川の流れを利用した川ならではの遊びなんです。水中では流れに沿って身体はゆっくりと回転します。それはスローモーションのように回転するんです。これが楽しくて楽しくて…。まるで忍者みたい!と興奮しましてね。時間を忘れて遊びまくりました(エッヘッヘ)。そしてお昼頃になると我が家のばあちゃんが「はよ上がらんかい、昼メシばい!」と迎えに来ていたんです。昼メシが済むと午後からも川遊びでした。結局ほとんど一日中 川で遊んでいたようです。平和でした。そして真っ黒でした。ああ懐かしいよねえ。
あまりにも暑いので私の無邪気な頃のお話を披露してしまいました(ニコ)。






未分類 | 14:22:59 | Trackback(0) | Comments(0)
「結婚35年、みんなに感謝です」
     「結婚35年、みんなに感謝です」
先日私たち夫婦はめでたく結婚35年を迎えました。私が元気だったのはこの35年の中の最初の9年間だけでして、それからの26年はこの病と共に過ごして来たわけです。それは家族・特に家内そして子供たちに大迷惑をかけてしまったわけでして…、私としてはまったく申し訳ない気持ちでいっぱいです(ペコペコペコリ)。

それで結婚35年を記念して、息子たちがお祝いしてくれましてね。連れて行ってくれたのは天草・本渡にあるお寿司屋さん。聞くところによるとかなり人気のあるお寿司屋さんということでして、なかなか予約も取れないお店らしいです。当日約2時間かかってやっと「ジャノメ寿司」に到着(疲れたあ、フーッ!)。席に案内されてしばらくして予約していた「にぎり・おまかせコース」が出ましたよ。鯛・いか・まぐろ・ウニ・えび・貝・穴子などなど、全部で13種類ありました。その中で「きびなご」がありましてね。私は正直言ってきぴなごはかなり苦手です。どうもあの生臭さがダメでして今まで刺身は食べたことがありませんでした。私がそう言うと「それじゃ俺が食べてみる」と言って息子が先に食べてくれましてね(まさに毒見・いや失礼、味見でしたね、ごめんなさい、ニコ)。その結果「まったく生臭くないよ、食べてみて!」とのこと。それじゃと私は早速食べてみました。息子が言うようにまったく生臭くなくペロッと一気に食べてしまいました。後味にはほんのりとしょうがの香りがして…、とても美味しかったです。これはやはり新鮮だからこそ!、なのでしょうね。
この日は疲れましたが家内と息子たちに感謝の一日でした。ありがとうね(ニコ)。



未分類 | 16:02:32 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。